ひさびさの石橋けいちゃん(2019年11月の収録記)

11月の収録記です。
久々に佐倉康彦さんが原稿を書いてくださったので、
久々の石橋けいちゃんの登場になりました。
去年のクリスマス以来です。
そもTokyo Copywriters’ Streetって女性が読む原稿が
きわめて少ないのです。
おっさんが読む原稿はたいへん多いです。
そこで現場がおっさん化しています。

そして、おっさんは鶏が好きです。
この日もいつもの鶏のスキヤキ ↓

鍋奉行は地曳豪がクビになり、遠藤守哉もクビになって、
いまは大川泰樹がやっています。今度は長続きしそうです。
ところで、誰がクビにしたんだっけかな。
録音の森田かな。森田がいちばんうるさそうだしな (さ)


ページトップへ

One Response to ひさびさの石橋けいちゃん(2019年11月の収録記)

  1. ナオ says:

    守哉さんが大きく写ってて嬉しいです。やっぱり素敵、惚れ惚れしてしまいます。守哉さぁん、メールはどうなってますか(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA