直川隆久 2015年8月9日

1508naokawa
さらだぎらい

      ストーリー 直川隆久
         出演 原金太郎

ほら。特にオシャレでも下品でもないイタリアンの店の
パスタランチなんかで、
ちまっとしたサラダが出るでしょう。
レタスが何枚か、ひらひらっとのせてあって、
出来合いのドレッシングがかけてある。
あと、喫茶店のモーニングなんかでも、
キャベツの千切りと
トマト一切れの上にピンク色のドレッシングがかけてあるやつが、
ちまっと小皿ででてくる。
だいたい冷蔵庫に入れすぎてて、野菜がぐたっとしてて。

ああいうサラダをもさもさ食いながらね、
毎度釈然としない思いをするんですよ。
ほんとにこれ要るのかしらん?ってさ。

「あのちまっとしたサラダがないと飯食った気がしないんだ!」って人
いるかい。いないと思うよ。
別にうまいわけでもなし、別に腹がふくれるわけでもなし、
別に栄養も豊富なわけじゃなし。
ね?店のほうだって、「このサラダで客を呼ぼう」って意気込みが
別にあるわけじゃなしね。もう「別に」だけでできてる食い物ですよ。

近いのはあれだな。
まったく手書きの文字のない年賀状、みたいな感じだよね。
送る方も義務感だけで送ってて、もらう方も嬉しくない、みたいな。
要するに、店の言い訳に−−−−「品数だしてますから」って言い訳に
つきあわされてんだ。数合わせですよ。
客を馬鹿にしてるよ。
誰かがいつかどこかではっきり言わなきゃいけないと思うよ。
サラダ撲滅運動を起こしてくれるNPOがあったら、寄付してもいいよ。
1000円くらい。

まあでもね、俺も大人ですから。
たとえそんなサラダであっても、それでいくばくか経済が回るわけだから、
まぁよしとしようかと。
で考えたわけ。結局形式なんだからさ、
ほんとのサラダである必要ないんじゃないのと。
たとえばさ、サラダの絵を描いた紙をさ、
いや、なんなら「サラダ」って字だけでもいいよ。
ウェイターは持ってきてさ。客はそれ見てさ、
こう、んーーって睨んで、はい、ごちそうさま、つって食べたことにしとくと。で、まあ、お代はいつも通りに払うと。
もう、そういうことでいいんじゃないかね、サラダについてはね。
そっちのがエコでしょ。エコ。

ていうね、こういう話をいつも楽屋で若い連中にするんですけどね。
きょとんとされて終わりだね。
どうでもいいことでウダウダ言いやがって爺ぃ、って顔してるね。
あんたらもわからないでしょ。…どこの中学の新聞部だって?
ああ〜…いや、知らない。
こんな話で記事になるかい。
なんねえよね。はははは。

おや、出囃子が鳴っちゃったよ。
この話になるとつい夢中になっちまうんだよな。
おい、ちょいと。ネタ帳見しておくれ…ん。
ま、いいや。どうせ客は俺の後の真打目当てなんだから。

数合わせ、数合わせ。
はい、じゃ、行ってまいります。



出演者情報:原金太郎 03-3460-5858 ダックスープ所属


 

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

安藤隆 2013年6月2日




ドロドロドロンかよ

     ストーリー 安藤隆
        出演 原金太郎

 炭の煙がけむたいという話になったとき、
「煙が目にしみる」という歌が頭に浮かんで、
離れなくなった。
 煙が目にしみるって、煙突から煙が出てい
る風景をいつも思い浮かべていた。スモッグ
に覆われた街の空が、心の曇った風景と重な
って涙がでる、とかいうことかなと思ってい
た。歌詞はどうなってるんだろう。そしたら
手伝いの桜ちゃんが調べてくれた。スマート
フォンで。煙突じゃなかった。
 一番では「気持ちが燃えあがったその煙で
目がかすんでるだけさと、人は言う」
 二番では「燃えつきちまった恋の炎の煙が
目にしみるのさと、おいらは言う」
 恋の煙というわけだった。な〜んだ。
「柴田さんねえ、プラターズだもん、恋の煙
だよ」カウンターの向こうから、鳥平親父が
言っている。
「恋の煙ってなんだよ。恋は炎まででしょう。
恋と煙は結びつかないよ。ねえ中日さん」
「大将に一票だね」プロ野球スカウトの中田
さんが、にやにやしながら答えた。「とうぜ
ん恋と結びつくよ。プラターズだもん」
「恋の煙だと思った」桜ちゃんまで言う。
「返事おそいすね。あらんドロン! で決ま
りすよね」若手の滑田くんがぼそっと口にだ
した。きょうは先日の提案の結果がでるはず
で、いくらか楽観しながら、連絡を待ってい
た。
「どうせ目にしみるなら、備長炭の煙がいい
わ」滑田くんには答えないで、もともとの炭
の話にもどした。
「備長炭は、あんまり煙でないんだよ。ね大
将」中田さんが言う。
「そんなら鳥平は備長炭じゃないんだ、煙も
うもうで」とわたし。
「うちは備長炭使ってるなんて、一言も言っ
てないもん。あんなの、ニセモンばっかり」
鳥平親父が言った。
「このごろ無煙ロースターの焼き鳥屋、あり
ますよね」滑田くんが横入りする。
「多いよ」と鳥平親父。
「地元の駅前にできた焼き鳥屋、無煙ロース
ターでした。おいしかったすよ」と無煙ロー
スターなど持ちだして、話に水をさす滑田く
ん。
「煙がでないなんて、焼き鳥屋の風上にもお
けないなあ」いつも微妙に軽視されている若
手に微妙に反発する。
「だからあ、備長炭も煙はでないんだって」
と中田さん。桜ちゃんがくすっと笑った。
「なんだよビンチョウタンって。ビチョウタ
ンでいいじゃねえかよ」みんなグルのような
気がした。
「ことし中日だめだねえ」
 鳥平親父が中田さんに言っている。
「今シーズンは、負けりゃいいんです。負け
て総取っ替えすりゃ。地元選手ばっかりとっ
てるから、こういうことになる」
「テレビでみたけどベンチが暗いやね。あれ
じゃ勝てっこない。わるいけど」
 滑田くんが、携帯でなにか話しはじめた。
話しながら席を立って店の外に出る。でもぜ
んぜん別の電話かもしれないし。
「桜ちゃんは大学何年?」とわたし助平なこ
と聞いている。滑田くんが店内に戻ってきた。
「ちょっと会社もどります」鳥平親父に言う。
「どうしたの」とわたし。
「ドロドロドロンみたいっす」
 後ろも見ずに煙の向こうへヒューと消えた。
「おれも、もどるわ」わたしは言った。なに
しろドロドロドロンじゃたいへんだ。


出演者情報:原金太郎 03-3460-5858 ダックスープ所属

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

原金太郎から「ひと言」


ごく最近読んで面白かった、
いとうせいこうさんの「想像ラジオ」風に

グッドイブニン or グッドモーニン
and ハウアーユー アイムファイン サンキュー!
東京ーコピーライターズーストリートー!
ハーイ、DJ金太郎でーす!
今回は安藤隆ストーリーの「ドロドロドロンかよ」
読ませてもらったよー。まずはお聴きください。

http://www.01-radio.com/tcs/archives/24817

いかがでしたか、僕の声の調子は?
特にさくらちゃんの声は?

この東京コピーライターズストリート、
いつもはリスナーとして聴かせてもらってる
大好きな番組なんだよね。
ありがたいことに、2回目の出演させてもらったんだよね。

リスナーの皆さんのおハガキ、メール、FAX、お電話で、
どんどんリクエストもらえたら、またまたDJ金太郎の
登場もあると思うよ。頼んだよー!
じゃ、その日まで、グッバーイ!!

原金太郎
Twitter:https://twitter.com/kintarouhara
ダックスープ:http://ducksoup.jp/prof/man/ha/hara.htm

Tagged: ,   |  コメントを書く ページトップへ

原金さん登場(収録記 2011.04.28-1)


原金太郎さんという人はCMに顔を出しているのを見ると
必ずといっていいほど目立っている。
一瞬しか登場しなくても目立っている。
本体ではなく写真だけの登場でもよく目立っている。
下手すると主役の印象よりも強く目立っている。

原金太郎さんは原稿を読んでもらうとある種の悲哀をかもし出す。
これはおそらく本人の意図しないところだと思うが
私はそれがたいへん好きだ。

そうして、今回読んでもらったのは大曲康之さんの原稿
原金さんは家でこの原稿を読んで泣いたそうだ。

あっ、ついに「原金」と書いてしまった。
私のみならず、原金さんのまわりの人は
かわいらしい奥さんも含め、原金太郎さんのことを
「原金」と呼んでいる(なかやま)

Tagged: ,   |  コメントを書く ページトップへ

大曲康之 2012年5月3日


昭和24年のある夜

         ストーリー 大曲康之
            出演 原金太郎


昭和24年のある夜、

国鉄鹿児島本線を走る普通列車のデッキの所に、
若い夫婦が立っていました。

若い母親は、赤ちゃんを抱いていました。
二人に初めて出来た赤ちゃんです。

夫は、つらい戦争から帰って来て、
なんとか日本国有鉄道に仮採用されたという立場でした。

炭水掛りといって、
蒸気機関車に石炭や水を補給する仕事です。

妻は、戦時中もずっと銀行の窓口に座っていました。


実は、母親にしっかり抱かれている赤ちゃんには、
すでに命はなかったのです。


「恵子」と名付けられたその赤ちゃんには、
生まれて一ヶ月で重い心臓病が見つかり、

「生きても3ヶ月くらいでしょう。」と、
お医者さんに言われました。

母親は、病院にいくつも行きましたが、
どの病院でも診断は同じでした。


もはや、神仏にすがるほかありません。
祈祷師さんに、お祓いもしてもらいました。

もはや母親は、精神錯乱みたいな状態です。


でも、残念ながら、お医者さんの診断は、
間違っていませんでした。


二人は、雑餉隈(ざっしょのくま)という街の
国鉄のアパートに住んでいました。

でも、そこでお葬式をする気には、
どうしてもなれませんでした。

夫の故郷は、
佐賀県の三養基(みやき)郡というところにあります。
二人は、どうしても、そこでお葬式をしたかった。

今と違って、クルマとか誰も持っていません。
列車で故郷に帰るしか、方法はなかったのです。

でも、国鉄では法律で死体を運ぶことを禁じています。
国鉄に採用されたばかりの人間が、
国鉄法を犯さなきゃいけない。

二人は、だから、周りに悟られないように、
デッキにずっと立っていたのです。


母親は、すべてを自分のせいにして、
ずっと自分を責め続けました。

その夜以来、
自分が好きなものを二つ断ちました。

お茶と、牛肉です。


そののち、2人の男の子が生まれました。
下の子が、僕ですが。

僕は、家で母親がお茶を飲むのを見たことがありません。
ご飯を食べた後も、自分だけは白湯を飲んでいました。

茶ソバも茶煎餅も、とにかくお茶の味のするものは、
すべて拒否していました。
お茶が隠し味になってたお菓子を、
口から吐き出したこともあります。


まあ、貧しかったので、
牛肉の方は、家で出て来なくても
何の疑問も感じませんでしたが。


「下の子たちだけは、せめて無事に生きて行きますように。」
という願掛けは、母親が86才になった今も続いてます。


彼女は、「美しく蒼きドナウ」という曲が大好きで、

「ヨーロッパに一回行ってみたい。」

とつぶやいていたので、
70才くらいの時に夫婦で連れていったのですが。

「パッケージツアーやから、
牛肉食べんとか言えんやろ。
もう、子供がどうなろうとお母さんの責任じゃないから、
解禁しなさい。」

と言って、なんとか食べさせました。

でも、旅行から帰って来たら、
お茶断ちと牛肉断ちを再開して、
いまだにやってます。


出演者情報:原金太郎 03-3460-5858 ダックスープ所属


 

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ