収録記

この一年(2021年11月の収録記)

2021年11月掲載分の収録は10月23日でした。
コロナが下火になってきて
長かった緊急事態宣言明けの収録です。
記念写真を撮りました(上の写真)

レギュラーのナレーターの中でいちばん若い清水理沙ちゃんも
二度めのワクチンが終わっています。
マスクをして、ワクチンを接種して、手を洗って、アルコール消毒もして、
それでも100&安全とはいかないでしょうけど、
いままで誰も感染者にならずに無事に過ごしてきたことに感謝です。
下の写真は、去年の銀杏の葉が散るころから撮影してきたものです。
なんだかんだで楽しくやってきたなと思います (なかやま )

録音の森田仁人。夏はアロハが定番です ↑

夏の遠藤守哉は白いTシャツが多い ↑

疫病退散のお稲荷さん。よくお賽銭をあげました ↑

黒い服が多い地曳豪 ↑

この黒い衝立の中で読みます ↑

原稿を読む清水理沙 ↑

原稿を読む大川泰樹 ↑

夏の築地 ↑

読んでいる間はエアコンがつけられないので夏までは肌寒く、
夏はたまらなく暑く、暑が終わったらまたすぐ肌寒くなって、冬は極端に寒い ↑

収録場所近くの桜 ↑

和柄のマスクを売る店も ↑

待機する地曳豪 ↑

原稿を下読みする清水理沙 ↑

原稿を下読みする遠藤守哉 ↑

同じく下読みする地曳豪 ↑

銀杏の落葉 ↑

Tagged: ,   |  コメントを書く ページトップへ

桜は満開で、みんな元気です。



築地は桜が満開です。
その満開の3月27日土曜日が4月掲載分の収録でした。
トップバッターは岩田純平「かんな2021春」を読んでくれる齋藤陽介くん。
元気そうでした。よかったよかった。
二番手は清水理沙ちゃん。たいへん元気です。
よかったよかった。
続いて遠藤守哉。元気すぎるほど元気です。
最後の大川泰樹も元気です。
録音の森田仁人も元気です。猫を飼うかもって言ってました。
私中山も元気です。
ヘビースモーカーなので気管支が荒れているらしく咳は出ますが、
要注意の空咳ではありません。
体温はいつ測っても鉄壁の36.5度。
なんでこんなに無駄に元気なのでしょう。

収録は人が集まることになりますので、
その様子をお伝えする収録記も書きにくいのですが、
みんな元気にしております。

ページトップへ

緊急事態宣言中ですが、収録やってます。

このサイトにいらしてくださって、ありがとうございます。
みなさん、お元気ですか。
私たちはスタッフもレギュラーメンバーも元気です。
本当に、なんだか不思議なくらい、みんな元気です。
緊急事態宣言の最中ですが、収録を続けています。

やたらあちこちにアルコール消毒剤があるとか、
洗面所の他に台所にも石鹸とパーパータオルを設置したとか、
多少の変化はありますが、おおむねいつも通りです。
そうそう、もちろん全員がマスク。

先日の収録のときはナレーターが全員黒服で、さらにマスクなので
誰が誰だかわからんぞ…(いや、わかりますけど)

読むときはもちろんマスクは外しますが、
みなさんほとんどこの状態です。

ところで、2月は「直川隆久特集」にしました。
直川隆久さんの過去の原稿をナレーターがそれぞれ選んで読みました。
これは本当に面白かったです。
読み手が違うとこうなるんだなあとよくわかりました。
あと、直川さんの書く内容の多様性がよくわかります。
またやりたいな、直川特集。

3月はまたいつものTokyo Copywriters’ Streetに戻ります。
よろしくお願いいたします (なかやま)

ページトップへ

7月から再開しました

Tokoyo Copywriters’ Streetは5月6月の二ヶ月間
新作をお休みしていましたが、7月から再開いたします。

上の写真は6月の収録後の写真です。
全員がまず手を洗うとか、いろいろ予防しながらの収録でした。
打ち上げといってもいつものようにはいきませんが、
幸いに近くのうまい焼き鳥屋がテイクアウトをはじめていましたので
それを頼みました。
皿や小鉢も紙や発泡スチロールの使い捨てにしました。

「安全でほどほど楽しく」を心がけて
また続けていきたいと思います (なかやま )

ページトップへ

クリスマスで打ち上げました(2020年1月分の収録記)

新年1月掲載分の収録はどうしてもクリスマス前後になります。
今年はちょっと早くて12月21日が収録日でしたが、
気分はやっぱりクリスマス。
鶏肉屋にローストチキンを注文に行きました。

インフルエンザにかかった気の毒な執筆者もいましたが、
なんとかギリギリで原稿も集まりました。
あとは打ち上げをどうするかです。
ローストチキンがあるのですから、やっぱり洋物ですよね。
でも翌日が冬至だからカボチャも食べなきゃでしょ。
そうだ、カボチャはミートソースを使えば洋風になるな。
いつものジャガ玉をやめて単純にポテトサラダにしよう。
肝心の鶏はどうしようかな。
すき焼きや鶏鍋だと和物になってしまうし、
そうだ、野菜と玉ねぎとセロリにしてブイヤベースにしよう。
このようにして無理やり洋風でまとめました。

ところで、来年1月は水下きよしさんの七回忌があります。
いまでも原稿を見て、水下さんがいればなあと思うときがありますが、
本当に私たちは惜しい人を失ったのだなと思います。
水下さんに読んでいただいた原稿は8本、
来年はそれを紹介するチャンスを作りたいと思います (なかやま)

ページトップへ

齋藤陽介くんが打ち上げに参加(2019年12月の収録記)

12月掲載分の収録は11月22日でした。
この日のナレーターは清水理沙、齋藤陽介、地曳豪、大川泰樹。
清水理沙ちゃんが用事で抜けて、
三人のナレータ〜と録音の森田、そして私でいつもの鶏すきでした。
そういえば遠藤守哉がいないじゃないか。
なんか、他の予定があったようです。
すき焼きだけでも食べに来ればって誘ったのですが、
夜も都合がつかなかったようです。

上の写真は清水理沙ちゃん。

齋藤陽介 ↑

左から、大川、森田、地曵 ↑

鶏肉はこんな感じです ↑

来月はいよいよ今年最後の収録です。
打ち上げもクリスマス兼忘年会になりますね。
一年が早いなあ (さ)

ページトップへ