2015 年 2 月 8 日 のアーカイブ

薄景子 15年2月7日放送

150208-001
名前のはなし ジョン・デュワー

世界屈指の人気を誇る
スコッチウィスキー、「Dewar’s」。

その創業者、ジョン・デュワーは、
手間と暇と丹精をこめれば
最高のブレンデッドウィスキーがつくれるという
信念を貫き、「Dewar’s」を生み出した。

彼は、このウィスキーになぜ「Dewar’s」と名付けたかを
きかれたとき、こう即答したという。

「もし、あなたがこの酒をつくったら、
 自分の名をつけずにはいられないだろう」


名を遺す。
それは、誇りを遺すということ。


topへ

薄景子 15年2月7日放送

150208-02
名前のはなし デール・カーネギー

たとえば、一度しか会ったことがないのに
自分の名前をしっかりおぼえてくれていた人。

たとえば、毎日交わす挨拶のまえに、
いつも自分の名前を呼んでくれる人。

そんな人に出逢うたび、
胸のあたりが、ぽっとあたたかくなるのはなぜだろう。

アメリカの作家、デール・カーネギーは言う。

 名前は、当人にとって、
 最も大切なひびきをもつ言葉である。


自分の名前はこの世で一番最初のプレゼント。
そのひびきは、人生とともに
世界でいちばん愛しい音になっていく。



topへ

熊埜御堂由香 15年2月7日放送

150208-03
名前のはなし 忘れられた日本人

民俗学者、宮本常一(みやもとつねいち)。
1930年代から1981年に亡くなるまで、
日本全国の小さな村々を、歩いてきた。
その距離は地球4周分ともいわれる。

宮本を突き動かしたのは、民俗学とは、庶民の生きた生活を
とらえることにあるという信念だった。
知らない村に出向いては、農作業を手伝い、村の寄り合いに顔をだした。
立ち話をしながら、字の書けない古老の話をきき、その言葉を書き留めた。
橋の下で暮らす牛飼いの色恋の話、
村から村へ放浪しながら生きてきた農民の話。
その内容の面白さは、宮本の創作なのではないかと
疑いがかけられたほどだった。
民俗学の本流ではないと冷遇された時期も、
自分は無名の伝承者でかまわない、そう思い歩き続けた。

宮本が脚光をあびるきっかけになった
著書にはこんなタイトルがつけられている。
「忘れられた日本人」
今でも読みつがれるその名著は、
名もなき人々の足跡に、
忘れ去られない名前を刻んだ。



topへ

熊埜御堂由香 15年2月7日放送

150208-04
名前のはなし 由比ケ浜海水浴場

鎌倉土産の定番、鳩サブレを販売する
製菓会社が、鎌倉の海岸の命名権を獲得した。
名前を募集したら、そのままがいいという声が多く、
そのままにした。

だからきっと、今年の夏も、みんなは
「由比ガ浜海水浴場」にでかける。
場所の名前には、みんなの思い出もたまっていくのだ。



topへ

茂木彩海 15年2月7日放送

150208-05
名前のはなし ミッシェル

 ミッシェル マ・ベル
 なんてすてきに響く言葉
 なんだろう

 アイ・ラヴユー アイ・ラヴユー アイ・ラヴユー
 これがぼくの
 いいたかったこと
 なんどでも いうよ 君がぼくを好きに
 なるまで


1965年。ビートルズが、その甘い歌声で名前を呼んだ女性がいた。
「ミッシェル」。
翌年にはグラミー賞を受賞し、
オリジナル曲で初めて、固有の名前を登場させたと言われる名曲だ。

女性の名前を歌う曲は世の中に数多くあるけれど、
そのモデルが誰なのか、はっきり語られないことも多い。

「ミッシェル」もそんな女性のひとり。

大天使ミカエルに由来しているという、この名前。

名は体を表す、と言うが、
どんな瞳で、何に笑って、どんな風に怒るのか。

名前を聴きながら、頭の中でその輪郭を描いてみるが、
彼女がどれだけ天使に近い存在だったか、については
ポールとジョンだけが知っている。



topへ

小野麻利江 15年2月7日放送

150208-06
名前のはなし ティラミス

日本でも根強い人気をほこる、
イタリアのチーズケーキ、ティラミス。

実はイタリア語で
「私を元気付けて!」という
意味を持っている。

北イタリアのトレヴィーゾという
町のレストランで、
妊娠中の女店主のために
考え出されたという。

卵黄、お砂糖、マスカルポーネチーズに、
エスプレッソ。
お腹の子を元気づけるには、
ちょっと大人な味わいだ。



topへ

小野麻利江 15年2月7日放送

150208-07 663highland
名前のはなし 100万ドルの夜景

美しい夜景をたたえる時に使われる、
「100万ドルの夜景」という言葉がある。
ドルという単位なので、
外国で生まれた言い回しと思われがちだが、
実は日本、しかも神戸生まれ。

1953年。六甲山から見える夜景について
関西電力の副社長が
広報誌に書いたコラムのタイトルに
由来しているという。

さらに驚くべきは、その本当の意味。
「100万ドルもの価値がある夜景」
という意味で使われがちだが、
六甲山から見える神戸の電灯496万個にかかる
1ヶ月の電気代が、
当時のレートでおよそ100万ドルに
なったからだという。

実際に「100万ドルかかっている夜景」だった、
神戸の「100万ドルの夜景」。
時代が進み、1ドル=360円の固定相場制も終わり、
電灯の数も何倍にも増え、
今や「1000万ドルの夜景」なのではとも
ささやかれている。



topへ


login