アーカイブ

麻生哲朗 2007年3月9日



桜のアパート

         
ストーリー 麻生哲朗
出演    マギー

いくつか見せてもらった部屋の中から
一番古くて、一番手狭だったこのアパートを選んだのは
窓の外を眺めていた僕に、不動産屋がつまらなそうに言ったからだ。
「あぁそれですか?桜の木ですよ」
夏の終わりの、蒸し暑い日だった。
僕にはしわくちゃのまま固められたようにしか見えなかった、
二階の部屋の、窓のすぐ外に見える、たった一本の細い木は、
まだ若い、桜の木らしかった。

会社の同僚たちが、遅い引っ越し祝いにかこつけて、大挙して訪れ
缶ビールを空けながら
「もうちょっといいとこがあったろう」とか
「どうも畳がしめっぽいよ」とか、好き勝手に盛り上がる中で
ひとつ年下の、少し前に長かった髪をバサリと切った
今まであまり話しをしたことのなかった女の子が、
窓の外を眺めてぽつりと言った。
「あれ、桜の木ですよね」

それからしばらく、夏が過ぎて、冬が来ても、
僕とその彼女は普通の同僚だった。
「あの桜がそろそろ咲くよ」
会社の中ですれ違った時の
それが僕なりのせいいっぱいの一言だったけれど
彼女がその言葉を待っていたのかどうかは、よくわからなかった。

そのアパートでの始めての春に
窓の外の、一本だけの桜は確かに咲いて
彼女は、4月最初の休日に、ケーキを手に、僕の部屋へやってきた。
僕たちの付き合いは、静かに始まった。

それから何度か、僕たちは桜の季節を一緒に過ごし
満開の時も、葉桜も、ふたりでそれを窓から眺めた。

桜の季節には、桜の話しをして
桜の咲かない季節には、それ以外の話しをした。

僕たちは普通の恋人同士で
僕たちの間にも普通の恋人同士のように、普通に色々なことがあった。

2年前、僕は窓の桜を、思えば初めて、一人で眺めた。
僕たちの付き合いは、終わり方もまた、静かだった気がする。

去年、やっぱり僕は窓の桜を一人で眺めていて
その桜がすっかり散った頃、
彼女が、故郷の誰かと結婚したという話を、人づてに聞いた。

夕方、ガムテープがなくなって買い物に出ると
まだ風は冷たく、春と呼ぶには少し早かったけれど
あと3週間も経てば、また桜は咲き始める。

ひと月前に新しく決めた部屋の窓から、桜の木は見えない。
代わりに、東京タワーの先っぽだけが、雑居ビルの隙間からのぞいている。

荷造りはほとんど終わった。
荷物は思ったより少なかった。
後は明日の朝、業者のトラックが来るのを待つだけだ。
最後にカーテンを外して段ボールに入れた。
むき出しになった窓の外には、あの頃より少し立派になった
まだ咲かない桜の木があって
その、別に毎年、春など待ってはいなかったような素っ気ない姿に、
僕はなんとなく、小さく会釈をした。

*出演者情報:マギー 03-5423-5904 シスカンパニー所属

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

小野田隆雄 2007年3月2日



さくらづくし

            
ストーリー 小野田隆雄
出演  久世星佳        

サクラという、美しい男性のママの店を出
ると、新宿三丁目の夜は雨だった。桜雨と言
うのだろうか、柔かく絶えまなく降ってくる。
 二~三分小走りに歩き、堀田という小料理
屋に飛び込んだ。ここの美しい女性のおかみ
は、千葉県佐倉市の出身である。佐倉は江戸
時代、堀田家の城下町だった。おかみの名前
は、うららという。
♪「桜の花の咲く頃は、
  うららうらら、みなうららー
  のうららです」(歌詞の部分はうたう)
と、自己紹介してくれたのは、三年前、初め
て行った時である。
「あらあら、ずいぶん濡れちゃって。はい、
 タオル、髪ふいたほうがいいわ」
 私は鹿児島の女子高校を出て上京し、大学
卒業後、神保町の小さな出版社に入った。も
うかれこれ二十年近く働いている。みごとに
うば桜になってしまった。
「これ、おいしく煮えたわよ」
 おかみがそう言って、タコの桜煮を出して
くれた。
「ところで今夜はひとり?葉桜君は?」
 葉桜君は、私と同い年の、まあ恋人である。
なんだかぼーっとしていて、およそ花が無い
ので、いつのまにか、そう呼ばれている。鹿
児島で市内の高校の、文芸部のサークルで知
りあった。なんだか、明治の書生が生き残っ
たような男で、ぬけているが、ひたむきなと
ころが気に入った。いまは、売れないシナリ
オライターをやっている。
 今夜は、サクラで落ち合って、堀田で桜鯛
を食べる約束だったが、二時間待ってもサク
ラに姿を現さなかった。携帯は持たない男で
ある。
「どうしたのかねえ」と、おかみ。
「いいんだ。会えなくても」と、私。
 でも、そう言ったとたん、急に体が寒くな
った。花冷えというのだろうか。クシャミと
一緒に涙も出た。
「大丈夫?あったかい桜粥でも作ろうか」
 おかみのやさしさが、しみてくる。今夜は、
ほかにお客もいない。でも、私は言った。
「もう、さくらはいいよ。ほんとが欲しいよ。
私、帰る」私は、すねていた。
 とまり木から腰をあげたとたん、ドアがけ
たたましくあく音がした。葉桜君が入ってき
た。
「すまん、すまん。
コタツで居眠りしとったもんで」
 きみとの関係、
 サクラチルにしようかなあ。

*出演者情報 久世星佳  03-5423-5904 シスカンパニー所属

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

中山佐知子 2007年2月23日



しょくらあと/心と言葉 

                   
ストーリー 中山佐知子
出演 大川泰樹

               
いまごろ女は石段を数えながら上っているだろう。
注意深く足音を忍んではいるが
こんなに乾いた冬の日はどうしても下駄の音が高くひびいて
ああ、今日も大和路さんが出島に呼ばれていくのだと
あたりの家では噂をするだろう。

丸山の筑後屋が抱える遊女大和路。それが女の名前だった。
もちろん仮の名で本名は知らない。
女は生まれた土地の話もせず、両親の家も語らず
無理に尋ねようとすると
口だけでなく耳も目も閉ざしたようになってしまう。
馴染みをどれほど重ねても
女の心の入り口を探り当てることができなかったので
もう、心も言葉もこの女にはないのだと思うことにした。

心がない女の躰は従順だった。
その冷えた指をあたためようと私の躰のあちこちに置いてみたり
雪原のように凍った胸に手を差し入れてみても何の抵抗も示さず
そのかわり温もりもなかった。
その冷たさはひとり寝の夜にたびたび夢に出ることがあって
目が覚めると使いを出してまた女を呼び
ゆうべ夢の中であれほど踏み荒らした雪原が
再び冷たい静寂にもどっているのを確かめずにはいられなかった。

こうして冬が過ぎようとしていたある日
出航の予定が突然決まった。
私は思いがけず狼狽した。
女は私との日々の痕跡を留めず、他の客に寄り添うだろう。
私がさがせなかった女の心を他の男がさぐり当てることもあるだろう。
凍りついた女の肌を溶かすのはもう私ではなく見知らぬ男だろう。
別れた後の女を想像すると胸が焦げる思いがした。

私は女の従順さに満足していたので
躰がそばにあるときは心を望もうとせず
躰が離れるときになってはじめて女の心が欲しいと思ったのだ。

私は女を呼んでチョコレートを与えた。
 これは「しょくらあと」です。
 「しょくらあと」は誰かの心が欲しいときの贈り物です。
女は長い間じっとうつむいていたけれど
受け取らなかった。
無理に渡そうとすると、全身を固くして拒否の姿勢を示した。
私は言葉を変えた。
 「しょくらあと」は
 私の心をあげたいときの贈り物です。
 
すると女は同じ姿勢のままぽたんと涙を床に落とした。
私は女の心が少しだけ動いたと思い
そのわずかな心のしずくに自分が溶けていく感覚を覚えた。

そうして、日本には
1797年に長崎の丸山の遊女が
チョコレートをもらった記録が残っている。

出演者情報:大川泰樹 03-3478-3780 MMP

 *動画が出来ておらず、すみません。

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

一倉宏 2007年2月16日



チョコレートには遅すぎる
                  

ストーリー 一倉宏                     
出演 森田成一

2月に入ったある日、彼女が、
「ねえ、どんなチョコレートが欲しい?」と聞くので、

「そうだな、32口径のオートマチックで、
 サイレンサーが付いてるやつ」と、答えた俺。

「また、わけのわかんないこと言って。なに、それ!」と、
彼女は、どんな性能のよいポットよりも早く、一瞬で湯気を立てた。

「ハードボイルド好きの俺様にチョコレートは似合わないのさ」
と、言いたいところだけど、それでは彼女を傷つけすぎる。
男は、優しくなければ生きていく資格がない、のは、言うまでもない。
だから、本当のような嘘のような、こんな話をした。

「むかし、近所のお菓子屋に、ピストルのカタチをした
 チョコレートが入荷したんだ。めったに出ないしろものさ。
 どんなにそのチョコレートが欲しかったことか。
 男の子たちは、みんな憧れたよ。」

やっと、意味がわかりはじめた彼女。俺は、つづける。

「しかし、俺はいち早くあきらめた。
 だって・・・ 自分の家の貧しさを恨むとしたら、それは、
 かあちゃんを恨むことになるって・・・ わかっていたから。」

湯気を立てていた彼女は、黙った。
そして、すこし考えてから、言った。

「だけど、やっぱり・・・
 ピストル型のチョコレートなんて、ぜったい嫌だな。
 そんな・・・ 物騒なもの、つくれない。」

「わかった。じゃあ、もっと平和的なやつを。」と、
 俺はリクエストした。

ハードボイルドな私立探偵には憧れるけど、現実のこの俺は、
私立大学英文科を出ただけの、極めて平和的な男だ。
・・・生きていく資格だけは、あると思う。

そういえば、英語で「 Chocolate Soldier 」、「チョコレート
の兵隊」
っていうのは、「戦争に行きたがらない兵隊」って意味だそうだ。
この場合の「チョコレート」は、たぶん「甘ったれた」とか、
「こどもみたいな」という意味なんだろう。

だとしても、いや、だとすれば、
チョコレートって、すごく平和的で、いいじゃないか。
俺は、そう思う。・・・ここは、アメリカじゃない。

いつの間にか、男が、若い男たちが、誰も、
「戦争には行きたくない」と言えない時代に、なっていないことを、
・・・俺は願う。

いつの間にか、この国の、バレンタインデーはとっくに終わって、
「チョコレートには遅すぎる」という、時代に・・・
気づかないまま・・・なっていないことを。

出演者情報:森田成一 03-3749-1791 青二プロダクション

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

宗形英作 2007年2月9日



あなたは、チョコレートが好きですか?

                     
ストーリー 宗形英作
出演 平田満

あなたは、チョコレートが好きですか?
あなたの指先を見ていると、
あなたは、きっとチョコレートが好きに違いない、
と思ってしまう。

チョコレートの材料はカカオ、
年間平均気温が27度以上の熱帯地方でしか栽培できないらしい。
と、あなたに言ったら、あなたは、
温暖化で、いずれ日本でも、カカオが獲れるようになるかしら。

あなたは、ティカップに砂糖を入れてもいないのに、
ずっと親指と中指でつまんだスプーンでティをかき回している、
手持ち無沙汰になった人差し指が私の方を向いている。

人間以外のほとんどの動物は、チョコレートを食べると中毒に、
悪くすれば死に至る、
チョコレートに含まれているテオブロミンとかいうやつを代謝できないらしい。
と、あなたに言ったら、あなたは、
死にたくなるくらいおいしい、ってことかしら。

あなたは飲むためではなく、かき回すためにティを頼んだかのようだ。
相変わらず人差し指を立てたままスプーンを回している。

あなたは、チョコレートが好きですか?
あなたの指先を見ていると、
あなたはきっとチョコレートが好きに違いない、
と思ってしまう。

もしも、あなたの目の前にチョコレートを置いたとしたら、
あなたは親指と人差し指でチョコレートをつまみ、口の中に放り込む。

そして、チョコレートを一度舌の上でころがしてから、
あなたは、2本の指を舐める、
チョコレートをつまんでいた2本の指を舐め始める。
まず親指から。そして人差し指を。
指先に残っていたチョコレートの、
最後の一滴まで舐めつくすように、執拗に、ゆっくりと。

指先を口に含みながら、あなたは上目遣いに私を見る、
獣のような目で、私を見る、
その獣のような目は、あなたに似合う、
私は獣、だからチョコレートのテオブロミンを代謝出来ずに死ぬの。
獣のような目が、ふと笑ったように見える。

あなたは、チョコレートが好きですか?
あなたの指先を見ていると、
あなたは、きっとチョコレートが好きに違いない、
と思ってしまう。
あなたは、相変わらずスプーンを回している。

*出演者情報 平田満 http://home.a00.itscom.net/alpha/アルファエージェンシー

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

小野田隆雄 2007年2月2日



チョコレートの香り

            
ストーリー 小野田隆雄
出演  久世星佳     

帰りこぬ 昔を今と 思い寝の
夢の枕に におうたちばな

もう帰ってくることのない
あなたと過した楽しかった日々を
思い出しながら眠ったら、
初夏(はつなつ)の短い夜の夢に
あなたが戻ってきてくれました。
けれど、うれしさに目覚めて気がつくと、
枕元になんとなく
たちばなの香りが
ただよっていたのです。

帰りこぬ 昔を今と 思い寝の
夢の枕に におうたちばな

この歌は、平安時代の
神さまにつかえていた女性の歌です。
ですから恋をしたとしても、
きっと秘められた恋だったのでしょう。
神さまにつかえる女性は、
人間の男に恋をしては
いけなかったのです。

この歌をミルクチョコレートに添えて
あなたに贈ります。
あなたは、もう忘れているでしょうね。
三十年も昔のことですもの。
中学一年生の私を
高校一年生のあなたが、
伊豆のみかん山に連れていってくれた日。
学生服のポケットから
ミルクチョコレートを出して
歩きつかれた私に、半分くれた。
それは、どきどきするほど甘かった。
隣の家の生意気なお兄さんが、
初恋のひとになりそうだったのに、
あなたの家は鹿児島に引っ越してしまって、
二、三度、桜島の絵ハガキが届いたきり。
そして、今年のお正月、
おどろいたなあ。
あなたが高校のサッカー部の監督になって、
全国大会の決勝に出てくるなんて。
だから、なつかしさをいっぱい、
ミルクチョコレートをいっぱい、
高校の住所に贈ります。
サッカー少年たちにあげてください。
そして歌だけは、あなたに贈ります。
私のこと?
広告代理店につとめています。
そうですねえ、
ギリチョコ贈る相手なら、
たくさん、いますけどね。

*出演者情報:久世星佳 03-5423-5905 シスカンパニー

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ