小山佳奈 2011年9月18日

photo by toureiff1219


<pH7の女の子>
            ストーリー 小山佳奈
               出演 三坂知絵子

「金魚は中性の水を好みます」

水槽をひゅるんと泳ぐ金魚を見ながら
昔好きだった魚の図鑑に書かれていたその言葉を
私は声に出して唱えてみる。

「金魚は中性の水を好みます」

酸性でもなくてアルカリ性でもなくて中性。
青色のリトマス試験紙は青色のままで
赤色のリトマス試験紙は赤色のまま。

ユカちゃんと私は同じ女子高に通っている。
中学から一緒だからもう5年目。
ユカちゃんと私は親友だ。

朝、駅で待ち合わせして学校に行って
昼、お弁当を一緒に食べて
帰りに、マックに寄っておしゃべりして
夜、電話でおしゃべりする。

髪が長くて唇のあつぼったいユカちゃんは
じゃがりこと声の高いアイドルが好きで
数学が苦手で水泳が得意。

ユカちゃんと私はただの親友だ。

そんなユカちゃんがあるとき
興奮しながら電話をかけてきた。

「わたしショウタとしちゃった」

照れながらでもうれしそうにユカちゃんは言った。
うるんだ空気がもれてきた気がして
私は思わずケータイの耳の部分をふさぐ。

ショウタっていうのは
こないだカラオケでナンパしてきた高校生のうちの一人で
あの人かっこいいねってユカちゃんは言ってたけど
私にはできそこないのアイドルにしか見えなかった。

好きなのって聞いたら好きかもって言ってた。
つきあうのって聞いたらつきあうかもって言ってた。

それから私は
レモンを毎日10個食べた。
家にあるアジシオを一瓶飲んだ。
雨の日も傘をささなかったし
おしっこを飲んでみたりもした。

でも私は男の子にも女の子にもなれなかった。
酸性でもなくアルカリ性でもなく中性だった。

ユカちゃんを守らなくちゃ。
ユカちゃんを顔だけのバカでつまらない男から守らなくちゃ。
そうだ。
ユカちゃんを金魚にしてしまおう。
水泳の得意なユカちゃんだからきっと大丈夫。

そして私は学校から帰る途中
河原でユカちゃんを突き落とした。

いま私の目の前で
水槽をひゅるんと泳ぐ金魚は
じゃがりこをあげると勢いよく食べる。

「金魚は中性の水を好みます」



出演者情報:三坂知絵子 http://www.studio-2-neo.com/


Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

三坂知絵子から「ひと言」


こんにちは、三坂知絵子です。
夏に生まれ、夏が大好きな私は、
8月も終わりに近づくと、
昼下がりと夕日のあいだの真空のような時間に、
胸の奥がキュキュキューと痛み、呼吸が苦しくなります。
幼い頃からずっと続く、私の年中行事です。
その理由は主に2つあり、

(1)大好きな季節が去っていくことに対して
なにも出来ない自分の(人間の)無力さに打ちひしがれている

(2)夏休みの宿題がまったく、全然、終わっていないことに対して
なにから手をつけてよいか見当もつかず、ぼう然としている

・・・からです。
今思うと、夏休みの宿題なんて、気合いを入れれば3日かそこらで
終わるような量だったと思うのですが
(実際、ほとんど8月31日に徹夜してやっていたわけですし)
なんであんなに延ばし延ばしにしていたんだろう・・・。
おそらく、「夏休みの宿題を終わらせてしまうと、夏が終わってしまう」
と心のどこかで思っていたんじゃないかと。

「夏はまだまだ続く(と思っていたい願望)」
      ↓  ↑
「だから、夏休みはまだまだあるはずだ」
      ↓  ↑
「ということは、宿題はまだやらなくてもいいや」

という思考回路がぐるぐるぐるぐる。
大人になって宿題がなくなった今でも、8月下旬になると
「この夏にやるべきことをまだやっていないのではないか」
と“架空の夏休みの宿題”を頭の中に思い描き、
夏が終わることに対して一人で勝手に焦って、
めまいと吐き気に襲われるのです。
超・ひとり相撲ですね・・・。

それでも、やっぱり私は夏が大好きです。
早く来年の夏が来ないかなー。(←気が早いよ!)

三坂知絵子

Tagged: ,   |  コメントを書く ページトップへ

三坂知絵子さんと山田キヌヲさんの修学旅行


2011年9月の小山佳奈さんの原稿を読んでくれた
三坂知絵子さん(上の写真)は山口県出身だ。
三坂さんがちょうど読み終えたときに到着した
山田キヌヲさん(下の写真)は宮崎県出身だ。
ふたりは初対面だったので紹介し、ついでに出身地も付け加えた。
余計なひと言が盛り上がりのきっかけになることもあるものだ。

「わたし、修学旅行で宮崎にいきました〜」と、三坂さん。
「わたしも修学旅行で山口へいきました〜」は、山田さん。
山口県出身の三坂さんは修学旅行で宮崎へ行き
宮崎県出身の山田さんは修学旅行で山口へ行ったのだ。

三坂さんはアマテラスが隠れたという岩戸や
ニニギノミコトが降り立ったという高千穂で
神話な気分にひたったに違いないし
山田さんは秋吉台の鍾乳洞にもぐり、壇ノ浦で平家をしのび
萩の白壁の城下町を歩いて
お母さんに萩焼の湯飲みを買って帰ったかもしれない。


おまけにふたりの言うことを聞いてみると
山口県は九州の仲間になっており
「九州地方の天気」には山口県の天気も含まれるらしい。
山口県と宮崎県は九州新幹線の恩恵を受けていないことも共通している。

山田キヌヲさんが新幹線でまず大分まで行って
そこから宮崎にもどろうとすると
大分ー宮崎間が半日かかるのだという。

三坂知絵子さんの山口県では
維新をやったのは俺たちだから山口弁が標準語だ〜!
という認識だそうだ。

山口と宮崎にはまだまだ面白い話が隠れていそうな気がする(なかやま)

Tagged: ,   |  コメントを書く ページトップへ

小山佳奈 2010年5月16日



「地平線の向こう側、あるいは、そのこちら側」


ストーリー 小山佳奈
出演 三坂知絵子


私は
あんたたちより顔もいいし 
あんたたちより頭もいいし
あんたたちよりスタイルもいいし

だからあんたたちがたかだか教科書見せてくれないくらいで
私はあんたたちを恨んだりもしないし泣いたりもしない

私の教科書は「ニューホライズン」
あんたたちの教科書は「サンシャイン」

だから何?

窓の外にはバカみたく葉を生い茂らせる木々と
バカみたくはしゃいでる校庭の男子たちと
そんな男子を見てもっとバカみたくはしゃいでる女子たち

それを見てる私もバカみたい
今日も英語の授業はたんたんと進んでいく
何ページなのかもとうにわからないけど

隣の女の子は妹に似ている
いつも周りに取り入ってへらへら生きてる妹
私はこんどの学校でもうまくやってる妹が
正直にくくてたまらない

音読する順番がまわってくる
でも私には教科書がないから読めない

せっかく「わたなべ」って名字に変わったのに
わ行マジックもこれで終わり
たしかに新学期になって1カ月もたてば
名簿だって一巡する

ほんの少し離れたところからやってきただけなのに
ほんの少し「ありがと」のイントネーションが違うだけなのに

あぁあゲームセットノーサイド
こんなことならサボればよかった
この街に来なきゃよかった
お父さんについていけばよかった

「私はいじめられています」

立ち上がろうとしたその瞬間
すっと隣から差し出されたのは
いっぱい線が引いてある
27ページ目のサンシャインだった

「3行目」

隣の子はまっすぐ前を向いてそう言ったきり
こちらを見向きもしない

私は言われるがまま必死で読んだ
ケンだかマイクだかが今度の週末のパーティーに女の子を誘おうとしてるみたいな
そんなどうでもいい英文を必死で読んだ

気づいたら授業は何事もなかったように進んでいた
あぶら汗でにじんだ手のひらには
自分で立てた爪のあとがくっきり残る
窓の外には青葉が太陽に遊ばれて影を揺らしている

“ニューホライズン”から“サンシャイン”
新しい地平線からやっと日が出ました

って アハハ 私 サムい

そして私は無性に言いたくなった

「ありがと」

隣の子は見向きもせず言った

「へんなイントネーション」



出演者情報:三坂知絵子 http://www.studio-2-neo.com/

shoji.jpg  
動画制作:庄司輝秋・浜野隆幸



Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

張間純一 2008年8月29日



ふたつの日記

                     
ストーリー 張間純一
出演 三坂知絵子


アケミの日記 8月22日晴れ

早く夏休みにならないかな。
そう思っていた。
夏休みが来るまでは。
夏休みになったら
Mに会うこともなく
みんなにシカトされることもなく
トイレに落書きをされることもなくなると思っていた。

それはその通りだったけど
掲示板やプロフは学校がある時と
全く同じかそれよかひどいくらい。

見なければいいのに。
そう思うけれどどうしても見てしまう。
一度ケータイの電池を抜いて窓から投げてみたけど
3時間かけて探し出してしまった。

1つの掲示板の書き込みが途絶えると不安になって
Mが私につけそうなアダ名というかコードネームを
検索して別の掲示板を探す。

なんで自分の悪口なんかを
こんなに必死に見てしまうんだろう。
きっと確かめないと不安になるんだ。
そんな性格自分でもイヤになる。
でもそうまでして私は私の悪口を求めている。

夏休みなんて
なかったらよかったのに。

マリの日記 8月22日晴れ

早く夏休みにならないかな。
そう思っていた。
夏休みが来るまでは。

夏休みがすぎたら
このゲームはリセットされて2学期が始まるかも知れない。
それはそうかも知れない。
けどそうじゃないかも知れない。

だから私は夏休みの間もゲームを続ける。
Aには悪いけど
これはみんなが中学をなんとかやり過ごすための
掃除当番みたいなもの。

2年になったとき当番は私にまわってきた。
そのときAはいろんなことを私にした。

でもゴールデンウィークが明けたとき
なぜか立場が逆転した。
なんとなくみんなの空気がそうなったというだけの理由で。

いま、私はAが私にしたことを
そっくりマネしてAにお返ししている。

夏休みがすぎたら
このゲームはリセットされて2学期が始まるかも知れない。
でもリセットされたときに私に役はあるんだろうか。

今の役も当番も何の役もないなんてつらすぎる。

だから私は夏休みの間もゲームを続ける。

夏休みなんて
なかったらよかったのに。



出演者情報:三坂知絵子 http://www.studio-2-neo.com/


*2008年8月はオリンピック中継のため。番組は2回のみになります。

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ