Vision > 門田陽 > 門田組・渋谷三紀

門田組・渋谷三紀

渋谷三紀 17年4月8日放送

170408-01
「悪妻」夏目漱石の妻(鏡子)

夏目漱石と妻、鏡子の出会いは、見合いの席。
歯並びの悪さを気にもせず、
ケラケラと笑う鏡子を、漱石は気に入った。

家事が苦手。朝も苦手。
朝食をつくらない鏡子は、
良妻賢母が当たり前の時代からすれば、
立派な悪妻。

「眠いものは眠い。嫌々やってもいいものはできない。」
そう口を尖らせる鏡子に漱石は、
「それも理屈だな。」と答えた。

並の神経では、
漱石の妻は務まらなかっただろうし、
漱石は漱石になれなかったかもしれない。



topへ

渋谷三紀 17年4月8日放送

170408-02
「悪妻」森鴎外の妻(しげ)

森鴎外の妻、しげ。
気の強かったしげは
姑の峰子と折り合いがつかず、
実家に帰ってしまった。

失望した鴎外は、
母と嫁の諍いを書いた小説「半日」を書き上げる。
ほどなくして、なんと、しげも、
二人の新婚生活を元にした小説「波乱」を発表。
小説を通じて、二人は互いにやりあった。

実はこれ、離婚を避けるために
鴎外が考え、しげに勧めたこと。

しげは生涯、鴎外の傍にいた。



topへ

渋谷三紀 17年4月8日放送

170408-03
「悪妻」芥川龍之介の妻(文)

文ちゃんが昔から好きでした。
今でも好きです。

芥川龍之介に、
こんなストレートで飾り気のない
ラブレターを書かせた女性が、妻の文。

芥川が自殺した時、
文は「お父さん、良かったですね」と
声をかけたというが、
その真意は文にしかわからない。

夫亡き後も、二人の息子を
それぞれ演劇人、音楽家として
立派に育て上げた妻に、
夫は空の上でも頭が上がらないはずだ。



topへ

渋谷三紀 17年4月8日放送

170408-04
「悪妻」与謝野鉄幹の妻(晶子)

 やわ肌のあつき血汐にふれも見でさびしからずや道を説く君

挑発的に恋を歌った、歌人、与謝野晶子。
雑誌「明星」を主宰する夫の鉄幹は、
晶子がいながら多くの女性と浮名を流した。

鉄幹は編集者としての才はあったけれど、
歌は明らかに晶子が上。
晩年の鉄幹は、日本を代表する歌人となった
晶子のマネージャーとして生きた。

晶子のそれは、耐えて終わる器ではなかった。



topへ

渋谷三紀 17年4月8日放送

170408-05
「悪妻」谷川俊太郎の妻(佐野洋子)

画家でエッセイストの佐野洋子は、
詩人谷川俊太郎の妻だった。

谷川さんは佐野さんと結婚して、
詩の書き方が変わってしまうほどの影響を受けたという。
一方、佐野さんは、「私は何も変わらなかった。」とピシャリ。

 妻は僕のお抱え批評家で、
 僕は妻のお抱え執事なんだ。


谷川さんをして、こう言わせる女性は、
佐野さんの他にいるはずもない。



topへ

渋谷三紀 16年12月17日放送

161217-01 Ilya Voyager
「君の名は。」と「新海誠」

2016年の大ヒット映画「君の名は。」

監督の新海誠は、
アニメ制作会社に勤めた経験がなかった。
監督、脚本、演出、作画、美術、編集・・・
すべてをひとりで手がけ、
自分の感覚をたよりに作品をつくってきた。

しかしあるとき限界を感じ、
作風を変えてつくった映画「星を追う子ども」は、
厳しい評価にさらされた。

手痛い経験を経てなお、
物語性にこだわった映画「言の葉の庭」や、
広告のアニメーションなどをつぎつぎ手がけ、
そろそろいけるかなと立ち上げたのが、
「君の名は。」の企画だった。

うまくいかない。失敗ばかりだ。
そう感じているとしたら、
あなたは成功の途中にいるのかもしれない。


topへ

渋谷三紀 16年12月17日放送

161217-02 Joi Ito
「君の名は。」と「風景」

2016年の大ヒット映画「君の名は。」

新海誠監督は、
作品の背景を描くため現地に出向き、
一作品につき一万枚以上もの資料写真を撮る。

「君の名は。」の舞台は、岐阜と新宿。
主人公が出て行きたいと願う田舎の山並みも、
無尽蔵に人が行き交うターミナルの町並みも、
やわらかい光に包まれたそれは、
息をのむほど美しい。

今いる場所の美しさも、かけがえのなさも、
スマホばかり見ていたら見逃してしまうよ。
そう語りかけてくるようだ。


topへ

渋谷三紀 16年12月17日放送

161217-03 MasterYu_V3
「君の名は。」と「音楽」

2016年の大ヒット映画「君の名は。」

ヒットの要因として、まずあげられるのが音楽だ。
エンドロールをふくむ4曲の劇中歌を手がけたのは
監督がずっとファンだったというRADWIMPS。
107分の映画の中に4曲のクライマックスが訪れるよう、
音楽から映像を構成した。

同じようにつくられた作品がある。
2014年のディズニー映画「アナと雪の女王」。
当初、姉のエルサは悪役の設定だったが、
先にできあがった「Let It Go」の前向きな歌詞にあわせて、
主人公の性格まで変えてしまった。
結果、曲も映画も世界中で大ヒット。

新海監督は言う。
音楽は出演者のような存在だ。


topへ

渋谷三紀 16年12月17日放送

161217-04 Chi King
「君の名は。」と「とりかえばや」

2016年の大ヒット映画「君の名は。」

東京に住む男子高校生と
岐阜に住む女子高校生の体が、
夢の中で入れ替わる物語。

「入れ替わり」の物語といえば
古くは平安時代に書かれた「とりかえばや」がある。

「とりかえばや」とは「取り替えたいなあ」という意味。
父の策略で男女逆に育てられた、
男装の姫君と女装の若君が宮中で騒動をまきおこす、
いまでいうラブコメディのような作品。

いのちは一度きり。
別の人生を生きることへの憧れは、
1000年たっても変わらない。


topへ

渋谷三紀 16年12月17日放送

161217-05 hto2008
「君の名は。」と「君の名は」

2016年の大ヒット映画「君の名は。」

若い世代に向けて作られた作品に、
連日50代以上がつめかけているという。

その世代の「君の名は」といえば、
1954年に邦画一位を記録した、
岸恵子と佐田啓二主演のメロドラマ。
ヒロイン真知子の真知子巻きがブームになったが、
新海版とはまったく関係がない。

ちなみに1954年は
シリーズ一作目の映画「ゴジラ」が公開された年でもある。
62年後、最新作の「シン・ゴジラ」と「君の名は。」が
並んでヒットするなんて、
偶然にしては、よくできている。


topへ


login