ナレーターからひと言

西尾まりから「ひと言」

新年早々、人差し指を怪我しました。
5日のことです。息子の歯の矯正針金が、刺さりました。
今だに、包帯が巻かれてます。
初期処置が、悪かったのでこうなりました。
そして、口の中の雑菌が恐ろしいくらいに悪さをすることをわかりました。
かれこれ、一ヶ月になってしまう。

爪も切ってないから、人生最大伸びてるだろうし。
あー早く、指を洗いたい。

こんな時は、どの本棚にいこうかなー。

と、思う原稿を読ませていただきました。

西尾まり
http://www.siscompany.com/02manage/06nisio/

ストーリー:坂本和加 出演:西尾まり「某日日記」
http://www.01-radio.com/tcs/archives/25747

Tagged: ,   |  コメントを書く ページトップへ

池田成志から「ひと言」

久しぶりにTokyo Copywriters’ Streetに寄せて頂いた。
昔から、ランダムハウスの中山さんのスタジオに来ると、
必ずMさんがいる。(注1 森田仁人)
詳しい仕事の名称はわからないけど、
とにかく録音技術におけるディレクターみたいな方だ。(注2 録音技師、ミキサー)
寡黙で重厚な方。
饒舌でにぎやかな中山さん(注3 じゃか〜しわっ!)とは正反対の方。

松本さんから中山さん、ランダムハウスの仕事は、
かなり若い頃から寄せてもらってるけど、
いまだにMさんと事務的な会話以外したことがない。
ただ、テキパキと録音編集をして私の声をチェックしていただく。
プロだ。いつもこの人プロだわ。と感じる。
緊張もする。そしてそれがとても気持ちよい。
何十年も知ってて、ろくな会話もない。なのに好感。
そういうことって、自分の周りに、実は、たくさんあるのかもしれない。
今回もMさんの私物らしいマイクの響きはすこぶる良かった。

プロだわ。

池田成志:http://www.y-motors.net/actor/ikeda.html

● ストーリー:井田万樹子 出演:池田成志
「奥さんが、このホットドックだと、しますよね」
http://www.01-radio.com/tcs/archives/25710 (2014年2月2日19時半掲載)

「*注」は中山の責任に於いて加えました。
さらに本人は嫌がりますが、
池田成志の紀伊國屋演劇賞受賞スピーチ全文掲載は ↓ こっちよ。
http://www.01-radio.com/tcs/archives/25704

Tagged: ,   |  コメントを書く ページトップへ

宮下今日子から「ひと言」

宮下今日子です。

収録のためランダムハウスに着くと、
お酒やおつまみが用意してあって。
水下きよしさんの訃報を聞いた翌日でした。
中山さんが水下さんのお写真をウィスキーのボトルに貼って
待っていてくれました。

年末にここで収録されたものが最後のお仕事になったそうです。
いつでもお声を聞くことができます。
舞台人である私たちは、芝居が終われば
もうあとはお客様の記憶の中だけですが、
こうしていつでも聞くことができるものがあるってありがたいな。
と思うのです。
深浦ねぇさんのお声も聞けますね。

献杯。

宮下今日子:http://www.y-motors.net/actor/miyashita.html
宮下今日子HP:http://www.kyokomiyashita.net/

水下きよし作品集:http://www.01-radio.com/tcs/archives/tag/水下きよし

Tagged: ,   |  コメントを書く ページトップへ

池田成志の紀伊國屋演劇賞受賞スピーチ全文掲載

池田成志が紀伊國屋ホールで受賞のスピーチをしたその全文を
所属事務所の社長の吉住からもらって読んだ。
これは池田成志史(つまり成志の人生の歴史)に残る名スピーチだと思った。
よしっとばかりにここに掲載してそのことを吉住に知らせたところ
コメントも書いてくれ、イキウメの写真も載せてくれという
うるさい注文が来た。

書きはじめると長くなって、読む人がスピーチに至る前に
気力を使い果たしてしまう心配があるので手短に書くのだが、
池田成志のまわりの人々は成志の受賞が心底うれしいと同時に
せっかく無冠の帝王だったのに冠ひとつ取ってしまったよ、ありゃー…
というような、ある意味残念な気持ちもあるのではないかと思う。
そしてまた、それ以上にうれしい、でも残念、でもうれしいみたいな、
でも結局のところ「残念」もうれしいの一部だと気づき
ああよかったなあと思う気持ちでおさまっていくのだと、
これは自分も含めてそう思う。

それにしても、こんなに面白い役者がいままで無冠だったのが
なんだか不思議だが、
思えば日本でいちばんノーベル賞に近い作家といわれる村上春樹も
実は芥川賞を取っていないので、まあこういうこともあるのだろう。
しかも成志の場合は、無冠という理不尽が
本人のキャラのおかげでまったく理不尽に思えなかった。
むしろカッコいいじゃん、みたいに思えていたから、
これまた不思議だ。
成志はそういえばCM業界にもあまり声をかけられていない。
これも池田成志の七不思議のひとつだといえる。
顔に問題でもあるのだろうか??(なかやま)

* 写真はクリックするとバカでかくなります。
  しかも巨大な写真のおかげでこのページは重いですが、吉住のせいです。

池田成志の受賞スピーチ

(咳払い)イケダナルシでございます。
本日は思いもしなかった賞をいただきまして、本当にありがとうございます。
え〜。こういった賞を頂く事に全く馴れておりませんので、
いったいどういう態度を取ればいいのかと悩みながら年を越したんでございますが、ま、結局私の家族は全体的に有頂天になりながら
ふわふわとお正月を迎える事ができました。大変幸せでございました。
ありがとうございます。やっぱりあの、賞を貰うっていうのはいいもんなんですね。
本当にありがとうございます。噛み締めております。

 紀伊國屋ホールといえば、我々若い頃は憧れの、殿堂の小屋でございまして
「まず紀伊國屋へ、紀伊國屋へ」を合い言葉に頑張っておったんですが、
私がここに初めて立たせて頂いたのは1985年ですから、
もう30年近く前になるんですけど、
第三舞台の『朝日のような夕日をつれて』という作品でございまして。
恐らくですね、スケジュールが空いてたんでぶっ込んだと思うんですが、
5日間で9ステージという、ま、ゲネプロがございますから、
結局5日間で連続昼夜2回公演という、恐ろしいスケジュールだったんですけども。
案の定、私、シャカリキに頑張っていたんで
喉の調子の方を若干おかしくいたしまして。
演出家の方から、ぶっちゃけ鴻上さんのほうから、
各方面にお達しがあったそうなんです。「池田アイツ、たばこ吸ってるだろう。
アイツ喉の調子がおかしいのにたばこを吸ってんだ」と。
「成志がたばこを吸ってるのをみつけたら、すみやかに俺に報告するように」と、
まるで秘密保護法のようなことをおっしゃったんですね。
私、そういうものが大嫌いなタチでございまして、すぐさま反発いたしまして、
ただその、まっすぐ反発しないのがまた私の悪いとこなんですが、
冗談じゃない、と。俺のストレスはどうしてくれるんだというわけで、
人目を忍んで楽屋を出まして、5階の売り場に出て右手にあるトイレに入りまして、
大の方に入ってしゃがんでタバコを吸っていたという。
あの時は本当に紀伊國屋書店さん、申し訳ございませんでした。
そんな私にこんな賞をいただけるなんて、
本当に紀伊國屋書店さん、誠にありがとうございます。
もう時効なんでどうか許してください。

 え〜去年、2013年はたくさんのお芝居がございましたけども、
は私がスゴいなと思っていた作品が、人がいまして。
まずは今回私の対象になりました『MIWA』の宮沢りえちゃん、すごかったですね。
それから『ゴドーは待たれながら』の大倉孝二君、
そして『地下室の手記』の安井順平君。この3人はほんとスゴかったと思うんですね。ものすごい膨大なものを凝縮させてこなして、
素晴らしい表現をしてたと思ってたんですけども、
その方々を差し置いて私が賞をもらえるなんてことに
未だに信じられないんですけども。
特に一緒に稽古をしていた宮沢りえちゃん。
『MIWA』の稽古が始まった序盤の頃は、
「わたしこんな膨大なもので大丈夫かしら。わたしお正月まで生きているかな〜」
なんてこぼしてましたが、結局見事に生き抜いて
素晴らしい成果をお出しになられたんですけども、
その『MIWA』の稽古場というのは本当にスゴくてですね。
その膨大なものを前にして、鬼の野田秀樹がですね、
もう、どんどんどんどん変更を加えるんですね。
そしてまた、りえちゃんそれにどんどんどんどん応えるという
大変な現場だったんですけども、そういう大変な方を横目に見ておりますと
さすがに私も反省いたしまして。これはいかんと。
今回は丁寧に丁寧にやらなきゃいかんなと思いました事が、
今回の賞につながったんじゃないかと思っておりまして。
本当にそういう意味でもりえちゃん、野田さん、そしてノダマップの皆さん
本当にありがとうございました。

 そしてもう一本、イキウメの『獣の柱 まとめ*図書館的人生(下)』。
その若手の、公演に参加させてしてさせて(噛む)もらったこと、
もう彼らも若手じゃないんですけどもね、
実力者の劇団なんですけど、そこに参加したことを評価してもらったことも
大変嬉しく思っております。前川君の現場に出ますと必ず膨大な頭脳労働にも
付き合うということがお約束になっておりまして、
これまた大変なんですけども、大変なものをですね、
評価されたり、成功したりするとこれまた格別に嬉しいことでございます。
そういうものに参加させてくれた前川君、
イキウメの皆さん本当にありがとうございました。
もちろん、私の家族、娘と妻も毎日感謝しております。
 そしてですね、私の所属事務所、吉住モータースの吉住夫妻
ありがとうございました。私どもですね、
極小零細企業でやっておりますので皆さんの協力が必要なんですね。
これからもますます吉住モータースの方をよろしくお願い致します。

 え〜それから今回私よりも実は周囲の方が喜んでおりまして。
私の先輩達、後輩、同輩どもが、アイツが?アイツでも?
いつもふざけているアイツでも?ホントか嘘だろう?
まいっかオメデトウみたいな感じで喜んでくれておりますが、
これがまた嬉しいんですけども、そういった周囲に希望を与えたという意味でも、
今回の選考委員の皆さんは大変いい仕事をなされたと思います。
本当にありがとうございました。
まあ、おめでたい気分は今日限りにいたしまして、
これから今年も稽古場を大切に、
お芝居というものは必ずひと月くらい稽古というのが付きものでございますから、
稽古場をまず大切に、精進していきたいと思っております。
よろしくお願いいたします。

 最後に、実はこれが一番私、去年実感したんですけども、
例えば東京芸術劇場プレイハウス、あれくらいのスケールの大きさの小屋でも、
俺の顔芸は通用するんだなということでございました。
奇しくも今日1月21日はですね、3年前に亡くなった私の父の命日でございまして、
 「父さん、大きな顔をありがとう」
この言葉を持ちましてお礼の言葉にかえさせていただきたいと思います。
どうもありがとうございました。
 (2014年1月21日 紀伊國屋ホールにて)

Tagged:   |  2 Comments ページトップへ

遠藤守哉から「ひと言」

え~、岩本さん。ご無沙汰しております。
以前ご紹介したお店です。
何度か足をお運び頂きながらも 混んでいて入れなかった と
中山さんから伺っております。
大変申し訳ありません。

写真を添付いたしますね。


鰺のタタキ ↑


鯖のスモークとシオマネキの殻ごと塩漬け ↑


黄金カニ ↑

日本酒は 一合(180cc)の他、120ccもあります。
もっきりと、二人でわけて飲むときは徳利でも出してくれます。
とても親切なお店です。

遠藤守哉http://www.aoni.co.jp/actor/a/endo-moriya.html

Tagged: ,   |  コメントを書く ページトップへ

皆戸麻衣から「ひと言」

皆様大変ご無沙汰致しております。
皆戸麻衣でございます。
写真の、こんもりしてる、はい、それが私です。

私、原付バイクに乗るのです。
これからの時期、ほんと~~~~に寒いのです!!
これ、私のバイクファッション。
ダウンと巻きスカートの下に、通常のダウンコート等を着ております。
マフラーは私の手編みですのよ。おほ。
ヘルメットのシールドは、走行していないとこの様に曇ります。

ユニクロ完全フル装備で、地元をブンブンパトロール中!

そんな私が心を込めて読みました、
佐倉康彦さん作「群青」
是非聞いてくださいねー。

皆戸麻衣:http://blog.livedoor.jp/minato715/

佐倉康彦「群青」(2013年12月22日から掲載)
http://www.01-radio.com/tcs/archives/25566

Tagged: ,   |  コメントを書く ページトップへ