勝浦雅彦のリメンバーカンヌ ① 出発準備

どうも勝浦です。一週間前に、
8年ぶり二度目のカンヌライオンズから帰ってきました。

カンヌ広告祭の「広告」が取れ、
部門が16部門と拡大し、
ますます人に説明しづらい巨大な祭典となったカンヌ。

世界各国から一万人が集い、
コミュニケーションのクリエイティビティを競いあう
プレステージなフェスティバル。

僕もまた、
俗にいう「カンヌ病」「カンヌ熱」とはやはり、無縁では
いられずあの華やかな舞台を見ながら感じた
驚き、発見、絶望、悔しさ、希望・・・そんなものを
徒然なるままに書いてみようと思います。

第一章「出発準備」篇

いきなりショボい話ですが、カンヌはお金がかかります。
はっきりいって、カンヌは一般ピーポーには贅沢品です。

主なカンヌライオンズの参加方法は二つ。

シャバライオン(会社払いで研修目的で参加)
ジバライオン (自腹で自らの研鑽のために参加)

で、シャバライオンの場合はたいがい、どこかの広告団体が
主催している視察団に参加することになります。

ジバライオンの場合は自分でホテルを手配し、
なおかつ会場での参加登録も自分でやることになります。

料金はだいたいこんな感じ。

旅費+宿泊費+会場登録料(これが約30万!)

28歳以下は「ヤング区分」で、会場での登録料が若干安くなります。

        オトナ    ヤング(28歳以下)

ツアー参加   80万    70万

自力手配    60万    50万

そうです、カンヌは高いんです。
たまに自腹で行くけど、自力での手配に挫折して
ツアー参加する人がいますが、
中古の車一台が買えるくらいの額を払うことになります。

僕はオトナで自費参加だったので、
旅行代理店を通じて、
ギリギリまで安い航空券とホテルを探し続けました。

その結果、エミレーツ航空のドバイ経由が
いちばん安いという結論に達しました。

ホテルは会場から「若干離れているらしい」
ところしか取れませんでしたが無事に決定。
直前となるとホントに価格が何倍にも高騰して取れなくなるので
要注意です。

トータル予算は、なんと55万に収まりました。
これは後々、色んなところで驚かれましたが、
この安さと引き換えに散々な目にあったりもするのでした・・・。

とはいえ、さあ出発です!

(つづく)


ページトップへ

One Response to 勝浦雅彦のリメンバーカンヌ ① 出発準備

  1. yukio1118 says:

    早く続きを書きなさいっ!

yukio1118 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA