ストーリー

一倉宏 2006年12月8日



ぐるっとまわって ~マフラーのうた~     
                 

ストーリー 一倉宏                    
出演 坂本真綾

<マフラー>は
<ありがとう>ということばに似ている
光も息も白い12月の朝
極太の毛糸の手編みのように くすぐったい<ありがとう>
ふんわりとカシミアのように やさしい<ありがとう>
<ありがとう>のあたたかさを 嫌いなひとはいない
だから <マフラー>は
<ありがとう>ということばに似ている 

<ありがとう>ということばは
<アリゲーター>に似ている
たとえば多摩川の河原を散歩して
ばったり出会ったら 足がすくんでしまう<アリゲーター>
ばっちり目が合ったら 心臓が止まりそうな<アリゲーター>
<アリゲーター>に会って <ありがとう>というひとはいない
だけどやっぱり <ありがとう>ということばは
<アリゲーター>に似ている

<アリゲーター>は
<夏の日の恋>に似ている
アラビア半島で戦争がはじまったあの年
激しい陽射しの下の 瞳が私を虜にした<夏の日の恋>
すっかり忘れているのに 突然ちくりと思い出す<夏の日の恋>
<夏の日の恋>は かすかな痛みとして刻まれる
だから <アリゲーター>は
<夏の日の恋>に似ている

<夏の日の恋>は
<友だちに貸した本>に似ている
高校時代 毎日のように会っていた親友に
私が好きで 彼女も好きになってほしかった<友だちに貸した本>
いつまでもと願ったから 約束はしなかった<友だちに貸した本>
<友だちに貸した本>は ほとんど 永遠に帰らない
だから <夏の日の恋>は
<友だちに貸した本>に似ている

<友だちに貸した本>は
<セッケンの匂い>に似ている
朝起きて 働いて 家に帰る毎日
わるい時もあるけど いい時もある<セッケンの匂い>
ぶつぶつ文句いうより さっぱり洗い流したい<セッケンの匂い>
<セッケンの匂い>は 誰かを恨む気持ちにさせない
だから <友だちに貸した本>は
<セッケンの匂い>に似ている

ぐるっとまわって
<セッケンの匂い>は
<マフラー>に似ている
母親から 友だちから 恋人からもらった
私をいつも取り巻いて ほっとさせてくれる<マフラー>
なのに うっかり涙を落としてしまうこともある<マフラー>
<マフラー>は ときどき 目頭まで熱くする
だから <セッケンの匂い>は
<マフラー>に似ている
<マフラー>は <ありがとう>のことばに似ている

*出演者情報 坂本真綾 http://www.jvcmusic.co.jp/maaya/

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

上田浩和 2006年12月1日



ウール     

                      
ストーリー 上田浩和
出演 清水理沙

ある街のはずれの病院で、
男の子が産まれました。 

その男の子は両腕が不自由だったので
不憫に思った両親は、
特別なマフラーをプレゼントしました。
えんじ色の長いマフラー。
何が特別かと言うと、
それにはお母さんの右腕の神経とお父さんの
左腕の神経が縫いこんであるのです。

それを首の周りにくるっと巻き、
両端を肩からさげてやると、
マフラーは男の子の腕になり、
先端のひらひらのフリンジは指になりました。

ウールと名付けられた男の子の、
そのマフラーの手は大きな栄誉をつかみました。
物心ついたときからはじめたピアノは、
ウール100パーセントのタッチと賞賛され、
若き天才ピアニストとして世界にその名を轟かせるまでになったのです。

恋もしました。
相手は、ある国のコンサートホールの売店で働く
カシミヤという名の女の子。
その恋にウールは作戦を練りに練りました。
カシミヤの手をとり、なんて素敵な手なんだと大袈裟になでまわしながら、
その小指の爪に、自分のマフラーをひっかける。
そのあとじゃあねと言って別れ、
ふたりがお互いの家に着くころには、
ウールのマフラーの手はほどけ、毛糸が一本かろうじて残っている。
あとは彼女に電話するだけ。
「ぼくと君は赤い糸でつながっているみたいだ」
「赤ではなくてえんじ色なんですけど」
「それは深い赤色だよ。深い愛ということさ」
そしてふたりは、毛糸の指輪を交換し、結婚しました。

ウールはまさに人生でもっとも輝くときを迎えようとしていました。
しかし、不幸とはこういう幸せの絶頂期にしばしば訪れるものです。
それはこのウールとカシミヤの場合にもあてはまります。

ある晩、やかんがピーっとなりました。
子供の頃からの約束でウールは火に近づくことを禁じられていましたが、
ちょうどそのときカシミヤはウールの腕の毛玉とりに夢中でした。
仕方なく伸ばしたウールの左腕は、またたくまに灰になってしまいました。

奇跡のマフラーピアニスト、絶頂期の左腕焼失!

それから何年かたって......
スポットライトのなか、ステージの上に現れたウールは、
観客にむかって高々と左手のマフラーをあげました。
ウールの見つめるその先にいるのは、カシミヤでした。
ウールの左腕には、カシミヤの左腕の神経が縫い付けてあるのです。

ウールの演奏は、以前よりもあたたかく見事なものでした。
それもそのはずです。
ウール50パーセントカシミヤ50パーセントの音色なのですから。

*出演者情報:清水理沙

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

中山佐知子 2006年11月24日



置き忘れていった                    
                           
                   
ストーリー 中山佐知子                      
出演 大川泰樹

置き忘れていった小さな腕時計を
僕はときどき取り出して触る。
もしかしたら、
わざと置き去りにされたのかもしれないと考えてもみる。

その持ち主の手首の細さをもう覚えてはいないが
腕時計をはずすときの指のカタチがぼんやり記憶にある。
結局僕は
針を合わせたりネジを巻くその指が好きだったのか
それともこの小さなかわいそうな腕時計が好きだったのか
いまだにわからないでいる。

このところ気温が下がりはじめ
文字盤のガラスがときどき曇る。
僕の時計も一緒に曇って
針のありかがよく見えなくなってしまうので
縁側の先まで霧が押し寄せている朝などは
世間からも、時間からも、
ひどく遠ざかったところに漂っている気持ちになる。
僕は本当にそんな場所に、ひとりいるのかもしれない。
君の時計だって
そんな寂しいところでじっと耐えているんだよ。

たまに空に向かって呼びかける相手の、
どちらの手首にこの腕時計が巻かれていたのかさえ、
もう思い出すことがなくなっているのに
その人が、わざと時計をしたまま水槽の水を替えたり、
焚火の栗を突ついたりしていたのは
どういうわけか覚えている。
小さな時計はいつも喪に服したようにひっそりと悲しんでいた。
そして、とうとう置き去りにされてしまったんだ。

ある昼下がり、
長く伸びた日差しを浴びているヤブコウジの赤い実を見つけたとき
この季節に生きた色を持たないものは
すべて眠ってしまえばいいと思った。
落葉樹が葉を落とし、樹液の水路を閉ざして眠るように
トカゲが土の中で目を閉じるように
時計も動きを止めてやれば目と心が閉じるだろう。
心が閉じれば寂しくも悲しくもないだろう。

僕は小さな時計を洗ったばかりのハンカチにつつんで
小机の引出しにいれたまま
3日ほど様子を見ることもしなかった。
うっかり手に取るとネジを巻いてしまうので
引出しを開けることもしなかった。

4日めの朝、寝静まった巣箱を覗きこむように
そっとハンカチを広げたとき
小さな時計はまだかろうじて息をしていた。
1秒の3倍ほどかかって
秒針をひとつ進めるのが精一杯だったけれど
時計は目も心も閉じようとはしていなかった。

悪かったね
僕はもう一度小さな腕時計のネジを巻いた。
冬が来ても時計と人に楽園の眠りはやって来ないが
ヒリヒリと痛がる心がやがて赤い実をつけるかもしれない。

出演者情報:大川泰樹 03-3478-3780 MMP

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

山本高史 2006年11月



二日酔いで考えたアホな話     

                      
ストーリー 山本高史
出演 山本高史

あのねよくあるでしょう、
クルマの横っ腹に会社や店の名前を、
左右とも進行方向から書いてあるクルマ。
例えばホワイトクリーニングゆう名前やったら、
反対側は、つまり運転席側ですけどね、グンニーリクトイワホってなってる。
わけわからへんやん!左から書かなあかんやん!
なんでなんでしょうね、クルマを前に進ませるぞーーっちゅう意欲か?
なんちゅうか、ああいう左右対称って、飛行機の翼感覚??
まあそれはいいんですけど、このあいだ街歩いてたら、
なんの会社か知らんけど森田(株)、森に田んぼの田ね、で後株、
そうゆうバンが停まってて反対側見たら、やっぱり翼感覚。マッハ2。
つまり(株)田森。
そういうたらタレントのタモリももともとそういうことやんか、
本名森田や!と思い出して、
なんとなくそれからなんでもひっくり返してみるクセがついたんですよ。

例えばですよー、基本からね、まず。
カレーライス。ライスカレー。
まあ変化なしですね、ライスカレーのほうが若干昭和かなあゆう感じくらいで。
でつぎ、カレーパン。パンカレー。
これはえらい違いや。具がパンやもん。
ビーフカレー、ポークカレー、パンカレー。
ぼくはいりません。
そんで、オムライス。ライスオム。
メンズの、ライスやね。大盛り、ゆうことかいな、わけわからへん。
ついでに、アメリカのライス長官は、長官ライス。
ごはんの上になにのってんねん!?カツか?テロに勝つ、ゆうて。
それに濃いめのソース。胸焼けるくらいのやつ。
アイスコーヒー。コーヒーアイス。
飲むもんが食べるもんになりました。
味の素。素の味。真逆やがな。味の素、自己否定。
少年ジャンプ。ジャンプ少年。
跳ねるんでしょうねー、近所で評判立つくらい。
あー、ジャンプ少年やったら角のお寿司屋さんのボクですよ、みたいな。
クロマグロ。マグロクロ。音的にまっくろけ。まっくろくろ。
シャンプー&リンス。リンス&シャンプー。
おねーさん、逆!逆!順番まちがえてますよー。
そんで、おとめ座。ザ・おとめ。誰やねん?ざ・おとめ。
かわいいんやったら紹介して!
しかも正しくはジ、やし。じ・おとめ、やし。
予防注射。注射予防。
せんせー、よしだくん注射してませんよー。
めっちゃディフェンスしてますよー。
砂時計。時計砂。ちっちゃ!3時も4時もわからへん。
掛け時計。時計掛け。もう時計ですらありません。
フックや。壁の上のほうについてる。くるんと巻いたやつ。

あほなこと考えすぎたなーおもしろいやんかこれ、
それはそうとして、いまなん時や?
時計砂はあかんで、こういうときは腕時計。
・・・腕時計。時計腕。
わーこれいやや、針はえてるんですよ、2本、ないし3本、
体洗うとき触ってしまってなん時かわからへんようになって
焦りそうな気がするし、だいいち防水かどうかわからへんし、
わーふっとい毛ぇはえてるとか絶対言われるし、
いややほんまいやです時計腕。

VOICE:山本高史 (株)コトバ

*「二日酔いで考えたアホな話」は放送局の判断で放送中止になり
 番組ブログのみで紹介しています。

Tagged: ,   |  コメントを書く ページトップへ

小野田隆雄 2006年11月17日



春に見た夢
         
ストーリー 小野田隆雄
出演 坂本美雨

 
二階のガラス窓に青い空が映っていました。
たたみの上に横になると、フリージアの香
りがしました。白いフリージアが竹製の花び
んにいけられ、柱につるされていました。眼
をとじていると、たたみのひんやりした感触
がここちよく、中学一年生になったばかりの
私は、いつのまにかねむってしまいました。

 長い戦争が終った夏の終り、郵便屋さんが
兄の戦死を知らせる手紙を持ってきました。
「いま頃になって。もう戦争は終ったのに」
と、母が言いました。
「兄さん、かわいそう」
 と、姉が言いました。
 姉は、時間のかかる、治りにくい病気にか
かっていて、寝たり起きたりの日々をすごし
ていました。
「山に行こうか」
 と、姉が私に言いました。
 それは家の裏にある、山というよりも、だ
んだん畑の続く低い丘でした。だんだん畑の
みかんの茂みの間を登って行きますと、頂上
はやや広い草原になっています。
 そこに腰をおろして南を見ると、ずっと遠
くに海が見えるのでした。
「あの海は太平洋よ。兄さんはあの海のもっ
と南で死んだのよ」
 と、姉が言いました。
「海に行ってみたいな」
 私はつぶやきました。兄の死は、幼い私に
とって無関心なことだったのです。
「もっと大きくなったら行くといいわ。あの
道をバスに乗って」
 見おろすと、八月の稲田が湖の底のように
深い緑色に広がり、その間を白い道がひと筋、
くねくねと海に向って続いていました。
 海の、岬のあるあたりに、細く白く、腕時
計の針のように、燈台が見えていました。

「海に行ってみたいわ」
 その少女が言いました。
 姉ではなくて、見知らぬ少女が私の隣にい
ました。長いまつ毛をした少女でした。
 コチコチ、コチコチ。私は私の心臓の音が
時を刻むのを聞きました。時間がゆっくり過
ぎますように・・・・・
 けれど、少女は、突然にうつむいて苦しそ
うにせきこみました。背中をさすってあげよ
うと、私が手をのばしたとき、甘い薬品の香
りがしました。
 少女は立ちあがり、走り始めました。口も
とを手で押えて。そして、白いワンピースの
後姿が、蝶が舞うように、みかん畑の中に消
えました。

 眼をあけると、二階のガラス窓に黒い雲が
映っていました。湿った風が吹き始め、フリ
ージアの香りが、優しい麻薬のように部屋を
つつんでいました。

出演者情報:坂本美雨http://www.miuskmt.com/

 *ナレーターの所属事務所のご都合で
  音声をお聴かせすることができません。

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

一倉宏 2006年11月10日



1時を過ぎてもう1軒      

                  
ストーリー 一倉宏
出演 マギー

「女は、別れた男の数だけ腕時計を持っている」
 そういう説がある。
 この卓抜な警句をつくったのは、ぼくのともだちだ。

「女はね、別れた男の数だけ腕時計を持ってる」
あの夜、失恋したともだちが繰り返し言うので、
そのたびに納得してやった。

もうそうとう酔ってるな。
傷が深いのは、わかるけど。

「ある日突然、見たことない時計をしてきた彼女に、
 切り出されたわけですよ。
 突然よ! それでさ、わかる? 
 その時計をちらちらっとさ、気にしながら
 じゃ、私行くから、ごめんね。
 だって。つくしょーっ。

 おれがプレゼントした時計がいちばんのお気に入りって。
 いつもいつもその時計をしていたのにねーっ。
 みごとだよ。おみごとっ。」

こういう夜だから。
女性全般をワルモノと言うのもしかたない。
「そうだそうだ、女はそうよ」と相槌を打ちながら、
テーブルの下の携帯で、
「かなり荒れてます。遅くなります」
のメールも打ったりしてた。

ともだちが失恋して、なぐさめるなら、
その夜は、腕時計を見るべきではない。
僕もまた、もう何杯目かのウイスキーを飲みながら、
「だからさ。いい女はいっぱいいるよ。
見返してやれ。おいっ」と言った。

僕も彼女に時計を贈ったことはある。
そんなに高いのじゃないけど。
僕が彼女に時計を贈られたことはない。
なぜなら、
つまり僕は時計が好きで、
欲しかったのはもちろん機械式で、
かなり値の張るものだから。

「いいんだよ。
僕の時計は自分で買うから、お金貯めて」と言ってた。
去年のクリスマスの、数日前のことだった。
売り場で見て来たらしくて
「ほんとに高いんだね」と、泣きだしそうな顔で言った。

うん。
その泣きべそだけで、
僕はもう、おなかいっぱいに、じゅうぶんだから。

*出演者情報 マギー  03-5423-5904 シスカンパニー所属

音楽:ツネオムービープロジェクトhttp://tsuneo.cart.fc2.com/

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ