中山佐知子 2016年11月27日

1611nakayama
門のなぞなぞ

     ストーリー 中山佐知子
        出演 大川征義

風が吹いていた。
遮るものもないだだっ広い荒野に門が並んでいた。
門はざっと100くらいあった。

門には名前がついていた。
カンケイドーブツ門、センケイドーブツ門、ユーソードーブツ門…
カンケイドーやセンケイドーはわからなかったが
どの門もブツ門というからには仏の道なのだと思った。
そうか、本当に俺は死んじゃったんだ。
死ぬと誰でも仏になれるんだ、ラッキー、と思った。

ドーフンドーブツ門、セッソクドーブツ門、
ドーフンドーブツ門は泥の臭いがした。
門を入るとぬかるみの道かもしれない。
セッソクドーブツ門は花の匂いに海の匂いが入り混じっている。
こっちは気持ちよさそうだ。
わくわくしながら門の名前を見てまわった。
モーガクドーブツ門、ナイコードーブツ門
ナンタイドーブツ門…
ナンタイドー….ブツ…。ナンタイドーブツ…
待てよ、ナンタイドーはちょっと引っかかる。
ナンタイドーならいいが、
ナンタイドーブツに分類学の門がつくと
軟体動物門じゃないか。イカやタコだよ。
するとこれは仏門ではなく輪廻転生の門かもしれない。
正しい門を選べば
もういっぺん人間に生まれ変われるってことだ。
イカもタコもある意味では人に愛されていると言える。
節足動物門のエビやカニならもっと愛されると思う。
でも、どうせなら愛されるカニより愛する人間になりたい。
輪廻転生、生まれ変わるならもういっぺん人間になりたい。

俺は門を叩いてまわった。
門には門番がいて、
その門を代表する生き物の名前をいくつか教えてくれた。
軟体動物門の代表はイカ、タコ、貝。
節足動物門の代表はバッタなどの昆虫にエビやカニ。
緩歩(かんぽ)動物門はクマムシ。
クマムシは地球最強の不死身の生物だ。
絶対零度でも死なない。
150度のオーブンに放り込まれても死なない。
水がなくても死なない。放射能でも死なない。
宇宙に放り出されても10日は生きられる。
これには正直、心が揺れた。しっかりしろ、俺。
それから脊索動物門。
この門の代表はホヤにプレシオサウルスだった。
プレシオサウルスといえばジュラ紀の恐竜だけど、
生まれた途端に化石になってしまうってことか?

俺はどの門をくぐればいいのか悩んだ。
いま調べた門の中で
人間に転生できる可能性を秘めた門がひとつだけある。
そこでなぞなぞだ。
イカ、タコの門、バッタとカニの門。クマムシの門、
ホヤと恐竜の門、
この中で人になれる門はどれでしょう。
答を待ってるからね。


出演者情報:大川征義 https://www.facebook.com/masayoshi.okawa?fref=ts



Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

渡辺潤平 2012年10月14日



引退ラップ 野球部篇

       ストーリー 渡辺潤平
          出演 吉川純広大川征義渡辺潤平

Yo Yo…
チェック ワンツー…
カウント ツースリー…


ここに立つ 愛すべき グランド
はるか遠く 憧れの マウンド
白いボール 土煙 バウンド
鳴り響け 俺たちの サウンド

そう俺ら 清く正しく 高校球児
でもそれって もう完全に 貧乏クジ

バイト できない
コンパ いけない
髪 伸ばせない
つまり モテない

なのに来る 毎朝 このグランド
日焼けの跡 俺たちの ブランド
冷えた汗 心地よい ウインド
麦茶キンキン のどごし Yeah! マイルド

彼女冷たい これって So 倦怠期
そんな中 迎える 最後の県大会

俺ら 三年
だけど 残念
レギュラー 二年
かなり 無念

俺のポジションは So スタンド
結局 手の届かない 背番号
かれた声 それが俺の プライド
蜃気楼 目の前の グランド

相手バッターの バントヒット 電光石火
気になるのは むしろAKBの 選挙結果

うざい 審判
あの娘 短パン
かじる アンパン
もう コテンパン


顧問
「お前たちと野球ができて、先生は幸せだった。
これからの人生も、全力で、ひたむきにプレーしてほしい。いいな!」

部員達
「はい!」


ショート森 ついにマネージャーに 告白
予想通り キモチ伝えるの 四苦八苦

割れた メガホン
曇る メガネ
落ちる 涙
やがて 笑顔

ここに立つ 今日最後の グランド
はるか遠く 憧れの マウンド
うちら多分 一生の フレンド
鳴り響け 俺たちの サウンド


「気をつけ!礼!」
「アザーーッス!!」



出演者情報:吉川純広 (02-5456-3388 ヘリンボーン
大川征義(フリーランス)


 
 

Tagged: , , ,   |  コメントを書く ページトップへ

一倉宏 2009年11月5日



幼稚園のトンネルで

             
ストーリー 一倉宏
出演 大川征義


いまでもあるだろうか
僕の通っていた幼稚園の庭には 高さ1m50cmほどの
土を盛った「お山」があり これも全長1m50cmほどの
「トンネル」が貫通していて 園児たちに人気の遊び場だった
自分たちの背丈より高い 「お山」の頂上からの眺めは
なかなかのものだったし 雪でも降った朝には
「お山」は絶好のゲレンデと化し 小さなスキーヤーでにぎわった
スキーヤーは 滑っては転び はしゃぎまわった
そして 園庭の短いトンネルを抜けると そこは雪国だった
トンネルの暗闇から白い世界に抜け出す その瞬間が感動的で
僕らはなんども 「トンネルを抜けると雪国」ごっこを繰り返した
僕はまだ 本物のスキーをしたことも 
川端康成を読んだこともなかったけれど その感覚は知っていた
幼稚園の「お山」と「トンネル」で 学んだのだ

『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』
というタイトルの本が ベストセラーになったことがある
正直にいえば 僕はその本を読んでいない
読んではいないのだけれど そのタイトルを見ただけで 
だいたい何が書いてあるかを 想像できた
「人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ」
たしかに それはいえると 僕は思う
ただし 僕の場合は「砂場」ではなく 「お山」と「トンネル」で
「人生に必要な知恵はすべて幼稚園のお山とトンネルで学んだ」
こういい直せば それは僕自身の実感に さらに近づく

「お山」で学んだいちばんのことは 「競争社会」だ
高さ1m50cmばかりの小さな山でも 当然のように
みんな その頂上を目指すことに 夢中になる
特に 男の子たちはそうだ しかも 独り占めしようとする
後から来る者を追い払い 先に立つ者をひきずり落とす争い
これに似た状況は 大人になるほど ますます経験するではないか
幼稚園の庭に 小さな山がつくられた理由は
こんな社会の仕組みを 疑似体験させるためだったかもしれない

そして「トンネル」から学んだことは いまでも悩ましい
山登りのポジション獲り合戦を 好まなかった僕は
というより そういう争いでは負けてばかりの僕は
小さな山の頂上よりも 小さなトンネルの空間を好んだ
そこは 弱き者 争いに参加しない者たちの 安息の場所だった
山の上の争いよりも その静けさが好きだった 
そしてある日のこと 忘れがたい出来事が そこで起きた
気がつけば 同じ組のみどりちゃんと トンネルの中でふたりきり
コンクリートの冷たい壁にもたれ 肩も触れ合うほどの距離
みどりちゃんが囁いた 「ひろしくんは なにがしたいの?」
そのとき なんて答え 彼女のご機嫌を損ねたかを 思い出せない
みどりちゃんは ぷいっと横を向いて トンネルを出ていった
僕は予感した もしかしてこの世界には 山登りの成功よりも 
もっと甘美な ひそかな歓びが あるのかもしれない 
けれど それはそれで 簡単なことじゃない らしい

「人生のむずかしさはすべて幼稚園のお山とトンネルで学んだ」
いまの僕なら こういってみたい気がする



出演者情報:大川征義:http://twitter.com/#!/M_Okawa

shoji.jpg  
動画制作:庄司輝秋



Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ