江口順也 09年4月26日放送

491px-chaplin_the_kid

チャーリー・チャップリン


TVをつければ、お笑いだらけ
新聞をひらけば、笑えないことばかりの

あべこべなまいにち。

かつて暗黒の時代に、
世界中の人をゲラゲラさせたチャップリンはこう言った。


 ヒトラーという男こそ、
 笑い者にしてやらねばならないのだ



さて。

僕らはいま、だれを笑い者にすればいいのだろうか。







vertical-ladybug

野比のび太


少年は、落ちこぼれだった。
でも、

 あきらめのいいところがぼくの長所なんだ

そう言ってケロリとしていた。

 今もってる自転車は嫌いだ!乗れないから

そう開き直ったりもした。

社会なんて、知れば知るほど、デタラメなのかも。

ときどき人のせいにした。

でもある日、こんなことに気づく。

 いちばんいけないのは、じぶんなんかダメだと思いこむことだよ

その言葉に、おとなもこどもも励まされた。

少年の名は、野比のび太。

日本人は、彼といっしょに大きくなった。




san-antonio

ロベルト・グッチ


グッチが欲しいわ。

今日もだれかが、だれかに、おねだりしている。

15年前。その名をめぐり、
激しく身内で争ったグッチ家の人々は、
グッチの名前を、資本家に取り上げられてしまった。

いま、三代目のロベルト・グッチ氏は、
一族の誇りをふたたび取り戻そうと、
まったく新しいブランドを立ち上げている。

決してグッチの名前を出してはならない、
という約束のもとで。


グッチが欲しいわ。

そう言ったかどうかは、だれも知らない。




e899b9

カズ


だれより先に、世界へ飛び出していった。
だれより先へと、日本を引っ張った。
だれよりもたくさんイメージし、
だれよりも、その日を夢見ていた。

でもカズは、ワールドカップに出られなかった。
だれよりも、サッカーの神様を愛していたのに。

そんなカズがよく使う言葉、
ボア・ソルチ。

ポルトガル語で、GOOD LUCK、だそうだ。



456px-guerrier_dacota

イシ


まだ、グローバル化という言葉はなかった。

1915年のこと。

インディアン狩りに追われ、
死を覚悟で白人の町に現れた
人類最後のインディアン、イシは、
世界に別れのメッセージを残した。

 あなたは居なさい、ぼくは行く

それは、部族に代々伝わる
ヤヒ語で語られた、最後の言葉だった。

ひとつの言語が消える瞬間。

英語は、殺し屋だった。




pool-2

たけしさんと関根さん


その番組には、たけしさんがいた。
面白いことは全部、たけしさんが言ってしまう。

男は、もがいていた。

そんなある日、彼は、
ほんとうにどうでもいいようなことを言ってみた。
ふと思いついた、本当に本当に、どうでもいいことを。

 今のVTRに出てきた人、次男っぽいですよね

スタジオは、
笑いの渦に包まれていた。
だけしさんも、笑っていた。

その男とは、関根勤さん。

どんな場所にも、ポジションは、きっとある。




los-angeles-skyline

スティーブ・ジョブス


天才の条件。
その一つは、
いつまでも子供でいられること。
利害や損得を気にせず、
情熱や好奇心で動けること。

10年前、スティーブ・ジョブスは、
つぶれかけた古巣のアップル社に、
わずか年俸1ドルで復帰した。

やがて、

1年で、imacが。

5年で、ipodが生まれた。


天才の給料は、いまも1ドルのままだという。




clouds-2

王貞治


世界のホームラン王と言われた
王貞治のバットから、
まったく音が消えてしまったことがある。
第699号を打ってからの20日間。
あと1本が、どうしても出ない。

焦る姿を見かねた知人は、
ある一言をアドバイスしたという。

その翌日。

第700号ホームラン、達成。

いったい知人は、何と言ったのか。

 あと1本で700ではなく、
 あと101本で800だと思えばいいさ


数字の魔法が、王様を救った。



sunset-3

タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login