五島のはなし(177)



五島列島、福江島。
ぼくがそこの出身だと言うと、たいていの人は、
島を一周するのに歩いて30分みたいな想像をするのだけど、実際はまあまあデカイです。
島の北側と南側では植生や景色がまあまあ違います。そのくらいのデカさ。

島の南側には、富江という町があります。
ここに只狩山(ただかりやま)というまあまあ小高い山があり、その中腹に展望所があります。
島の南側をぐるっと一望できる展望所で、最近はじめていったのですが、ここはおすすめです。
景色もいいけど、展望所の前にぶっさしてある立て札。
「苦と愛と真友達との出会い」

意味はよくわかりませんが好きです。
いっそもう五島のキャッチフレーズにしたらいいのに、とさえ思います。
「苦と愛と真友達との出会い・・・五島列島」
心がやすらぐ島、とか、ロマンあふれる島、とかウソっぽいじゃないですか。でもこのキャッチフレーズはリアルだ。
しかも、いろいろ想像してみるに、五島に来たらほんとに出会える気がします。
苦と愛と真友達に。
だからあなたもぜひ来てみませんか?
・・・なに?苦はいらない?そんな甘っちょろい気持ちじゃ、五島は楽しめないぞっ!



展望所からの眺めはこんな感じです。





富江町の観光案内です。
こんな感じです。

タグ:

«    »

topへ

コメント / トラックバック 4 件

  1. 厚焼玉子 より:

    「苦」が気になる…

  2. 中村直史 より:

    五島の苦は新鮮ですよ。

  3. みずいろらじお より:

    なんと、からすみがあるじゃありませんか。
    そして「苦」にちょっとひるみますが、うそっぽくないのがすき。
    旅ってちょっと苦の部分も思い出にして笑えるところがありますし。

  4. 中村直史 より:

    みずいろさま
    ありがとうございます。
    もしや苦をよろこぶタイプですか?
    五島向きの性格ですよそれ!

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login