名雪祐平 19年11月30日放送


水があふれる  腹が減っては

田んぼがほしい。

戦に出かける
兵に食べさせる米を作る
田んぼがほしい。

田んぼには、水がいる。

こうやって、日本の土木技術は
戦国時代に飛躍的に進んだ。

なかでも加藤清正は
「土木の神様」といわれるほど。

田んぼに水を引くための
堰や用水路を数多く整備。

阿蘇山からの水は、
田んぼから地下に浸透し、
良質な地下水を育んだ。

いまでも熊本市民の水源は
100%地下水でまかなわれている。



タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login