正樂地 咲 2019年9月15日「まみ姉ちゃん」

「まみ姉ちゃん」

    ストーリー 正樂地 咲
       出演 清水理沙

ソフトボールの部活の試合が 
雨で流れて
急にやること無くなって
家にいるのも コンビニいるのも
あっという間に 飽きちゃって
ふと閃いたのが 近所の図書館
普段は 大声出しながら
運動場で走りまわって
陽に焼けた私に
不似合いな場所に
今日はなんだか行きたくなった

本を読むのは 好きじゃないけど
本棚の間を悠々と歩くのは 嫌いじゃない

自分の背より高い その間を歩いたら
去年に死んだ じいちゃんと
ひまわり畑を歩いた楽しい記憶と重なった
大量の本の 埃っぽい匂いも 
じいちゃんと似てる

雨で汚れたビーサンを 
引っ掛けて
本棚散歩を続けていたら
目線の先に すごく綺麗な姿勢で
本を読む美女が ひとり
まみ姉ちゃんだ! 

大きな机で ポツンとひとり
長い指で 本のページをめくってる

私は だいぶ嬉しくなって
「まみ姉ちゃん!」と声をかける
すると 何人かの人が本からこちらへ
目線を向ける
まみ姉ちゃんは シーのポーズ

それで今度は
「何 読んでるの?(小声)」
小さな声で尋ねたら
倒して読んでた本を起こして
表紙をそっと見せてくれた

川端康成 眠れる美女

それきり まみ姉ちゃんは私のことなど
すっかり相手にしなかった

家が隣同士で小さい時には
面倒を見てくれた まみ姉ちゃん

私が小1の時 小6で
小学校まで手を繋いで連れてってもらってた
あんなに毎日一緒だったのに

それから1週間たって
今度は部活終わりの夕方 
私はまた図書館にいた

目的はそう 例の本

分厚くはない文庫本
その先に 広がるのは 
あられもない桃色の世界

女の人の肌って 男の人に吸い付くの?
さわれないこともまた 興奮に繋がるの?
意味わかんない

わかんないけど わかるのは
お泊まり会の時
夜中に音を消して こっそり見たアレより 
全然奥深いアレだということ
一回のぞいたら もう二度と
戻ってこれないような
底知れぬ深さ

ああそうだ
川端康成は 脱法のアール18なんだ

この本を平然と 真昼間の図書館で読んでた 
まみ姉ちゃん
そんなのもう 姉ちゃんじゃない
師匠だ 

図書館にある川端康成 全部読んだら
私もちょっとは 師匠に近づけるかな 
 


出演者情報:清水理沙 アクセント所属:http://aksent.co.jp/blog/

Tagged: , , ,   |  コメントを書く ページトップへ

正樂地 咲 2017年6月3日

「 毎秒400粒 」

     ストーリー 正樂地 咲
       出演 清水理沙

コンビニで 意地でも 
傘は買わない主義
かわりに買った からあげくん 
 
毎秒400粒の
水のしずくが わたしのうえ
躊躇もなしに 降ってくる
しとしと しとしと 降ってくる

へなちょこパーマの髪のうえ
のびたグレーのパーカーのうえ
履き古したスニーカーのうえ
1粒 1粒  降ってくる

ああもしも このしずく
レモン だったらどうだろう

目にはいったら すんげえ痛い
口にはいったら ちょっとすっぱい
濡れたパーカー いいにおい
初めてのキスは レモン味

体育のあとの 女子たちは
エイトフォーのレモンのにおい
手洗い場には レモン石けん
隠れて見てた くりいむれもん

わたし あれから 成長してない
ちっとも なんの 芽もでてない
どれだけ 水をくれたって
ただただ そこが 濡れるだけ

ああ 
毎秒400粒のしずくたち
わたしになんか 降ってる場合か

もしもわたしが しずくなら
あのアイドルの 胸の谷間に 
一直線に迷わずダイブだ

わりと濡れてる からあげくん
最初のいっこ 口にする

おい誰だ 
勝手にレモン しぼったやつは



出演者情報:清水理沙 アクセント所属:http://aksent.co.jp/blog/

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ