篠原誠 2016年2月14日

1602shinohara

最後の質問

     ストーリー 篠原誠
        出演 吉川純広

別に嫌いになったわけじゃない。
かといって時間を一緒に過ごせるほどの気持ちも今やない。
そんな理由で、僕は彼女と別れることにした。

僕の突然の別れ話を
彼女は、ずっと前から知っていたことのように受け止めた。
泣くこともなかったし、拒否することもなかった。
けれど、別れ際に彼女は、こうつぶやいた。

「一つだけ、最後の質問があるの」

最後の質問?

「フキノトウって食べたことある?」

そう彼女の声は発した。
フキノトウ。フキノトウって、ツクシとかの、フキノトウ?
僕は、彼女に聞き返した。

「そうよ。私、ツクシは食べたことあるんだけど、
 フキノトウは、食べたことなくて」

僕も食べたことはなかった。少し苦みがあるという話を
聞いたことはあったのだけど、
僕はフキノトウもツクシも食べたことがない。と答えた。

「私、ツクシは食べたことあるんだけどなぁ」

彼女は僕の答えに、落胆するでもなく、喜ぶでもなく、
ただただ無表情だった。

フキノトウと僕たちに何か関係があるのだろうか。
なんでそんな質問をするの?と僕が言うと、
彼女は「ダメだよ、さっきのが最後の質問なんだから」
と杓子定規に答えた。

「今度、フキノトウ食べてみようかな」

彼女がそういった時、少しだけ微笑んだように見えた。
それは、5年間つきあってきた中で見たこともない顔だった。
フキノトウ…。フキノトウ…。デクノボウ…。
関係ないか。
それとも、春ということか?
春がなんだというんだ。
僕たちが付き合い始めたのは夏だったし、彼女の誕生日は秋だ。
春なんて関係ない。
フキノトウ…。フキノトウ…。オメデトウ…。
関係ないな。ほんの数秒そんな風に考えていたら、
彼女はすくっと立ち上がった。

「じゅあね、フクシくん」

そういって彼女は人がたくさんいる駅の方へ
歩いていった。フクシくんが、ツクシくんに聞こえた気がした。
彼女は、人ごみに消えるまで、一度も僕の方を
振り返らなかった。彼女の背中に羽が生えているように見えた。

出演者情報:吉川純広 ホリプロ http://www.horipro.co.jp/

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

岩田純平 2014年8月10日

けっぺいくん

      ストーリー 岩田純平
         出演 吉川純広

静かにしているな、と思ったら、
息子は絵を書いていた。
息子は3歳で、名をけっぺいと言う。

「何書いているの?」
「アンパンマンと、とりにくだよ」
「とりにく?」
「そう」
「なんでとりにく?」
「アンパンマンはとりにくが好きなんだからだよ」
「へえ・・」

初耳である。

「けっぺーくんね、英語あんまり好きじゃないの」

息子との会話は唐突に話題が変わる。
保育園での英語の時間のことを言っている。
外人の先生が来てくれる。

「先生はおもしろくしようとしてるんだけどねえ」

シニカルな評価である。

「パパ、サメのマネできる?」
「さめ?」
「けっぺーくんできるよ」

そう言って息子はパーに開いた手を額の上にのせ、
睨みをきかせたこわい顔をする。

「あはは、サメだ」

僕が写真を撮ろうとスマホを取り出すと、
息子はサメのマネをやめて、
スマホを取り上げいじりだした。

でたらめにパスワードを入力してはミスになり、
「パスワードがちがいます」
と言いながらケタケタ笑っている。

そういえば、
この前仕事中に妻から電話がかかってきた。

「けっぺいがチョコレートを見つけちゃって、
ダメだよ、って言うんだけど、
 だったらパパに聞いてごらん、っていうから電話したの。
 ・・・・あ、けっぺい、コラー」

妻が僕に電話を掛けている隙に
けっぺいはチョコレートのふたを開け、
2~3個食べてしまったそうだ。

なかなかの知能犯である。

そうこうしているうちに、
息子がいじっているスマホに電話が掛かってきた。
上司の名前が見える。

僕はあわててスマホを取り返そうとしたが、
もみ合っているうちに電話は切れた。

「あーあ」
と息子は無責任な感じで言って
スマホを返してくれた。

折り返そうとしたが、スマホは動かなかった。
パスワードの間違いすぎで
セキュリティが掛かってしまっていた。

「なぜ折り返さないんだ!」
と怒る上司の顔が浮かんだ。

息子はと言うと、
そんな父の不安に気づくはずもなく、
「ブロックで自動販売機つくろっか」
と楽しそうにブロックの箱をひっくり返した。

出演者情報:吉川純広 03-5456-3388 ヘリンボーン所属

Tagged: , ,   |  1 Comment ページトップへ

吉川純広から「ひと言」

収録の帰りの電車の中で
ぼくの前に収録を済ませていた清水理沙さんと
話をしていたのですが、
他の現場で仕事をしている時に
「あ、中山さんの顔がチラつくんだけど」
という共感がありました。

ぼくは20歳から、
清水さんは11歳からだそうですので、
ずいぶん長いお付き合いをさせていただいているのです。

以前、こちらの方でも書かせてもらいましたが
中山さんに沢山のことを学ばせていただいています。
歳を重ねると同時にいろんな現場を経験したぼくに、
「小器用にやって誤魔化すな、お前は下手くそなんだから」
というディレクションをもらったことがあり、
ぼくは「はっ」としたのですが、
それがずっと頭の中にありまして、よく自問自答するのです。
「おいてめえ下手くその癖に誤魔化してねぇか?」と。

吉川純広:http://www.herringbone.co.jp/talents/name/yoshikawasumihiro/

Tagged: ,   |  コメントを書く ページトップへ

直川隆久 2013年8月18日

玉砕

     ストーリー 直川隆久
        出演 吉川純広

――あ、けいこちゃん。ホッピーおかわり。うん、ホッピーもナカも。両方。
おまえ何飲むの?あ、そう。
…けいこちゃん、ウーロン茶追加。
よく飲めるね、そんなウーロン茶ばっかし。
何、もう、帰りたいとか思ってる?
でもねえ、まだ帰せねんだな。
なんでかって?
わかんない?
今日おれ、課長から特命うけてんだよね。
特命係長補佐。
なんで、そろそろずばっと訊いちゃうけどさ。
なんでまた会社やめたいなんて言い出したの?
え?
いや、部長にそう言ったんだろ。
俺、一応、おまえの直属の上司じゃん?
それで頭とばされて上のほうに話いくとさあ、俺としてはいろいろ大変なのよ。
話してみろよ。
いいから、話してみーろーよ。
え?よく聞こえない。
なに?
…この職場では、輝けない?
ああ…そう来た。

なあ、おまえはさあ。なんつうか…あれじゃない?
いつも自分が主役でいたいタイプなんじゃない?
そんなことない?いや、そうだよ。
そうなんだよ。
おまえ、ひょっとしてあれだろ、一人っ子だろ。
わかる。わかるなあ。

おまえ花火好きか?
え?“花火が関係ありますか”?いいから。花火好きか。

いや、つまりさ、花火にもさ、いろいろあるわけじゃんよ。
花火って言ったら、何を思い浮かべる?
え?線香花火…?
おまえ、変わってるなあ…線香花火って、そんなやついる?
ひょっとしてゆとり世代か、おまえ。
花火っつったら打ち上げ花火だろうがよ。ひゅー、どーーんだよ。
そうだろ?
知ってるか。打ち上げの一番でっかいやつ、
あれ、4尺玉っつってさ。1メータ以上あんだべ。
すげえだろ?それがひゅうううう…どーん!!
キャー!すごーい!だよ。
な?みんなに注目されて、気持ちいいと思うんだよ。4尺玉は。
でもね、おれは思うんだよ?
みんながみんな、打ち上げ花火の4尺玉になれるわけじゃないんだよな。
ロケット花火、それに…そう。おまえの好きな線香花火!な?
で、ほら、あれあるじゃん。
蛇玉。
知らない?んなことねえよ。
火を点けると黒い燃えカスがもりもりもりっとでてくる奴じゃんよ。
そう、うんこ花火。いわゆる。
あれは、人気があんだよ。ハデな花火の合間の箸やすめつうかさあ。
あれがないとなんか終わった気がしない、っていう花火好きも多いんだよ?
ししししし…。
でも、あれって、なんなんだろな?
花火っていうけど…ハナねえし!!
俺、ガキの頃さ、近所のゆきちゃんて女の子に見せてやってさ…公園で。
見たことないっていうからさ。火いつけたらさ、
もりもりもりーって、でてくんじゃん。
そしたら、ゆきちゃん、ほんとのうんこだと思って、泣きだしてさあ。
いや、興奮したな~。
…なんの話だっけ。
そう、蛇玉…気取ってんじゃねえよ、おまえ。うんこ花火でいいんだよ。
そういうさ、主役にはなれないけど、いなくてはならない奴ってのがいるんだよ。
組織には。
はっきり言うけど、俺は、おまえは、うんこタイプだと思う!
おまえは打ち上げ花火でも、ロケット花火でも、線香花火でもない。
ハナ、ないもん。

え、なに?
じゃ、おまえ、自分でハナあるとか思ってんの?
ししししし…そんなわけねえじゃん。
なに。なんだよ、その目。
おまえ、ときどきそういう目するよな。職場で。
すげえ、いらつくんだよな。それ。
なんだよ。
見せてみろよ。今ここで、すぐ。おまえのハナあるところ。

注目!注目ー!
けいこちゃん!
今から、うちの後輩が、ハナのあるところ見せるって!
すげえ、隠れた魅力を今から見せてくれるんだって。
見ててやって、けいこちゃん。

ほら、見せてみろよ。
ほら。
3。
…2。
…1ぶううううううう。

無理すんなって。な?
うんこ上等!
おまえには、わが社のうんことして期待が…ぷーっくくく
…うははははは。
だめだ、笑っちゃって言えねえ。
な?わかんだろ?な?
うんこクンにはうんこクンの役割ってのがあるんだから。…くく。
それをまっとうしてくんなきゃ周りが迷惑するって話。
   
残ってくれるよな?
こんなにおれが後輩に向かって真剣に話すってなかなかないんだよ?
な?
…なんとか言えよ。まあ、今返事しなくていいけどさ。
一応今日しようと思ってた話は、これで終わりだからよ。
まあ、飲むか。
けいこちゃん、ナカおかわり。ごめーんねぇー、
でっかい声でうんこうんこ言っちゃって、ししししし。

あれ?
どうしたのおまえ。ホッピーの瓶もって。
何、それ振り上げて…どうすんの?
振り上げて――
   

 
出演者情報:吉川純広 03-5456-3388 ヘリンボーン所属

 

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

うらおもて

うらおもて

          文 菅野雅敏(東北芸術工科大学)
          声 吉川純広

僕は、東北が嫌いだ。
自然ばっかりで何もない。友達と遊ぶ場所もない。
窓を開ければ、虫が入ってくるし、
夜外に出ても、明かりの一つもないから真っ暗で何も見えない。

僕は田舎が嫌いだ。夏は暑いし、冬は寒い。
外に出ると、すれ違うご近所さんが挨拶してくる。
子供のはしゃぐ声が元気過ぎてうるさい。

僕は実家が嫌いだ。
東北の田舎にある。
ボロボロだし、歩くとギシギシ音が鳴る。
引き戸の玄関をただいま〜と開けると
母が飛んできて僕の世話を焼く。
あったかい料理が出てくる。
実家の匂いがしみ込んだ布団がある。
静かな夜がある。
酒の用意をして縁側で僕を待つ父が居る。

そんな東北が、田舎が、実家が、
僕はうるさくて、でも大切で、大好きだ。

東北へ行こう


*「東北へ行こう」は
自分のとっておきの東北を紹介し、あなたを東北におさそいする企画です
下のバナーやリンクもクリックしてみてください

旅*東北:http://www.tohokukanko.jp/

宿泊できる茅葺きの宿:http://www.geocities.jp/matwola/link/lodge.html

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

吉川純広から「ひと言」

こんにちは。
今回は「東北へ行こう」と「玉砕」を読ませていただきました。
「玉砕」では中山さんに
吉川のまんま頼りない上司でよろしく
と言われまして、
天城越えが頭に流れました。

かくしぃきれないぃ、うぅつぅりぃかがぁ〜♪んいつしかん、
あなたんにぃ〜、しんみぃづぅいたぁ〜♪

と。
頑張りました。

◆出演情報◆

TOKYO FM 80.0MHz
毎週日曜12:25~12:30
Yakult presents 小さな小さな物語 –
http://www.tfm.co.jp/yoionaka/

8月30日31日
ペンギンプルペイルパイルズ プレゼンツ DDDD#2
「真夏の因数分解」
http://www.penguinppp.com/
@SARAVAH東京
http://l-amusee.com/saravah/

11月~12月
M&Oplaysプロデュース
『ライクドロシー』
作・演出 倉持裕
http://mo-plays.com/likedorothy/
東京:本多劇場
愛知:刈谷市総合文化センター
大阪:サンケイホールブリーゼ
他各地で上演

吉川純広http://www.penguinppp.com/member/yoshikawa.html
ブログ:http://blog.livedoor.jp/sumi1310/
Twitter:https://twitter.com/pinkchorizo

Tagged: ,   |  コメントを書く ページトップへ
1 / 3123