‘土居美由希’ タグのついている投稿

土居美由希 10年04月24日放送


02-hoshino
春の花  星野富弘

星野富弘が体育の教師になって2ヶ月め
24歳の春のことだった。
彼は肩から下がすべて麻痺してしまう事故に遭った。

9年に及ぶ入院生活のなかで
それでも彼は生きがいを見つける。

それは故郷・群馬の田舎に咲く草花を描くこと。

わずかに動かせるのは首から上だけ。
だから、筆を口にくわえて描いた。
描けることが嬉しくて、ひたすら描いた。

ぶどうの絵には、
こんな言葉も添えられている。

喰われてもよし
つぶされてもよし
干されてもよし
一番 甘くなって 枯れよう

事故から40年。
今日は星野富弘の64歳の誕生日。
草も木も、おめでとうと微笑んでいます。

topへ

土居ナンシー美由希 09年10月25日放送

04_Kurt

カート・ヴォネガット


アメリカの作家、カート・ヴォネガットは言った。

恋人たちが諍いを起こしたときには、
お互いにこう言って欲しい、と。

 「愛をちょっぴり少なめに、ありふれた親切をちょっぴり多めに」

秋も深まってきました。
ますます長くなる夜を 後悔の涙で濡らさないように
覚えておきましょう。

topへ

土居美由紀 09年8月29日放送

Noguchi_Hideyo

野口英世の母


明治45年
アメリカで研究を続ける野口英世に届いた一通の手紙がある。


文字というものをほとんど書いたことのなかった母が
一所懸命書いた手紙は
すべてひらがなで書いてあった。



 おまえの出世には、みなたまげました。
 わたくしもよろこんでをりまする。


 どか はやくきてくだされ
 はやくきてくだされ
 はやくきてくだされ
 はやくきてくだされ
 はやくきてくだされ


母の言葉は息子を呼び寄せる。
それから3年後、野口英世は最初で最後の帰国を果たした。


会いたい。早く会いたい。
人を想えば生まれる言葉の、なんと強きこと。

topへ

土居ナンシー美由希 09年5月30日放送

e88ca8e69ca8


茨木のり子


じぶんの耳目
じぶんの二本足のみで立っていて
なに不都合のことやある
倚りかかるとすれば
それは椅子の背もたれだけ


詩人・茨木のり子の代表作、「倚りかからず」だ。

いつだって毅然と、凛々しく。
のり子の詩は、硬いダイヤモンドのような。

ある時、夫が病に倒れた。
看病をするのり子に、夫は聞く。

「苦しくはないか」

のり子は答えた。

「惚れておりますから」

のり子の恋は、可憐なエーデルワイスのような。

彼女はこっそり、言っていた。
「本当に大事なことは、詩には書かないの。」






e8b5a4e5a19a



赤塚不二夫


天才にも、スランプはあった。

昭和31年のこと。
漫画家を志し、トキワ荘に移り住んだ一人の青年。

ほんとはギャグ漫画が描きたかった。
でも、思うように描けない。描けない。
彼は、漫画を捨てようと思った。

そのとき、4つ上の先輩である寺田ヒロオはこう言った。

「スランプか?でも、君はまだ、スランプになるほど漫画描いてないだろ。」

おそ松くん、ひみつのアッコちゃん、天才バカボン
後に、この悩める青年が生み出すことになるキャラクターたち。
天才漫画家・赤塚不二夫。

スランプも限界も、自分で決めただけのこと。

topへ

門田組・土居美由希

pb020195



09年5月参加決定
正式にはミドルネームがあり
土居・ナンシー・美由希です。



topへ


login