佐倉康彦 2009年8月20日



同じ窓の下にいたのは
       
                
ストーリー サクラヤスヒコ
出演  片岡サチ        


小雨の中、一時間ほど遅れて
割烹料亭とは名ばかりの、
ただ旧いだけの居酒屋に着いた。
店の一番奥にある座敷の広間、
その手前に置かれた垢抜けない行灯に、
私の通っていた高校の名前を 見つける。
かなり無理をして買った ブランド物のパンプスを、
わざと目立つ場所に置き換える。
地元のどこかのセールで買った
流行遅れの下品なピンヒールや
一度も手入れをしていないであろう
ゴム底の踵が擦り切れた
ビジネスシューズたちの中で、
私のそれだけは別の世界に あるように見えて
少しだけ満足する。

六年ぶりの帰省を考えはじめた夏の走り
唐突に掛かってきた 旧い友人からの電話。
その彼女の声に勧められるがまま、
「そうね、ついでだから」と、
同窓会の出席を、渋々、 承諾する
忙しい都会の女を演じた。
あの頃のクラスメート全員に、
会いたいというわけではない。
逆に、会いたくない人間の方が 多い。
あの頃の私がされたことを
忘れたふりができるほど、
私は諦めがよくはない。
さほど広くない座敷に三十数人ほど、
女の出席者は三割にも満たない。
「田舎でヒマだから 出席率いいんだ」
心の中で、凍るように
ひきつり嘲笑(わら)いながら、
私は、あのひとを探した。

七年前、記憶のいちばん奥の
暗くて硬いところに
塗り込めてしまった
あのひとの顔を探していた。
そんな私を目聡く見つけ
十五年前と変わらない
嬌声(こえ)で 私の名を呼ぶ
件(くだん)の友人。
彼女の声に小さく応え、
隣におずおずと座る。
座が、シラケているわけではないが、
どこか冷たく醒めた匂いが充満した座敷の
上座に 当時の担任教師がいた。
気に入ったコだけを露骨に
依怙贔屓する一方で、
出来ないコに 徹底的して冷淡だった
狐目の体育教師が、
今では、穏やかに温かな笑みを
振りまく好々爺然だ。
そして、 余りに老齢となった
担任の脆い佇まいと
そうなるまでの時間の永さに
今更のようにおののき、
じつは、自分たち自身も、
あの座敷の前に散乱する擦り切れた
靴のごとく 脆く摩滅していることに
気づきはじめているようだった。

会は恙無(つつがな)くお開きとなり、
誰もが覚束ない足取りで、
店の外へと出て行く。
もう、私は「あのひと」を
見つけることができないのかもしれない。
この日の幹事でもある友人は
出席者の忘れ物チェックで座敷に
最後まで残っていた。
その彼女を待って
「二次会、逃げていい?ゴメン…」
そっと呟く私の横で
彼女は俯いたまま、
ゆっくりと顔を上げ遠い目をしながら
独り言のように囁いた。
「七回忌、だよね…」
あまりにも自然に、なんの衒いもなく
彼女の言葉が私の中に染みこんでゆく。

足許にある
かつてのクラスメートたちに
何度も踏みつけられ、
無様な格好で転がる自分のパンプスを、
私は、黙ったまま見つめた。
「これは、私だ」
こんなところにあの頃の私がいた。
「あのひと誰だっけ?」
こちらを盗み見ながらも、
明らかに私に聞こえるように
喋っているのは、
かつて同じクラブで
一緒に絵を描いていた女だった。
「ねえ、あのひと、誰だっけ?」
そう、
私もここでは、「あのひと」なのだ。
きょう、 会うことが適わなかった
「あのひと」のまわりには、
あと数日で、
朱いリコリスの花が、いっぱいに咲く。



出演者情報:片岡サチ 03-5423-5904 シスカンパニー

shoji.jpg  
動画制作:庄司輝秋



Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

一倉宏 2009年7月2日



暗闇をこわがるこどもに聞かせる話

                
ストーリー 一倉宏
出演  片岡サチ


だいじょうぶ。もうすこしここにいてあげるからね。
あと5分。そうしたらもう、あかりを消して寝ようね。

どうしてあかりを消すのか。
うーん、そうだな。夜をつけるために。
このスイッチはね、押すとあかりがついて、昼間みたいに
明るくするスイッチだけど、もういちど押すと暗くなって、
夜をつけるスイッチでもあるんだ。
そう、この部屋を、夜にするスイッチ。

夜は、たいせつだよ。
夜は暗いからきらいっていうけど、
暗くなるのもちゃんと意味があって、たいせつなんだよ。
それはね、まわってるってこと。
時間が、止まってしまわないで、動きつづけてるってこと。
夜が朝になって、昼間になって、夕方になって、夜になる。
ずっと明るい昼間だったら、パパのおしごとも終わらないで、
帰ってこられなくなっちゃうかもしれないな。

おやすみがあって、おはようがあって、
いってらっしゃいがあって、おかえりなさいがあって。
夜になって、目をつぶって、おやすみをしたら、
つぎには、ぜったいに朝がきて、目がさめて、起きるでしょ。
ぜったいそうなるから、みんな安心して眠れるの。
そのじゅんばんはね、たいせつなたいせつなお約束なんだよ。

そうやってくりかえすのは、地球がまわっているからなんだ。
ほら、遊園地に、大きな観覧車があって、ゆっくりゆっくり
まわっているでしょ。地球っていう、この大きな丸い星も、
ゆっくりゆっくりまわって、おひさまの光があたると、
明るい昼間で、影になると暗くなって、夜になるんだ。
まいにちまいにち、じゅんばんに、かわりばんこに。
そう、地球の半分は昼間で、半分は夜なんだ、いつも。

だから、だいじょうぶ。
夜がきて、朝がくるのは、ぜったいまちがえない約束だから。
安心して。大きな大きな、観覧車に乗ったつもりで。
ゆうくんも、えりちゃんも、保育園の先生たちも、
パパもママも、みんないっしょに乗って、まわってるから。
大船のおじいちゃんとおばあちゃんも、横浜の良枝おばさんも、
アメリカにいった礼二おじさんたちも、いっしょに。
それから、中国のパンダも、インドのゾウさんも、
アフリカのキリンやライオンたちも。
いっしょに乗って、ゆっくりゆっくり、まわってるから。

それじゃ、そろそろ、「おやすみ」しようね。
スイッチを押して、夜をつけるからね。

夜をつけて、暗くして、目をつぶって、寝よう。
そうすれば、しぜんに、あしたの朝が、近づいてくるよ。
寝るたびに、ほら、おじいちゃんおばあちゃんたちと
海水浴にいく日も、近づいてくるから。
その向こうには、じゃーん、お誕生日も待ってるから。

さあ、おやすみ。
夜をつけて。
目をとじて。



出演者情報:片岡サチ 03-5423-5904 シスカンパニー

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

佐倉康彦 2008年10月24日



   鏡

                
ストーリー さくらやすひこ
出演 片岡サチ
             
試着室のドアをそっと閉める。
店の女に勧められるままに選んだ
真っ白なマキシ丈の
ワンピースを手にしたまま、
わたしはゆっくり目を閉じる。
姿見とわたしの距離は、
どのくらいだろう。
        
わたしは、
目を閉じたまま
真っ新な服に素早く袖を通す。
そして、
時間が過ぎるのをただ待つ。
わたしがこれまで生きてきた
気の遠くなるようなときに比べれば、
一瞬にも満たない時間。
         
新しい服を纏った自分を
鏡に映して試し替えし
吟味する女を
つかの間、やり過ごす。
わたしの前には
おそらくわたしの背丈よりも
高くて大きな鏡があるはずだ。
その鏡が微かに軋む。
小さな悲鳴のような振動が
目を閉じたままの私の
耳朶(みみたぶ)を震わせる。
閉店間際に飛び込んだ一見の客に
少しだけ苛ついている
店の女のダルな声が、
鏡の悲鳴に重なる。
「いかかですかぁ?」

ドア越しに聞こえる女の声を遮り
わたしはドアを開け、
そっと告げる。
「これ、いただきます」
惚けたようにわたしを見つめる
店の女に
値札の倍の金を払い
さっきまで着ていた服の処理を頼む。
店の入口でわたしを待つ男は、
ウィンドウに映る己の姿を
眺めながら
ひとり悦に浸っている。
          
「知り合いの店に
いいワインが入ったらしいんだよ」

ショウウィンドウに映るのは、
脂下がった男の姿だけ。
男の前ではにかみ俯く
白いワンピース姿の女はいないはずだ。
タクシーで移動の途上、
向かうはずの場所が
「知り合いの店」から
完成したばかりの外資系のホテルへと
すり替わる。
在らぬ方向を見つめたまま
何食わぬ顔で男は行き先を変えた。

飲み過ぎたのか
男は、わたしの足下に仰臥している。
はだけた胸元から
透けるような白い肌が見え隠れする。
男の言う「いいワイン」のせいだろう。

わたしの真っ白なワンピースの胸元には
小さな赤いシミが出来た。
これもきっと
「いいワイン」のせいだ。

わたしの口元から零れて落ちた
その小さな雫が、
わたしの赤い乾きを癒やす。

わたしの強さと弱さは、
抗(あらが)えない掟に従っているから。
男の心が傷付き、
そしてその躯から血が流れれば
わたしの心だって一緒に血を流している。
男の暖かい命で
わたしは生き続ける。

抜かれることのなかったワインは、
テーブルの下に
男と並んで転がっている。

わたしはワインと男を
リビングに残したまま
バスルームに向かう。
そして、
鏡には映らないわたしと対峙する。
誰も映ってはいない鏡を凝視し続ける。

鏡が、
また、小さな悲鳴を上げはじめた。



出演者情報:片岡サチ 03-5423-5904 シスカンパニー

shoji.jpg  動画制作:庄司輝秋


Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

江口順也 2008年4月11日



黒髪の記憶

                      
ストーリー 江口順也
出演  片岡サチ


あなたと、ゆうべ、あんなことになって。

私にしては珍しく、こうして遅くまで朝寝しているのは、
まだ全身が重く、けだるいから。

夢だったり、しないよね?

暗がりのなかで過ごした夜がどこか信じられなくて、
からだのあちこちに尋ねてみる。

両房の胸も、乾いた唇も、あなたと絡めたはずの指からも、返事はない。

まるで一夜の出来事を隠し立てするかのように、
冷たく押し黙っている。

ひとりで考えなさい。何だか、そう突き放されたようだった。

そんなことを思いながら鏡を見ると、
乱れた髪の自分が映る。

あ。

朝の日を受けて、だらしなく光る黒髪だけが、
かけがえのない一晩を記憶していた。

よかった・・・ あなたは確かに、ここにいたんだ。

愛を重ね終え、うち伏せた私の頭を、そっと撫で付けてくれた指使い。
髪が、覚えている。

次はいつ、あんな風に激しく、私の髪をかきやってくれるだろう。

恥ずかしい、私、もう次を期待しているなんて。

あなたの服に焚き染められた香りが、
この部屋に、まだこんなに残っているのに。

乱れているのは、髪よりも、心の方。

めんどくさいですか。こんなふうに待たれるのは。

ほんとはメールしちゃいたい。
ケータイを鳴らして、留守電でもいい。声が聞きたい。

でも今は、平安時代。

女は、待つことしかできないから。
恋しさも、恥ずかしさも、ただ歌にのせて。

黒髪のみだれも知らずうちふせば
まづかきやりし人ぞこひしき

私の名前は、和泉式部。

一千年前の、この国で。

恋をわずらう、ふつうの女。


出演者情報:片岡サチ 03-5423-5904 シスカンパニー

Photo by (c)Tomo.Yun http://www.yunphoto.net

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ