三井明子 2009年5月16日ライブ



5月の花嫁
         ストーリー 三井明子
            出演 坂東工

えっちゃんは、「えっちゃんメガネ」をかけている。
メガネといっても、目に見えないメガネだ。
えっちゃんは、
「あのサッカー選手、あの俳優と似てない?」といった
「似てる話」が好きで、よく話題にするのだけれど、
それが、いつも、ぜんぜん、似てないので
「きっと、えっちゃんメガネをかけたら、似てみえるんだね」
とみんなで笑っているのだ。
そんな私たちの反応を気にもせず、えっちゃんは、
「あの店員さん、あのモデルと似てない?」と、
理解しにくい新ネタを次々披露する。

そんなえっちゃんが、この5月に結婚する。
えっちゃんによると、お相手は
「オダギリジョーそっくり」なのだという。
披露宴で、新郎と対面するのがちょっと心配で、
でも、やっぱり楽しみにしてしまっている、
不謹慎な私である。

*音楽著作権の関係で音声をお聴かせできず、ごめんなさい。

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

2009年5月16日ライブ

前半
(オープニング短編集)
 * 秋山晶 & 大川泰樹
 *禁煙 仲畑貴志 & 大川泰樹
 *星に願いを3回 中島英太 & 西尾まり
 *5月の空 福里真一 & 大川泰樹

(長編)
 *夕暮れになると海から 中山佐知子 & 大川泰樹
 *ハローとグッバイの間に 一倉宏 & 坂東工
 *おばあちゃんへの手紙 高崎卓馬 & 西尾まり
 *モンゴル草原の六月 小野田隆雄 & 坂東工(番組版はこちら

(短編)
 *正の字 小山佳奈 & 西尾まり(原稿のみ)
 *五月の花嫁 三井明子 & 坂東工(原稿のみ)

(長編)
 *人生相談 山本高史 & 大川泰樹
 *アメリカン 小野田隆雄 & 小野田隆雄 

後半
(短編集)
 *VOICE LOVE 古田彰一 & 西尾まり
 *バーならず者 名雪祐平 & 坂東工
 *職のない日々 岡本欣也 & 大川泰樹

(長編)
 *せつないオカザキくん 一倉宏 & 西尾まり
 *飛行機雲 上田浩和 & 坂東工(原稿のみ)
 *年老いたキリン 宗形英作 & 西尾まり(番組版はこちら
 *砂漠の川と岸辺のポプラ 中山佐知子 & 大川泰樹(番組版はこちら

(短編)
 *虎にさよならを言う 中山佐知子 & 坂東工
 *隣人を愛そう 中村直史 & 大川泰樹・坂東工・西尾まり

(長編)
 *木星からのメールが届くころには 一倉宏 & 大川泰樹・西尾まり
 *まにあうだろうか 一倉宏 & 一倉宏・村上ゆき

 ◎クリック可能なタイトルは作品の原稿と音声があります。
  音楽著作権の関係で音声をお聴かせできないものもあります。

スタッフ♦♦アートディレクター:金井理明
      音響:森田仁人
      ムービー:田中伸明(NOBUFILM.com)
           庄司輝秋(ルーフトップ)
      プロデューサー:林屋創一(TFM)
      ピアノ:鈴木綾子
      事務局:中山佐知子

場所:JZ Brat Sound of Tokyo
   渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテル2F
   03-5728-0168 http://www.jzbrat.com/

* 当日の写真などはこちらからご覧になれます
  http://www.01-radio.com/guild/live02

Tagged:   |  コメントを書く ページトップへ

上田浩和 2009年5月16日ライブ


飛行機雲

ストーリー 上田浩和
出演 坂東工

飛行機の中でコカ・コーラをもらうと、ぼくは想像します。

  ぼくは飛行機の窓ガラスを叩き割る。
  窓から外へ手を伸ばし、
  缶を雲の上に傾けると、
  空にコカ・コーラがそそがれます。
  大きな水滴は、いろいろに形を変えながら、
  雲を抜け、風に流されて、
  次第にばらばらになりながら落ちていきます。
  そのうちの一滴には、
  次第に高層ビル群が見えてきました。
  そして地面にぶつかりそうになったとき、
  その一滴は、
  街を急ぎ足に歩く男のおでこのあたりに落ちるのです。

  雨か、と男は思い、おでこに右手で触れ、その場で立ち止まる。
  そして空を見上げます。
  
  男は多忙を極めていました。
  いよいよ明日は、三ヶ月も時間を費やしたプレゼンの日。
  最近は、パソコンの画面と手帳と
  妻と子供の寝顔しか見ていませんでした。

  男が見上げた空は、ぱきっと青く、
  大きな雲がひとつ浮かんでいます。
  男は、自分が久しぶりに空を見たことに気がつきました。
  男の気持ちにやわらかな風が吹きました。
  男は、少し笑うでしょう。
  唇をわずかに動かして笑うでしょう。

  ぼくが雲についだコカ・コーラで、
  誰かがこのきれいな空に気がつくなんて、
  なんて素敵なことだろうとぼくは思うのです。
  ぼくとその男は、まっしろな雲越しに目が合います。
  そして男は、ぼくが乗った飛行機が空につくった
  まっすぐな飛行機雲に、
  明日のプレゼンがうまくいきそうな気になる。

 飛行機のなかで、コカ・コーラを前にしてぼくが想像したことです。

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

中山佐知子 2009年5月16日ライブ



夕暮れになると海から

                
ストーリー 中山佐知子
出演 大川泰樹

夕暮れになると海から霧が流れてきます。
飛行場の視界は10メートルもなく
5月だというのに冷たい風も吹いていました。

けれども
飛行機の、風防ガラスの窓の外は素晴らしい夕日です。
高度100メートルで霧の上に出て
600メートルで雨雲も突き抜け
青空に向かってぐんぐん飛んでいきます。
だから、空は自分のふるさとだ
いつもそう思っていました。

左90度に標的をとらえ
2000メートルの高さから左に旋回しながら急降下し
距離1000メートル、
高度100メートルで魚雷を発射する。

実戦の訓練がはじまったとき
高度100メートルはあの霧の高さだと思い出しました。
霧は地上に属するものだから
青空がふと遠ざかった気がしました。
それなのにさらに低空飛行をめざすのは
魚雷の命中率を上げるためでした。

プロペラの風圧で海面に飛沫が上がるときは
高度10メートルもない危険なところを飛んでいます。
食らいつく海をなだめながら魚雷を発射し
炎上する敵の船を飛び越えて
はるか高みに舞い上がる...
海面すれすれの低さに身構えるのは
あの青空にもどるためのたったひとつの手段であり
青空をめざす姿勢のはずだったのに。

いま、自分の頭上に青空はなく闇があります。
足元も暗い海です。
自分が乗っているのは
250キロの爆弾をふたつ抱えた
白菊という名の練習機。
海軍航空隊の飛行機には違いありませんが
偵察や無線の訓練のための
スピードの出ない飛行機です。

敵と遭遇しても戦うことも逃げることもできない
爆弾を投下した後も青空に舞い上がれない
かわいそうな飛行機は
夜の海をよたよたと這うように飛んで敵に接近し
爆弾を抱いたまま突撃するしか攻撃の手段がありません。

夜の海を5時間も飛ぶと、夜明け前には沖縄に到達します。
運良く敵の戦艦に近づいて突撃できたら
僕は飛行機からも自分のカラダからも自由になって
きっとあの青空にかえっていくでしょう。

昭和20年5月24日
白菊特攻隊

出演者情報:大川泰樹 http://yasuki.seesaa.net/ 03-3478-3780 MMP

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

山本高史 2009年5月16日ライブ



人生相談 

                   
ストーリー 山本高史
出演 大川泰樹

吉田、といいます。
仕事は、人生相談やってます。

始めてから20年、なにぶん上のつかえてる業界ですので、
この歳にしてようやく中堅かなあ、という感じです。
時節柄、って言うんでしょうか、ここに来て相談件数は増えてます。
不況知らずと言うか、むしろ不況様様と言うか、よくよく因果な業界ですね。
ありがたいことです。
とは言え、相談が増えれば相談も玉石混交、
前もって連絡いただければ「相談ハンドブック」をお配りして、
「問わずとも思わず答えたくなる相談の秘訣」、などの
アドバイスも差し上げているのですが、
最近は相談のイロハ、も知らない飛び込みのお客様が多い。
いちばん困るのは、
「かくかくしかじか、で、私はどうしたらいいんでしょう?」ってやつ。
こういう人たちは、私が「こうしたらいい」、と言ったら、そうするんですかね。
万が一そうだとするのなら、それは相談、じゃないですよね。
それは日本語で、依存、と言います。
依存は、業務外です。
私の仕事は相談です。
AかB、せめてAかBかCくらいにまで詰めてから先が、相談、
じゃないでしょうか。

ハイ次。
「夫に若い愛人がいるようなのですが、別れた方がいいのでしょうか?48歳主婦」
これは「若い」、というところがポイントですね。
「年上の愛人」、というのは、あまり聞かない。
うちに持ち込まれる案件でも、十中八,九「若い愛人」です。
その「若い愛人」は、若い男ではなく中年男を選択している。

文面だけを眺めていれば、なんかね、
「不倫は文化だ」的なニュアンスがあるんですが、
実際にはメタボ薄毛オヤジだったりするわけですよ。
にもかかわらず「若い愛人」は、
そのメタボ薄毛オヤジの「若い愛人」を喜々としてやっている。
あれがどうにも、わからない。
「若い愛人」の心中推し測りがたし、が私の回答です。

ハイ次。
「私には大きな夢があります。
 その夢の実現に向けて会社を辞めるべきかどうか迷っています」
この相談者、明らかに自分に酔っています。
「迷っている」という言葉でわかります。
迷っている自分が、好きで好きでしょうがない。
そんな、大好きな迷っている自分のことを、人に聞いて欲しいだけ。
迷いマニア、ですね。迷イズム、もいいかもしれない。
とにかく、迷わないとやってられないのか、生きてる感じがしないのか。
まあせいぜい、大いに迷ってください。
そして迷わなくなったら、また相談してください。

ハイ次。
「親友とケンカをして、絶交してしまいました。
どうすれば元通りになれるでしょうか?」
・・・ほんとうに親友?
よく考えて。
ほんとうに親友だった?親友って、なに?親友なのかしら?
いつ決めた?親友だって、いつ決めた?
それ、親友と呼ぶのかしら。 呼ぶべきかしら、とあなたに聞いてるの。
あなた、他にも友達、いるでしょ?いるよね。
つまり、「友達うちの一人と、ケンカをしてしまいました」ってことでしょ?
そんなこと、相談するべきことかなあ。

ハイ次。
「子供をつくるなら、男女どちらがいいですか?」
こういう質問、好き。カンタンに答えが出るから。
カンタンに答えが出ると、こっちも気持ちいいし、
質問する側もスッキリするでしょう?
答え、女。

ハイ次。
「クルマにはねられて入院してから、3カ月になります。
 その間に勤めていた会社が倒産し、
 家計を助けようと無理してパート勤めを掛け持ちした妻が過労で倒れました。
 娘は外によくない友達ができたらしく、家に寄り付かなくなっているそうです。
私の退院の見込みも立たず・・・(てんてんてん)エトセトラエトセトラ」
長い!

ハイ次。
「隣人トラブルに悩んでいます」
左隣?右隣?
それを書いて、もう一回、よろしく。
ハイ次。

出演者情報:大川泰樹 http://yasuki.seesaa.net/ 03-3478-3780 MMP

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

岡本欣也 2009年5月16日ライブ


職のない日々
             ストーリー 岡本欣也
                出演 大川泰樹

むかし、ぼくは、無職だった。

むろん貧乏だったが、
不自由は感じなかった。

電気を止められた時、
ぼくはローソクをともした。

ガスを止められた時、
近所の銭湯に行った。

電話を止められた時、
好きだった子に手紙を書いた。

そして水道を止められた時、
生まれて初めて、
野グソをした。

雑木林でお尻を出していたぼくは、
25歳だった。

貧乏はおもしろい、
とまでは言わないが、
人が思うほどみじめではない。

すくなくとも、
いま巷で語られるほど、
一面的な暮らしではないと思う。

出演者情報:大川泰樹 http://yasuki.seesaa.net/ 03-3478-3780 MMP

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ
1 / 3123