News

TCC

TCC総会とパーティ

R0000329
2015年6月5日はTCC(東京コピーライターズクラブ)の総会と
パーティがありました。
総会のお楽しみは恒例の対談ですが
今年のメンバーは会長の仲畑貴志さん、副会長の小野田隆雄さん、
事務局長の中村禎さんでした。司会はタカハシマコトさん。
ひと言でいってしまえば「提案ではなく行動をしろ」というような
たいへん意欲的な内容の対談だったと思います。

そしてパーティ、クラブハウスでの二次会も
会長、副会長、事務局長そろい踏みです。
そして、非公式に撮影した写真は200枚。
200枚の写真は下のURLからご覧になれます。
http://www.01-radio.com/tcs/archives/27013

写真はお持ち帰りもできますので
どうぞご覧になってみてください。



TCCのラジオ出品のためのCDを自分で焼く方法

TCCのエントリーがはじまっています。
締め切りは2月28日です。
出品用のCDの焼きかたを復習したいと思います。

まず、iTunesの環境設定をひらいて「詳細」を開きます。
そして「読み込み」の「読み込み方法」を
「AIFFエンコーダ」にします。

それから「設定」を「カスタム」にします。
「カスタム」が開いたら
「サンプルレート」を「44.100KHz」に
「サンプルサイズ」を「16ビット」に
「チャンネル」を「ステレオ」に。

すると、スタジオで焼いたCDとほぼ同じ音質で読み込みます。
あとは「作成」を「オーディオCD」に設定して焼くだけです。
mp3やAACで焼かないように気をつけてください。

それから、自分でCDを焼いた場合
音声クレジットが入れられないなどの悩みが発生します。

これはもうしかたのないことなので
クレジットなしで出品してください。
ただし、CDのジャケットをつくってください。
ジャケットにクレジットを正しく文字で書いてください。
作品の順番も間違えないように。
それができていれば大丈夫です。受け付けてくれます。
私は長年これで出品していますので間違いありません。

それから、冒頭に5秒の無音と作品と作品の間も5秒必要です。
作品と作品の間の5秒はiTuneで焼くときに
「曲と曲の間隔」で指定できますが、冒頭の無音はつくれません。
まあ、なくても大丈夫と思うのですが
どうしても空白をつくりたい人は私が無音データを持っていますから
差し上げます。メールをください。

とにかく、出品しなければ入賞もしないわけですから
まずはエントリーしてみましょう(中山佐知子)


TCC50th 写真の続きの続きであります



2012年6月1日に開かれたTCC(東京コピーライターズクラブ)の
総会&パーティ後の二次会の写真です。
パーティの後はクラブハウスで有志が集まってさらに飲み、しゃべり、
たまには寝て風邪をひく人もいたりするわけです。
いつも賑やかです。
見ているとタイヘンな量のアルコールが消費されています。

総会&パーティの写真その1はこちら
http://nknk.exblog.jp/17609765/
その2はこちらです。
http://www.01-radio.com/tcs/archives/22725

写真はクリックすると大きくなります。
写っているかた、どうぞお持ち帰りください。


TCCクラブトーク写真 2010:11:05



2010年11月5日、TCCクラブハウスで開かれた
秋山晶クラブトーク終了後の様子です。
下の写真はサムネイルで表示していますが、クリックで大きくなります。

クラブトークの「トーク」の部分は
やがてWebクラブハウスにアップされるそうです。