News

山本高史の童話



山本高史の童話「リトル」
丸の内情報マガジンに掲載中。

http://www.marunouchi.com/culture/little_10_01.html

はじめてのスープ



スープのはじまりは土器文明までさかのぼる。
それはおそらく最終氷河期の終わり頃の森林地帯だった。
狩猟生活を送る集団のなかでも比較的定住する性質を持つ集団が
土器を発明したといわれている。

加熱してアクを抜いたり柔らかくしたりすることで
食生活は多種多様になったし
食べられるものの種類が増えるということは
食料をさがして旅をする必要が薄れることでもあった。
そうして定住化も進んだ。

出土した土器の周囲には吹きこぼれの痕跡がある。
吹きこぼれの中身がわかれば
人間が食べたはじめてのスープがどんなものだったか
解明できるかもしれない。

2010年12月26日のTokyo Copywriters’ Street
中山佐知子「はじめてのスープ」
24時ころ番組ブログに掲載されます。
http://tcss.seesaa.net/

サンタクロース、日本に到着

日本時間2010年12月24日23時20分、サンタクロースは神戸に到着。
同日23時25分には京都へ、そしてまもなく富士山を通過します。

神戸で配ったプレゼントは8.550,431個
京都では7,834,164個です。

横浜到着は23時33分、プレゼントは20,144,994個
東京へは23時37分に到着し、71,570,689個のプレゼントを配りました。

サンタクロース、メルボルンに到着

日本時間2010年12月24日22時51分、
サンタクロースはメルボルンに到着。
メルボルンを含め、いままでに配ったプレゼントは76,841,962個。

22時55分にはタスマニアに到着しました。
タスマニア周辺では1,225,487個のプレゼントを配っています。

下の動画はシドニーのサンタの様子です。

坂本和加さんの「クリスマスの夜に」



女子が本気で仕事をしようと思ったら
若いうちはそれなりにタイヘンで
おしゃれをしたいとかいい出会いが欲しいとか
若いから欲しいいろんなことをあきらめないといけない。
そんなことを考える暇もない、というか
そんなことを考える暇があってはまずいのだ。
そんなことを考えていると
いつまでたっても「仕事のカラダ」をつくれないのだ。

それはもしかしたら
「仕事のカラダ」ではなく「仕事のこころ」かもしれないけれど
いまだに私は「仕事のカラダ」だと思っている。
女子が本気で仕事をしようと思ったら
まず「仕事のカラダ」をつくる必要があると思っている。

暇もなく突っ走っている間はいいのだが
夜中にひとりで果てしなく終わらない仕事をしていると
やはり奇妙なものにつかまってしまうことがあり
日頃は、腹に力を入れ、あるはずもない喉仏を
ぐっと押し下げるようにして
こみ上げるものをやり過ごしているのだが
それでも、どうやっても
何か得体の知れないものにとっつかまって
わ〜っと叫び出したい瞬間がある。

イブを前にした12月23日のTokyo Copywriters’ Street は
そういう経験のある人なら必ず共感をおぼえる
坂本和加さんの「クリスマスの夜に」

こちらで24時ころ配信です(なかやま)
http://tcss.seesaa.net/


古居利康さんの「本日のスープ」



今週のTokyo Copywriters’ Street は古居利康「本日のスープ」

小海老のスープを小指のスープを聞き違えたことに端を発し
夢だか現実だかわからない不思議な物語がはじまります。

12月19日24時、番組ブログに掲載。
http://tcss.seesaa.net/

直川隆久さんの超長編-2




直川隆久さんの超長編、「幸せの味(上)」を
Tokyo Copywriters’ Street の番組ブログよりも先に
お聴かせします。

なお、原稿と「幸せの味(下)」は
本日12月12日24時に番組ブログにアップします。
なお、動画の絵と動画制作はルーフトップの庄司輝秋くんです。

Tokyo Copywriters’ Street:http://tcss.seesaa.net/

直川隆久さんの超長編-1


Tokyo Copywriters’ Street の原稿は
おおむね、ゆっくり読んで4分から6分ほどだ。
なかには山本高史さんの8行という超短編もあるけれど
ラジオ時代は番組そのものの長さが10分で、曲も入れるとなると
やはり4、5分が妥当なところではあったのだ。

しかし、もうラジオではない。ネット番組だ。
制限はない…はずだが、
youtubeにアップできる制限時間があってこれが10分だった。
ところが、直川さんから送られてきた原稿は
見たところ20分近くあった。

やばいっ!どうしよう。ええい、前編後編に分けよう。
ということで収録がはじまったのだが
前編だけで11分になった。
やばいっ!こんどこそやばいっ!!

しかし、ここで慌てず騒がず、検索をかけてみた。
「youtube アップ、秒数」
するとニュースが出た。
ーyoutubeの制限時間が10分から15分にー

おかげでアップできるだろうと思う。
まだ動画は届いていないのでいまいち不安だけれど
たぶん、たぶん、大丈夫だろう…

そんなわけで、直川隆久さんのTokyo Copywriters’ Street は
明日12月12日の夜に配信されます、たぶん。

Tokyo Copywriters’ Street:http://tcss.seesaa.net/


小野田隆雄さん新境地



ラジオ番組だった頃のTokyo Copywriters’ Streetでは
もっぱら久世星佳さんの声を想定して
原稿をお書きになっていた小野田隆雄さんだったけれど
この雰囲気は新境地のような気がする。
ナレーションは大川泰樹さん。

原稿はTokyo Copywriters’ Streetのブログにあります。
http://tcss.seesaa.net/

オスロは−10℃



ロンドンに住む友人からのメールによると
ロンドンは連日0℃の日がつづいているそうです。
さらにオスロは−10℃から−14℃。

もしロケにいらっしゃるかたがいたら
くれぐれも油断なさらず防寒具のご用意を。