中山佐知子 2018年9月23日「その馬は星を眺める (2018)」

その馬は星を眺める
            ストーリー 中山佐知子
               出演 遠藤守哉

その馬は星を眺めるのが好きだった。
たぶん故郷の草原を思い出すからだろう。
馬の故郷ははるか西のキルギスに近い草原で
遠い地平線を見渡すことができたし
西に沈む星に向かってどこまでも駆けることができた。

馬が連れて来られた洛陽の都には草原がなかった。
地平線がどこにあるのかもわからなかった。
星は大きな建物のてっぺんにぶら下がっていた。

その馬は一日千里を走った。
二世紀の中国で千里といえばおよそ400kmだ。
その能力の高さゆえに馬はときの権力者への贈りものにされたのだったが
馬としてはそんな人間を背中に乗せるつもりは毛頭なかった。
そこで最初の持ち主はこの言うことをきかない馬をある武将に与えた。

その武将は強かったが、義に疎く節操がなく裏切りを繰り返した。
ある意味ではとてつもなく自由でありその奔放さが馬と似ていた。
馬は呂布というその武将を乗せて戦場に出向くようになった。
壕(ほり)を飛び越え、城に攻め入って敵を蹴散らすのは面白い、と
馬は思った。

やがて呂布が死に、馬は呂布を殺した男の手に渡った。
男は知謀に優れていたが少々冷酷でもあった。
馬はその男を嫌って大暴れに暴れた。
それから馬は自分の首にあたたかい手が置かれているのに気づいた。
なるほど、自分はまた誰かに譲られたのだ、こんどはどんな奴だろう。
馬はしみるような笑顔で自分を撫でている髭面の武将を見返した。

そのあたたかい手をした髭の武将は名を関羽といった。
信義に厚く部下にやさしいと噂されていた。
また馬術にも秀で
混み合った戦場でも草原と同じように自在に馬を走らせた。
恐れを知らず勇猛に敵を攻めたが
そんなときでも馬をいたわり、危険な目に遭わせることがなかった。

馬はもう星を眺めなくなっていた。
馬はどこにでも草原をつくりだす関羽の手綱に喜んで従い
また、その日の戦いが終わってから自分を撫でる手のぬくもりが
待ち遠しいと思うようになった。

このとき関羽は曹操のもとにあり将軍として仕えていたが
一生の友情と忠誠を誓った相手はほかにいた。
馬が草原をなつかしんだように
関羽もまた慕わしく思う人がいたのだ。
そしてその日、関羽は馬とともに目指す人のもとへ走った。
もし追われても、この馬に追いつけるものはいない。
一日千里を走るこの馬に勝てる馬はいない。
叫びたいほどの開放感が全身を貫き、関羽は馬の背で何度も踊り上がった。

馬もうれしかった。
背中に乗せた人間の喜びが真実自分の喜びだと思えるのがうれしかった。
馬と人はひとつの生き物のように星空の下を走りに走った。

この馬の名前は赤い兎と書いて赤兎(せきと)といった。
やがて関羽が死んだあと、
赤兎は絶食し自ら命を絶ったと伝えられている。



出演者情報:遠藤守哉(フリー)


ページトップへ

2 Responses to 中山佐知子 2018年9月23日「その馬は星を眺める (2018)」

  1. 高村 says:

    コメント失礼致します。
    私は無双劉備と遠藤さんの大ファンなので、今回の更新分を拝聴出来て
    本当に幸せでした。遠藤さんの柔らかくて優しい、でも凛とした素敵なお声と
    赤兎馬と関羽の絆の物語に、聴いていて心が温かく幸せな気持ちになりました。
    遠藤さん、スタッフの皆様、素敵な企画を本当に有難う御座いました!
    これからもずっと応援しております&今後の更新も楽しみにしております。

  2. ナオ says:

    こちらには初めてコメントします。
    私は三國無双の曹操さんが好きでずっとプレイしていたのですが、劉備の声に惚れてしまいました。
    キャラクターは曹操さんが好きだけど、声だけなら断然劉備です。
    あの、うまく書けないんですけど、私、遠藤守哉さんに恋をしてしまいました。
    ここのコラムもいくつか見せていただいて、写真も拝見したんです。
    そしたら本当に髭のない劉備を実写化したようなとても素敵な方で…、なんかドキドキしてしまって。
    変なコメントでごめんなさい。
    ただ、どうしてもこの気持ちを伝えたくてコメントさせていただきました。
    遠藤守哉さんはもちろん、このサイトも応援しています。
    ここを見つけて、こんなときめきをまた体験することが出来て嬉しいやら恥ずかしいやら複雑です。
    読んでいただいてありがとうございました。

ナオ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA