五島のはなし(112)

いままでルアーをあまり信じてませんでした。
ルアーとは、魚釣りに使う、たいていは魚の形を模した、擬似的なエサです。
小魚のように見せかけ、
ふだん小魚をエサとしている大きめの魚を釣るわけです。

子どものころから本当のエサを使った
釣りに親しんできた僕としては、
ルアーなんかでめったに釣れるものではない、と思っていたし
なんかこう都会のファッション的行為に思えたりもして敬遠してたわけです。

それがいろんないきさつで興味を持ち始め、
今回、五島の帰省中にいろいろ試してみることにした。

(あーほんとすみません、釣りの話ばっかりで)
(でもほら釣りの話って、釣りの話をメタファーにした人生の話だったりしますし)
(・・・正直、これは違いますけど)

で、前回の僕の兄が大きなイカを
見せびらかしてる写真をとった場所
(ちなみにマブシという場所です。兄と僕の釣りの聖地というか、ホームグラウンドというか、そういう場所です。)
で、あらかじめネットで入手していた「キビナゴ・バイブレーション」というルアーを投げてみた。

するとどうです、いきなりガツンとあたりが来て
マダイが釣れたですよ!

うひょー。
やっぱ五島すごい!
こんなにあっさり釣れるとは!

その後も、カマスだとかエソだとかハタが釣れて
もうほんと海辺にいるのが楽しくてしょうがなくって
で、調子に乗りすぎて、海に転落し、ケータイをダメにしてしまった。

(あ、そーだ、ケータイのデータをすべて失ったので、
ぼくのケータイのアドレスとか電話番号を知ってる人、僕に一度連絡ください!
いままでの番号とアドレスで通じますから!おねがいします!)

あ、それで、最初に釣ったマダイの口の中には
マダイの口の中で一生を過ごす「タイノエ」という
生きものがツガイでいたのだけど、
このタイノエもまるまる太っていて、
五島の海の豊饒さを感じさせた。

ちなみに、タイノエってこんな生きもの↓

; transferred to Commons by User:Tilla using [h)”]


(たぶん)オオモンハタ。美味であった!



タグ:

«    »

topへ

コメント / トラックバック 1 件

  1. 厚焼玉子 より:

    インチキの餌を与えるところがどうも卑怯な気がして。

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login