猫になる


出演者情報:いせゆみこ 03-3460-5858 ダックスープ所属


猫になる

    ストーリー 小野杏奈(東北芸術工科大学)
       出演 いせゆみこ

週末、わたしは猫になる。

風の向くまま、気の向くまま。
仙台という大きな庭を悠々と散歩するのだ。

いつもの決められた大通りから神秘的な裏通りを歩くため、
人の波から外れてみる。
気分がいい。
ノラ猫タイムの始まりだ。

早足だった歩幅も自然とゆっくりゆったり縮んでいく。
賑やかな人混みがまだ微かに聞こえる裏通りは、
いつもの仙台じゃないみたい。
おしゃれな洋服店、味のあるお食事処。
ここにお店あったんだ!あ、ここのお店美味しそう…

若い人が作ったものと昔からそこにあるものが入り混じっている。
道に迷ったら、本能の赴く方へ。素敵なカフェが顔を出す。
うん、わたしだけの秘密基地。大切な人にだけ教えよう。

心地のいい笑い声と食器やグラスの音、
鼻をくすぐる美味しい匂い。
大通りじゃ味わえない、人と人の香りがする場所。
おっ、お仕事帰りのお父さんやお姉さんが
楽しそうにお酒を呑んでいる。
今日は、このお店でお世話になろうかな。

不思議な魅力が詰まった仙台の裏通り。
きっとここに来たくなる。

東北へ行こう


100605p

*「東北へ行こう」は
自分のとっておきの東北を紹介し、あなたを東北におさそいする企画です
上下の写真やバナー、リンクもクリックしてみてください



街ナビプレス仙台:http://navi-s.com/wp/

せんだい旅日和:http://www.sentabi.jp

miyagi_logo

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

ただいま


出演者情報:いせゆみこ 03-3460-5858 ダックスープ所属


ただいま

     ストーリー 門倉妙紀(東北芸術工科大学)
        出演 いせゆみこ

「大宮から山形まで。学割で一枚お願いします。あ、自由席でお願いします。」
慣れた顔で切符を買って、
キャリーバックをガラガラ引きながらホームへ向かった。
縁もゆかりもなかった土地、山形。
未知の土地にドキドキとしていた18歳の春から、もう三年経つ。
最初は戸惑った二重改札も、駅弁売りのおばさんの呼び込みも、
今ではもう慣れた。

友人との会話の中で「だよね、だよね」と言わずに
「だから、だから」と言っている自分に気がついた。
実家の姉に「あんたは絶対、あっちの方言がうつってくるよ」
なんて言われたのをふと思い出して、
本当だとこっそり笑ってしまった。

ホームで新幹線を待っていると母から電話がかかって来た。
「今どこ?今から山形帰るの?」「そう、今から帰るの。」
実家から山形へ行くのに、
母と自分の会話の中で自然と帰ると言っていた。
変なの。つい三年前まで山形ってどこだっけなんて言っていた私が、
山形に帰ると言っている。

今から、山形に帰る。
家族がいるわけでもないのに、帰る。

東北へ行こう。

縁もゆかりもなくても、そこが帰る場所になるかもしれない。

ただいまと言える場所が増えるのは、あんがい良いもんですから。


geikoudai
*「東北へ行こう」は
自分のとっておきの東北を紹介し、あなたを東北におさそいする企画です
上下の写真やバナー、リンクもクリックしてみてください


yamagata_tabi_logo





庄内エリア:http://www.mokkedano.net/

最上エリア:http://kanko-mogami.jp/

村山エリア:http://www.nihonnotabi.com/yamagata/murayama

置賜エリア:http://oki-tama.jp/

山形温泉めぐり:http://www.e-yamagata.com/top/onsen.htm

b-cm


Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

これが秋田


出演者情報:いせゆみこ 03-3460-5858 ダックスープ所属


これが秋田

     ストーリー 笹淵穂菜美(東北芸術工科大学)
        出演 いせゆみこ

それほど人は死にません。
ガンも自殺もめったに聞かない。
いたって健康、野菜が大事。

田んぼはすごく広いです。
カエルの合唱は田んぼの中、夏はうるさいくらいです。

日が短いとは思いません。
起きたらちゃんと明るいし、寝坊したら遅刻します。

ビルや地下鉄ありません。
一時間に一本の電車に乗ると、大体友達みんないます。

子供が少ないと言われても。
しゃしねぇわらしはたくさんいます。
歩いていれば道路で遊ぶし、友達100人できました。

お年寄りは確かに多いけど。
じーちゃんマッチョでばーちゃん美人。
まだまだ元気に暮らしています。

秋田は絶対消えません。
我が故郷、無敵で最強です。

東北へ行こう     


6

*「東北へ行こう」は
自分のとっておきの東北を紹介し、あなたを東北におさそいする企画です
上下の写真やバナー、リンクもクリックしてみてください


秋田の車窓から:http://www.akita-train.jp

akitatitle

16

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

とうほぐのんまいもの




とうほぐのんまいもの

          文 大友雅子(東北芸術工科大学)
          声 いせゆみこ

「け」
「く」
日本一短い会話。
これを丁寧な標準語にすると
「け」は「めしあがれ」
「く」は「いただきます」
に、なる。

おいしいものがたくさんある東北には、
会話している間にご飯が冷めてしまうような時間が
惜しいのかもしれない。
あたたかいものは、あたたかいうちに。
つめたいものは、つめたいうちに。
おいしいものを語るのに、よけいな言葉はいらないのだ。

「んめ!」

東北へ行こう。



*「東北へ行こう」は
自分のとっておきの東北を紹介し、あなたを東北におさそいする企画です
下のバナーやリンクもクリックしてみてください








Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

普通をさがしに




「普通を探しに」

          文 小関華奈(東北芸術工科大学)
          声 いせゆみこ

ここに来ると毎日が宝探しだ。

ちょっと外れた日常と普通が待っている。

歩いていれば、なんだかよくわからないけど、
誰かが声をかけてくれる。
はじめましてのおじさんなのに野菜までもらってしまった。
「みんな優しい方ですね」
「いやー、普通だちゃー」
この人たちの普通のおかげで、
僕は初めて丸茄子の漬物なるものを食べた。

それから、空一面に広がる星空。
虫の声を聴きながら、心地よい風を浴びて、
頭上いっぱいに広がる輝きを眺める。
「すごい星ですね!」
「いやー、普通だちゃー」
そうか、普通か。
毎日タダでプラネタリウムか。

冬には白鳥の声で目が覚める。
雪のどっさり積もった庄内に白鳥が真っ白な朝を運んでくる。
「素敵な朝ですね」
「いやー、普通だちゃー」
どうやら、これも普通らしい。
いいなぁ。朝いちばんにきくのが母親の怒号じゃないなんて。

それから、それから

途中で止まってくれちゃう電車も、
月が出ても鬼ごっこを続ける子どもたちも、
鳴きたくなるほどセミの声が似合っちゃう田舎道も….

どんなにおかしなことなのか。
優しいことなのか。羨ましいことなのか。

あの人たちは全然気付いていないから。
教えてあげよう。

東北へいこう。



*「東北へ行こう」は
自分のとっておきの東北を紹介し、あなたを東北におさそいする企画です
下のバナーやリンクもクリックしてみてください








庄内エリア:http://www.mokkedano.net/

最上エリア:http://kanko-mogami.jp/

村山エリア:http://yamagatakouiki.jp/

温泉王国:http://yamagata-onsen.org/

置賜エリア:http://oki-tama.jp/


Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

いせゆみこから「ひと言」



どもです、いせです。
ごぶさたしとります。

なんだろ、お盆に先駆けて、
実家にやってきたような気分です。
あ、ランダムハウスのこと。
ほんと落ち着きますね、ここ。
お菓子食べてお茶飲んで、
すっかり寛がせていただきました。
毎々ごちそうさまです。

「東北へ行こう」大好きです。
読めるの、とても楽しみです。

で、方言のこと。
ひと言に東北といっても言葉は、
その上と下とでだいぶ違うんですね。
岩手の沿岸、大船渡出身の私ですが、
岩手の「内陸」と「沿岸」ですら、
訛りがだが違うんだっけよぉ。

海ば荒々しぐてやさしいし、
山はのんびりとしていっこ強いんだっけが。

そのうち、山形も福島も、
全体的にイントネーションをマスターしたいものだなぁと思います。
んだがらす、

東北へ行こう。

だべ。

いせゆみこ 出演
TOKYO FM 80.0MHz
毎週土曜17時~
「ピートの不思議なガレージ」
http://www.tfm.co.jp/garage/top.php

いせゆみこhttp://ducksoup.jp/prof/woman/a/ise.htm

Tagged: ,   |  コメントを書く ページトップへ
Page 1 of 212