五島のはなし(169)





ふつうの温泉では子どもが泳いだりすると
非常に嫌な顔されますが、
ここでは子どもが初対面のおじさんに
「よーし、おじさんのところまで泳いでくるんだ!こい!どーした!ほら!こい!」
と言われてました。

その昔、山下という名の少年が見つけたという荒川温泉。
「山下という名の少年が」っていうのがアバウトで五島っぽい。

五島には温泉もあるよー、というお知らせでした。
あ、ちなみに子どもたちが
ばっしゃんばっしゃんやっているようなお風呂ではありません。
たまたま子どもがいて、まわりに人が少なかったら
上記の様な光景になっただけでありまして、
五島の人というのはけっこう空気を読む人たちのなのです。
ゆっくり静かに湯につかることができます。



タグ: ,

«    »

topへ

コメント / トラックバック 3 件

  1. ミズイカ より:

    復活したんだ

  2. 厚焼玉子 より:

    温泉いいな〜。
    世田谷にも一応あるんだけど、銭湯だもんな〜。

  3. 中村直史 より:

    >ミズイカさま
    そうそう。やっとったよ。

    >玉子さま
    ま、見た目は銭湯と変わらないんですけどね

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login