tohoku

田舎者の勝ち(東北へ行こう2017)

「田舎者の勝ち」

     ストーリー 庄司結衣(東北芸術工科大学)
        出演 藤谷みき

最近、都会の子と喋った。
その子は、石に石で絵が描けること、
帽子がないどんぐりがハゲ頭みたいなことを、知らなかった。
小さい頃見ていたアニメや漫画、雑誌、
遊んできたゲームやスポーツはほとんど一緒なのに、
たった一つ、『外での遊びかた』だけが違った。
その子が知らないことを私は知っていた。

道端に生えている草の名前や遊びかた、
秘密基地の作りかた、
田んぼの脇の、透き通った冷い水も、都会の子は知らない。

田舎は何もない。でも自慢できることはたくさんある。
都会のお店は田舎にも立てられるけど、田舎の遊びは都会ではできない。
都会にいたら、知ることもできない。本には載っていないから。

田舎の勝ちだね。

このまま田舎に負けるくらいなら、まず田舎を知ってみませんか。

東北へ行こう


*「東北へ行こう」は
自分のとっておきの東北を紹介し、あなたを東北におさそいする企画です
下のバナーやリンクもクリックしてみてください

logo

logo44

hikakuWeb_bana

tohoku

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

「ポン」(東北へ行こう2017)

「ポン」
      ストーリー 日野裕介(東北芸術工科大学)
         出演 地曵豪

午後は吹雪の日だった。
僕は午前中に山にいった祖父の安否を気にしていた。
夕方近くになって祖父は、雪まみれで帰ってきた。
傍らには見た事の無い犬を連れていた。拾ってきた、と言っていた。
祖父は笑って言った、こいつはポンだ、飼うからな。
祖母は、またいい加減な事を言い出したよ、というような顔で見ていた。
父も母も、呆れはしても、止めようとする事は無かった。

けど僕は反対だった。犬は山で暮らしていたかったはずだ、
鎖でつないでおくなんて可哀想だ。
だから僕は、誰も家にいない日を見計らって、こっそり鎖を外してやった。
外した瞬間に、ポンは、だーっと畑の方に走っていった。
けれど、すぐに戻ってきた。
逃げなきゃダメじゃないか、と何度もしっしっと追い払ったが、
その度に戻ってくる。そうか、帰り道が分からないんだ。
そう思った僕は、祖父が拾ったという山の近くまでポンを連れて行き
そこに置いて帰ってきた。
これでもう、あいつは自由だ。怒られると思っていたけど、
それでも祖父は笑っていた。

数日経った寒い朝、凍り付いた玄関を開けると、ポンがいた。
ポンが帰ってきた。
ここがいいんだ、ここがポンの帰る場所になっていたんだ。
祖父はやっぱり笑っていた。

東北へ行こう。


*「東北へ行こう」は
自分のとっておきの東北を紹介し、あなたを東北におさそいする企画です
下のバナーやリンクもクリックしてみてください

site_logo

akita

hikakuWeb_bana

tohoku

logo_header04

Tagged: , ,   |  1 Comment ページトップへ

さむいね(東北へ行こう2017)

「さむいね」

    ストーリー 木村風香(東北芸術工科大学)
       出演 清水理沙

米沢の冬はさむい。
だって、雪が降るから。
のろまでかわいい、ぼた雪が、アスファルトの路に積もる。
転ばないように、足の裏、全体で踏む。
ぎゅっと音がする。
心地よくて、わざと、まっさらな雪の上を選んで歩いた。

街灯は、そんなにない。
だから少しだけ不安になる。
あたたかい橙色の灯りが恋しくなる。
雪とうろう、雪ぼんぼり。
雪で作られた囲いの中、ローソクが、ぽわっと灯っている。

「さむいね」って隣を歩いている人が言った。
「手袋、持ってくればよかったね」って、
かじかんだ手のひらに、ふうっと息を吹きかけて、言った。
「さむいね」ってわたしも息を吹きかけた。

橙色の灯りが、だんだん弱くなってくる。
「転ばないようにしないと」って隣を歩いている人が言った。
そう言った、すぐ後、隣を歩いていた人が転んだ。
その人は「痛い」って言って、ちょっとだけ笑った。
わたしも、笑った。
笑って、笑って、あたたかくなって。
それから、「さむいね」って言って、手を差し出した。
東北へ行こう


*「東北へ行こう」は
自分のとっておきの東北を紹介し、あなたを東北におさそいする企画です
下のバナーやリンクもクリックしてみてください

yonezawa_logo

logo

hikakuWeb_bana

tohoku

logo_header04

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

「夕刊のおじさん」(東北へ行こう2017)

「夕刊のおじさん」

     ストーリー 木原朝咲(東北芸術工科大学)
        出演 石橋けい

ぶぅぅぅぅん
小学校の帰り道。
ブラスバンド部の練習が終わって後輩たちと帰路につく。
家の目の前にある小さな山の、その反対側の空が夕日で真っ赤に染まる頃。
「今学校終わったんけぇ?随分遅いなぁ」
黒いヘルメットにベタベタシールを貼ったバイクのおじさんが
やけに明るく声をかけてきた。

知らないおじさんに声をかけられ戸惑っていると、後輩のひとりが
「あ!山新のおっちゃん!」と嬉しそうに声を上げた。
よくよくおじさんのバイクのカゴの中を見ると、
なるほど袋に覆われた山形新聞の夕刊がカゴの半分ほど詰められていた。
おじさんは懐からキャラメルの箱を取り出すと
私たちひとりひとりにひと粒ずつ手渡した。
おじさんは1番年長の、初めて会う私に「そうだ」と言って
夕刊を1部手渡した。
「どうせ1部余っちゃうから。これもあげる」
私はそのときやっと、おじさんの黒いヘルメットにベタベタ貼られたシールが、
子ども達からもらったプリクラやキャラクターのシールであることに
気がついた。
おじさんは子どもが大好きで、だからこんなに子供達と仲がいいのだ。

それからブラスバンド部の練習が終わっておじさんに会うと、
お菓子と夕刊をもらうのが習慣になった。
母はその夕刊を念入りに読んでいたように思う。

中学に上がって、家に帰るのが遅くなった。
夕刊の配達時間とは大きくずれてしまって、
おじさんに会うことが少なくなった。
それでもたまに会うとおじさんは
「朝咲ちゃん今何年生になったんだっけ?」なんて言いながら
私にお菓子ひと粒と夕刊をくれた。

高校生になってさらに家に帰るのが遅くなると、
おじさんに会うのはいいとこ半年に1回程度になった。
「あれぇ朝咲ちゃん!久しぶり今何年生になったんだっけ?」
「もう高校3年生だよおじさん」

半年に1回しか会わなくても、髪型を何回か変えても、
おじさんはいつだって間違えずに私の名前を呼んでくれる。
「3年生かぁ。じゃあもう山形を出て行っちゃうかもしれないんだ」
「う~ん、受験が上手くいったらね」

私は結局山形の大学に進学した。
大学生になってからおじさんにはまだ会っていない。
次に会えるのはいつだろうか。
半年後?それとも明日?
おじさんは変わらず私のことを覚えているのだろうか。
そしてまた同じ調子で「今何年生になったんだっけ?」なんて
聞いてくるのだろうか。

おじさんからもらった夕刊を読む。
何気ない山形の町の行事だったり取り組みだったり、
小中学校のとある出来事だったりニュースだったり、
朝刊と違ってなんとも平和な内容が書かれていた。
おじさんらしいなぁなんて思った。

東北へ行こう。


*「東北へ行こう」は
自分のとっておきの東北を紹介し、あなたを東北におさそいする企画です
下のバナーやリンクもクリックしてみてください

yamashin_logo

yamagata_tabi_logo

hikakuWeb_bana

tohoku

logo_header04

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

山形の姫君(東北へ行こう2017)

「山形の姫君」

      ストーリー 鈴木志帆(東北芸術工科大学)
         出演 遠藤守哉

山形県には姫様がおられます。
艶やかな、まるで月山にはらりと舞う雪のように真っ白い肌の
美しい姫君でございます。

ただ美しいだけではなく、姫様はとても知恵のあるお方であり、
なんとあの『コシヒカリ』様をも凌ぐ才覚をお持ちだとの噂。
粘り強い性格もありまして、
一度姫様の才覚に触れたのならもう虜となることでしょう。

姫様がお生まれになられるまで10年もの歳月がかかりましたが、
わずか10年かけてこれほどの魅力溢れる方がお生まれになったと
考えるのならば納得の一言でございます。
ご先祖の『亀の尾』様もさぞお喜びのことでしょう。

美姫と名高い姫様ではありますが、相性の良い殿方はシンプルで味わい深い、
そう、この山形の芋煮様にだし様、おみ漬け様、わらびの一本漬け様…

さて、我らが姫君、『つや姫』様がお米としてもっとも輝けるのは
どなたのお側でしょうか?
どうか皆様お探しくださいませ。

東北へ行こう


*「東北へ行こう」は
自分のとっておきの東北を紹介し、あなたを東北におさそいする企画です
下のバナーやリンクもクリックしてみてください

02-tsuyahime
つや姫全農山形県本部:http://www.zennoh-yamagata.or.jp/rice/2015/tsuyahime.html

title_yamagata

yamagata_tabi_logo

hikakuWeb_bana

tohoku

logo_header04

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

雪が降る


出演者情報:清水理沙(アクセント所属:http://aksent.co.jp/blog/300/post_97.html

「雪が降る」              

      ストーリー 丹治奈々(東北芸術工科大学)
         出演 清水理沙

寒さなど感じさせないほど、
元気に走り回る子供たちのまわりに雪が降る。

ベンチで寄り添い
「さむいね」なんて話してる恋人たちの肩にも雪が降る。

三人仲良く帰路につく、女の子たちのカラフルな傘にも雪が降る

今日こっぴどくフラれた、彼の足元にも雪が降る
楽しそうに笑い合う家族の窓にも雪が降る。

道路に落ちた猫のキーホルダーにも雪が降る
はみだして停めてある自転車にも雪が降る。
ぽつんと寂しげに佇む街頭の上にも雪が降る。

「雪、降ってきたね」と空を見上げる君の眼鏡にも雪が降る
「本当だ」とつられて空を見上げた私の髪にも雪が降る

嫌な事があった日も落ち込んでいた日も雪が降る。
誰にも踏まれていないまっさらな雪の上に一歩を踏み出して
明日も少し頑張ってみようと思う。

きっと明日も、飽きもせずに雪が降る。

東北へ行こう


*「東北へ行こう」は
自分のとっておきの東北を紹介し、あなたを東北におさそいする企画です
上下の写真やバナー、リンクもクリックしてみてください

sitelogo_kankocho1

hikakuWeb_bana

tohoku

logo_header04

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ