収録記

山田キヌヲさんとウド味噌(収録記2012.05.28-1)

写真はウド味噌だ。
ウドを皮も葉も何もかも細かく刻んで胡麻油で炒め
味噌を入れて練る。
味噌だから辛いが、ウドの香りがしてうまい。

これをTokyo Copywriters’ Street の収録のとき
山田キヌヲさんにほんの少し差し上げた。
山田キヌヲさんには大根漬けを教えていただいた恩義があり
さらにあの大根漬けをつくるのなら
ウド味噌もお好きに違いないと勝手に決めつけたのだ。

しばらくしてブログを拝見したら
玄米の朝ご飯のお供でウド味噌が活躍していた。
うまそうな朝ご飯だったので写真を盗んできてしまった(下)
ほらね(なかやま)

Tagged:   |  コメントを書く ページトップへ

大川泰樹くんとモリタ(収録記2012.04.28-6)

大川泰樹くんは鼻歌を歌う。
本人は無意識らしいが、歌う。
仕事のとき、たまに一緒にブースに入っていた共演者に
「歌ってましたね」と言われてあせっているのを目撃する。
どうして気づかないのか不思議だ。

私がモリタと呼び捨てにしている森田仁人くんは
仕事中に貧乏ゆすりをする。
これはもしかしたら自覚しているかもしれない。
貧乏ゆすりはモリタが若い頃にいたスタジオの風土病だ。
モリタの先輩ミキサーはモリタより激しく貧乏ゆすりをしていた。

大川泰樹くんは「f分の1ゆらぎ」を持つ繊細な声だが
本人はまわりをあまり気にかけない。
– あなたはこれができるのだから自分から申し出てくれると
ほんっと〜〜〜に助かるんだけどな〜〜-と
一生懸命念じていても、まったく気づいてくれない。

モリタは1年365日のうち350日くらいは機嫌が悪い。
しかし私が最強 & 最怖ミキサーと呼ぶくらい腕はいい。

なんなんだろう、このふたり….
しかも、「f分の1ゆらぎ」の大川泰樹のミスト声は
モリタが録るのがいちばんよく録れる(なかやま)

Tagged: , ,   |  1 Comment ページトップへ

清水理沙ちゃんの事務所が近い(収録記2012.04.28-5)

清水理沙ちゃんが所属する事務所は
ランダムハウスから近い。
まだ行ったことはないが、歩いて数分だそうだ。
事務所に用事のあるとき、理沙ちゃんはランダムハウスの前を通る。
私がいるかどうか、ときどき見上げることがあるらしい。

それならいっそ、と思う。
マネージャーも連れて夕方から遊びに来れば酒もあるし。

理沙ちゃんは小学校の頃から知っているので
もう大学も卒業して酒まで飲むようになったのが不思議だが
しかし、理沙ちゃんはあなどれないほど酒が強い。

今回、清水理沙ちゃんは古居利康さんの原稿を読んでいる。
「スメタニ」というその原稿のタイトルに関して
ふたりでいろいろ想像してみたが
どうも正体がわからなかった(なかやま)

Tagged: ,   |  コメントを書く ページトップへ

地曳豪くんと刀(収録記2012.04.28-4)

地曳豪くんはときどき刀を持ってくることがある。
刀といっても主に木刀で(他には十手など)
それは別に我々をやっつけようという敵意のあらわれではなく
単にその日に居合いの稽古があったということだが
なにしろ物珍しいのでついつい出して見せてもらう。

いっぺん木刀を構えさせてもらったことがあるが
なにしろ重いので上段には構えられない。
中段もちょっとむずかしい。
さて、こんなクソ重い武器でどう戦うのじゃとちょっと考えて
躯の脇に引きつけて構えてみた。

うん、これなら大丈夫。
しかし構えるだけで振りまわすのは無理。どうするか…
ちょっと考えて、地曳くんにきいた。
 もうこのまま体当たりして、あわ良くば相手を刺すしかないな〜。
それでいい、と地曳くんは答えてくれた。
たぶん、本当にそれでいいのではなく
返事に詰まったというのが真相だと思うが。

まあ、そんなわけで
地曳くんが来るといろいろ遊べる。
地曳くんの付属品としていつも木刀があれば面白いのだが
残念ながら今回は持参していなかった。

そうそう、地曳くんは今回、直川隆久さんの原稿
私の原稿を読んでいる(なかやま)

Tagged: ,   |  コメントを書く ページトップへ

椅子と和菓子(収録記2012.04.28-3)

Tokyo Copywriters’ Street の収録をしている
ランダムハウスのオフィスは
今年からバーカウンターができたのだけれどその椅子がなかった。
ずっと制作中だった。なかなかできなかった。

3月も終わりになってやっと椅子が来た。
それからはじめての収録なので
みんなはじめて椅子を見たことになる。
だからどうだってことはないのだけれど。
バーカウンターはミキサー森田のカバン置き場になっていた。

それから、今回は和菓子があった。
平間美貴さんの差し入れだった。
いつものウインナが入ったクロワッサンの他に
和菓子があるのは珍しいことだった。

その平間美貴さんが和菓子を置いて帰ってから
和菓子とともにいた人々は
清水理沙地曳豪大川泰樹にミキサー森田と私だったが
大川、森田、私は甘いものは食べない。
清水、地曳はたいへんよく食べる。

なんだか年齢の差が甘い物摂取の差に
出ているような気がした(なかやま)

Tagged:   |  コメントを書く ページトップへ

北海道出身の平間美貴さん(収録記 2011.04.28-2)

平間美貴さんには面白い雰囲気と面白い訛りがある。
雰囲気のほうはたいへん説明しがたいもので
下手をするとこちらは褒めているつもりが
けなしていると受け取られかねないので
もう本人を見ていただくしかないのだが、
訛りに関しては東か西かも特定できなかったので本人に訊ねてみた。

「北海道」という答だった。
なるほど、北海道ならわかる気がする。
北海道は開拓時代にどの地方の人たちが移住したかで
地域の方言はことなるし
それがまた入り交じっていたりする。
なんとなく「北海道」という答ですべて理解したような気になって、
ただ単にそういう気がするだけに過ぎないのだが、
妙に納得してしまった。

そうそう、ここでお礼を言うのもナンだけど
収録のときのお菓子をありがとう。
地曳豪くんと清水理沙ちゃんが喜んで食べていましたよ〜。

平間さんには今回、関陽子さんの原稿
読んでいただきました(なかやま)

Tagged: ,   |  コメントを書く ページトップへ