直川隆久 2019年9月22日「督促」

督促

         ストーリー 直川隆久
            出演 遠藤守哉

あ、もしもし、田中さんのお宅でしょうか。
川添市立市第2図書館の藤村と申します。

深夜に、申し訳ございません。

用件は、もう、おわかりだと思いますが、
当館よりお借りになられました「括約筋しめるだけダイエット」、
貸出期限を大幅に過ぎております。

7か月と1週間、の超過です。
これで、お電話、10回目となります。

田中さん、ひょっとして、若干、意地になっておられますか。
税金で運営している図書館ごときに、返せ返せと指図されるのは業腹だ、
と、こうお考えでしょうか。
いや、きっと、そう、お考えなのでしょう。
じつは、昨日も、そのようなご意見の方が、おられました。
“なんでリクエストした本が入らないんだ。
 眠たい仕事するな、この税金泥棒“
という貴重なご意見を頂戴しました。

ま、考え方というのは人それぞれです。
市立の図書館の仕事も、対市民のサービス業という側面は確かにございます。

ですが、田中さん。
借りたものは返す。
それは、人としての道義です。
人としての道義に、納税者も公務員も関係ありません。

事ここに至って…
私も、手立てを講じさせていただくことにいたしました。
ついては、
田中さんに「括約筋しめるだけダイエット」を返却いただけるまで、
30分ごとに、こちらにお電話をさせていただきます。

(しばらく間の後)
田中さんねえ。
わたし、もう、我慢しないことにしたんです。

あっちこっちで、堪忍袋の緒を切る音が聞こえるような世の中でしょう。
それで、相手より早く切ったもん勝ちっていう、そういう世の中でしょう。

そんな風潮に流されてはいけない。
そう思って、今日まできました。

でも、わたしは疲れてしまったんです。
だから、もう、我慢しません。

(突如大きな声で)田中!

だれが税金泥棒だ!
おまえが、泥棒、なん、だよ!
借りパクうんこ野郎!

(しばし間の後)

はっはっはっは…

こんなことをしたら、来年の定年を待たずして、クビになるかもしれませんな。
はっはっは…

それでは、次回は30分後の午前1時10分に、お電話いたします。



出演者情報:遠藤守哉(フリー)

 

Tagged: , , ,   |  コメントを書く ページトップへ

正樂地 咲 2019年9月15日「まみ姉ちゃん」

「まみ姉ちゃん」

    ストーリー 正樂地 咲
       出演 清水理沙

ソフトボールの部活の試合が 
雨で流れて
急にやること無くなって
家にいるのも コンビニいるのも
あっという間に 飽きちゃって
ふと閃いたのが 近所の図書館
普段は 大声出しながら
運動場で走りまわって
陽に焼けた私に
不似合いな場所に
今日はなんだか行きたくなった

本を読むのは 好きじゃないけど
本棚の間を悠々と歩くのは 嫌いじゃない

自分の背より高い その間を歩いたら
去年に死んだ じいちゃんと
ひまわり畑を歩いた楽しい記憶と重なった
大量の本の 埃っぽい匂いも 
じいちゃんと似てる

雨で汚れたビーサンを 
引っ掛けて
本棚散歩を続けていたら
目線の先に すごく綺麗な姿勢で
本を読む美女が ひとり
まみ姉ちゃんだ! 

大きな机で ポツンとひとり
長い指で 本のページをめくってる

私は だいぶ嬉しくなって
「まみ姉ちゃん!」と声をかける
すると 何人かの人が本からこちらへ
目線を向ける
まみ姉ちゃんは シーのポーズ

それで今度は
「何 読んでるの?(小声)」
小さな声で尋ねたら
倒して読んでた本を起こして
表紙をそっと見せてくれた

川端康成 眠れる美女

それきり まみ姉ちゃんは私のことなど
すっかり相手にしなかった

家が隣同士で小さい時には
面倒を見てくれた まみ姉ちゃん

私が小1の時 小6で
小学校まで手を繋いで連れてってもらってた
あんなに毎日一緒だったのに

それから1週間たって
今度は部活終わりの夕方 
私はまた図書館にいた

目的はそう 例の本

分厚くはない文庫本
その先に 広がるのは 
あられもない桃色の世界

女の人の肌って 男の人に吸い付くの?
さわれないこともまた 興奮に繋がるの?
意味わかんない

わかんないけど わかるのは
お泊まり会の時
夜中に音を消して こっそり見たアレより 
全然奥深いアレだということ
一回のぞいたら もう二度と
戻ってこれないような
底知れぬ深さ

ああそうだ
川端康成は 脱法のアール18なんだ

この本を平然と 真昼間の図書館で読んでた 
まみ姉ちゃん
そんなのもう 姉ちゃんじゃない
師匠だ 

図書館にある川端康成 全部読んだら
私もちょっとは 師匠に近づけるかな 
 


出演者情報:清水理沙 アクセント所属:http://aksent.co.jp/blog/

Tagged: , , ,   |  コメントを書く ページトップへ

渋谷三紀 2019年9月8日「恐竜図鑑」

「恐竜図鑑」

    ストーリー 渋谷三紀
       出演 清水理沙

4歳になる甥っ子がいる。
健やかに太くと書いて健太。
その名の通りすこぶる健康に育っている。
いわゆる男子が通りがちな道ではあるが、
去年は電車にどハマりしていた。
飯田橋の駅のホームで
総武線と中央線が行き交うところを
鼻の穴を膨らませて見つめていたのに。
そんなのどこ吹く風、今はすっかり恐竜に夢中だ。

おばさんは自分と同じ本好きな子になってほしくて
せっせと絵本を贈ったのだけど、
ページがヨレヨレになるくらい
読みこんでくれているのは恐竜図鑑だけ。
図書館に連れて行っても恐竜の棚へまっしぐらだ。

スピノサウルス、ヴェロキラプトル、リオプレウロドン。
噛んでしまいそうな長いカタカナの名前も
スラスラ読めるしそらでも言える。
天才かもしれないと思ったりもする。
おばばかと言われようが一向に構わない。

そういえば、いつの間にか
恐竜には毛が生えていたことになっているらしい。
頭や背中に鳥のような毛が生えた恐竜のイラストには、
毎度ギョッとする。
恐竜も日々進化しているのだ。

家では、じいじとばあばに買ってもらった
ビニールの恐竜人形で遊ぶ。
女の子のお人形遊びのように、
お姫様とかお家でパーティーみたいな設定や物語はない。
ブラキオサウルスが植物を食べるとか
ティラノサウルスがそれに噛み付くとか
トリケラトプスがさらに頭突きするとか
プテラノドンが空を飛んでいるとか。
ただそれだけを、よく飽きもせず延々続けられるものだ。
だいたいこちらが根をあげてこう叫ぶ。
「いんせきだ〜。ドッカーン」
恐竜たちはバタバタと倒れ「ひょうがき」がやってくる。
それでも終わらせてくれない時は最後の一手。
「ケンタロサウルスが来た〜」
立ち上がった健太が恐竜たちを蹴散らしてやっと終わるのだ。

最近、福井の大学に恐竜学部ができたらしい。
末は恐竜博士かなんておばさんは無責任に夢を見る。
どこかの大学の先生も言っていたけど
恐竜は科学への興味の入り口だから、
そこから違うことに興味を持って研究したって
いいじゃないかと思ったりもする。
お気に入りの恐竜Tシャツに
恐竜柄の水筒を下げて歩く健太にたずねてみた。

「健ちゃん、大きくなったら何になりたい?」
「恐竜!」

そうかそうか。
ただただ健やかに大きくなってくれたらいい。



出演者情報:清水理沙 アクセント所属:http://aksent.co.jp/blog/

Tagged: , , ,   |  コメントを書く ページトップへ

中山佐知子 2019年8月25日「18時20分に出た火は」

18時20分に出た火は

    ストーリー 中山佐知子
       出演 大川泰樹

18時20分に出た火は屋根に広がり
19時53分には高さ96メートルの塔の先端が
炎に呑み込まれて崩れ落ちた。
リラの花咲く春のパリでの出来事だ。
火が出たのは800年の歴史を持つ
ノートルダム大聖堂だった。

20時8分、屋根が焼け落ちた。
20時42分、太陽が沈むと
骨格だけになった屋根が炎にライトアップされ
その全貌をさらした。

消火活動は火事の拡大を阻止することと
文化財の保護に限らざるを得なかった。
たとえば空中消火の手段を使って空から何トンもの水を落とすと
建物全体が崩落しかねないからだ。
消防車の他に消防船も出動し、
建物の強さと水圧を計算しながらセーヌ川の水をかけていた。

火事の火は赤く、ときにはオレンジに輝き
またピンクや紫になった。
炎のありとあらゆる色が集まったかのようだった。
それは爆撃のようでもあり、花火のようにも見えた。

集まって火事を見守る市民の中から最初の歌声が聞こえた。
ボーイソプラノだった。
歌詞からアヴェマリアという言葉が聞き取れた。
そうだ、この大聖堂の名前はノートル・ダム。
その意味は我らが貴婦人という
聖母マリアをあらわす言葉だと気づいた。
歌はやがて大勢のコーラスになった。
指揮をする人とともに歌うコーラス隊もあらわれた。
祈っていた人も泣いていた人も
いっとき歌に加わった。
パリはこうして燃え上がる聖母マリアを見守っていた。

火災発生からおよそ9時間経った午前3時半、
火事はほぼおさまったと発表があった。

中心部の屋根は燃えてしまったが
正面の部分と北の塔は残り
文化財のほとんどが無事と報道された。
燃えた屋根の30メートル下で飼育されていた
18万匹のミツバチも
火事のときはうまく退避したらしく
無事に巣箱に戻った。

あのとき市民がうたった歌のなかで
ひとつだけ聞き覚えがある歌があった。
フランスの修道士が作曲した教会音楽で
聖母マリアを祝福する歌だった。
その歌の最後は
「アーメンアーメン、ハレルヤ」と
いつも通り締めくくられている。

火事が消えた朝、夜明け前から鳥が賑やかに鳴いた。
やがてバラ色の夜明けが来ても
放水はまだ続いていた。
             

出演者情報:大川泰樹(フリー) http://yasuki.seesaa.net/

Tagged: , , ,   |  コメントを書く ページトップへ

直川隆久 2019年8月18日「撃つ」

撃つ

         ストーリー 直川隆久
            出演 遠藤守哉

ええ。
いや、電話かけてこられた理由は、わかってますよ。
次の出稿、どうするかってんでしょ。
いや、まさにねえ、どうしようかなあ、
と思ってるんですよね。
こないだは、ちょっと…注目率がね。
不満だったよね。
あんまり、戦略的に重要な局面じゃなかったし。
しかもさ、けっこう高度の高いとこで、迎撃されちゃったでしょ。
うちの社名ロゴ、しっかり見えなかったよね。
撃ち損だったよね。あれは。
そんなこともあってさ、
次はもっとデジタルに予算割けっていう突き上げがさ、
きつくなっちゃって。
社内説得の材料が、もちょっとないとさあ。

え?なに?
次は、初めての…なに?
陸地?
え、マジ?
初の、陸地?
国境、超えちゃうんだ?
あらー…、それは…。
マジですか。
テレビ中継は?
ある?生?
特番?
えー、マジか。
それは、注目度高いよね。
え、なに?
もう、手、挙がってるとこがある?
一社提供で?
どこよ。
どこ。
教えてよ。
…え。
またまたー。
カマかけてんじゃないの?
いや、だって、おかしいもの。
あそこ、いま、キャンペーンやるような新商品、ないはずだよ?
え。
マジで?
うーん。
…。
そうか。
(独り言)うちも、「オカカちゃん」で、
秋のおにぎりキャンペーンやるんだよな…
あ、ごめん、ごめん、ちょっと考えちゃって。
うん、なに?
もうひとつ初めて?
ほう。何。
あ、一社提供だと、ネーミングライツも、ついてくるんだ。
あ、うちが好きな名前つけていいんだ。
うーん、いや、それ聞くとちょっと…ぐらついちゃうなあ。
でもさ、でもさ。
…あの。
着弾地って、もう決まってるの?どの辺かって。
…。
え、マジ?
なんか、それ、聞いたことあるよ。
イッテQか、ふしぎ発見かで見たと思うけど。
そこは、人、いないわけ?
「統計上は、人口ゼロ地帯」…?
そうなんだ。
あの、それさ、信じていいのね?
だって、後になってさ、人住んでました、っていうことになったら、
炎上ですまないからね。
爆発だからね。
(笑)ほんとですね、じゃないよ。
(笑)お願いしますよ。

昔はうちもさ、花火のスポンサーとかやってたけど、
ま、あれは、その場で見てる人だけのためのものだもんね、基本。
ミサイルはさ、やっぱり日本人みんなの心をひとつにするもんね。
おれもね、それは理解してるんだよ。
いや、マジで(笑)
おたくに、さんざん洗脳されてきたから(笑)
え、そりゃ想像しちゃいますよ。
わが大東亜食品の「オカカちゃん」のロゴをね、
あしらったミサイルが飛んでいく姿。
たまらないねえ。
1社提供なら、ミサイルのどてっぱらに、単独でどーん、でしょ?
「日本の夢を乗せて飛んでいく、オカカちゃん1号!
さあ、感動はもう目の前だ!
たのんだぞ、オカカちゃん1号!
がんばれ、オカカちゃん1号!
オカカちゃん1号、今!
みごとに!
着弾!
着だーーーーん!!
どーーーーーーーーーん!!
秋の行楽のおにぎりに、
ごはんにまぜるだけ『オカカちゃん」をどうぞーーーー!」
…(荒い息遣い)
あー…ごめん、ごめん。
興奮しちゃってつい(笑)。

あー、でもなー。
あんたも知ってるように、新しい部長は、アナログ懐疑派だから。
あんたの顔を立ててあげたいのは、やまやまなんだけどさ。
…うん。
え、なに?
今日、銀座で?
いやあ、今日はちょっとなあ、忙しくて…
いや、うん。
いや、うん。
うん。うん。
うん。
…まあ、そこまで言われちゃあなあ。
7時?に、じゃあ、いつもの寿司兵衛でね。
あ、いい、いい。
私、予約とっときますから。
じゃあ、7時に。
あ、でもね、こういう接待で発注決めるほど、俺、甘くないからね。
「わかってます」って…もう、あんたがしつこいからだよ、ほんと(笑)
はい、じゃ、失礼しまーす。
…あ、ごめん、でさ、帰り、タク券は大丈夫?
あ、はい、了解でーす。



出演者情報:遠藤守哉(フリー)

 

Tagged: , , ,   |  1 Comment ページトップへ

細川美和子 2019年8月11日「花火の火花」

「花火の火花」

    ストーリー 細川美和子
      出演 大川泰樹

江戸時代になり、戦争がなくなり、
使い道がなくなったとき
武器に使われていた火薬は花火に姿を変えた。
不浄なものを払い、
暗闇を照らす火を打ち上げることで、
厄を祓い、死者を悼む、鎮魂の意味をこめて。
そうやって、日本最古の花火大会である
隅田川花火大会が始まった。

やっと平和になったと思ったら
大飢饉と疫病で多数の死者が出て
人々に絶望が広がっていた時代。
倹約を唱えていた徳川吉宗が
両国川で水神祭を開き、慰霊と悪霊退散を祈り、
二十発の花火を贅沢に打ち上げた。

お盆の送り火や迎え火のように
その火は今まで生きてきた人たちと、
これから生きていく人たちの心を
照らしたんだろう。

今でも日本の各地で、
空襲や災害で亡くなってしまった人たちの
霊を悼むために開催されている花火大会がある。

長岡の大空襲で亡くなった人たちの
霊を弔う花火大会を、ビール片手に
打ち上げの真下から見たときには、
音と火花が同時に降りかかってきて、
煙にまみれ、美しいのか恐ろしいのか、
自分がいまどの場所にいるのか、
一瞬わからなくなった。
世界はなんて紙一重なんだろう。

家族や友達と連れ立って、
屋台でりんご飴を買ってもらい、
ワクワクして見上げるはずの花火大会を
子供の頃からどこかいたたまれないような、
物哀しいような気持ちで過ごしていたのは、
そんな由来を感じ取っていたのかもしれない。
花火大会が終わると、町中が緩んだような
ほっとしたような気配に包まれる。

それでも、今年の夏もまた
花火を観にいくんだろう。
終わってくれたことにどこか、
安心するんだろう。

出演者情報:大川泰樹(フリー) http://yasuki.seesaa.net/

Tagged: , , ,   |  コメントを書く ページトップへ
1 / 12812345...102030...最後 »