佐藤理人 12年11月18日放送


007シリーズ50周年② ショーン・コネリー

初めての仕事は牛乳配達だった。
やがて男は世界を救うヒーローになった。

世界最長の映画シリーズ「007」。
初代ジェームズ・ボンド、
ショーン・コネリーの人生は、
その華麗な役柄とは正反対だった。

貧しい家に生まれ、中学卒業と同時に就職。
第1作「ドクターノオ」で
ボンド役に抜擢されたのは1962年のこと。
様々な職を転々とした後、
32歳で初めてつかんだチャンスだった。

頭髪が寂しくなりかけたこの無名の新人を見て、
原作者イアン・フレミングは猛反対したと言う。

それから半世紀。
彼を超えるボンドはまだ出ていない。

タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA