山本高史のありがとう大賞受賞作「リトル」


連載していたときから好きな小説でしたが
PHP出版の「ありがとう大賞」を受賞し
この3月に出版されました。

山本高史の「リトル」です。
ペットと飼い主をテーマにした小説はときどき見かけるのですが
「リトル」は作者の立ち位置がはっきりしており、
きわめてメッセージ性の高いことが特徴といえます。
しかも、作者独特の情の深さがあります。

山本高史も犬を飼っていましたが
自分の犬が老いて死んでいく姿にわあわあ泣きながら、
でも冷徹な目でちゃんと、犬を飼うこと、犬の世話をすること、
犬を愛すること、犬が重荷になること、
そしてまた犬を愛することを見つめていたんだろうなあと思います。
ひとくちで言ってしまうと「とてもいい本」なのです。

やさしい文章で子供でも読めますし
さらに言ってしまうと「国民的良書」といえます。

まだ手に取っていないかたはぜひ(なかやま)

Tagged: ,   |  コメントを書く ページトップへ

コトバ鈴木さんの追い出しサプライズ 2



コトバの山本高史マネージャー鈴木さんの追い出しサプライズパーティ写真です。
その1はこちらにあります。
http://nknk.exblog.jp/17369210/

そういえば山本高史はサプライズパーティをやると電話をくれたとき
「6時にはじめて8時半には鈴木をタクシーに乗せる」と宣言していました。
パーティの途中、恐ろしく高そうなスーツを着ているにもかかわらず
床に寝転がったりしていましたが
8時40分には本当にタクシーに鈴木さんを乗せまして
トランクに積み込んだ荷物(かなり多い)をおろすときにどうするんだ、とか
誰か送っていけ、とか指示までしていました。
いざとなったらちゃんと仕切る感心な人物ではありました。

写真のなかに2枚ほど暗い店の写真がありますが
これは二次会で、三田のジガーバーです。
高史行きつけの店ですが、この店もこの日(2012年3月30日金曜日)で
閉店のようでした。本当にいろいろ寂しくなります(涙)

この店で高史はどこにいるかというと
右隅の客の背後で寝ています。
高史本体はともかく、恐ろしく高そうなあのスーツがかわいそうでしたが
まあ、産休とはいえ鈴木さんに去られ、いきつけのバーも閉店となり
そうですね、考えてみたら
スーツより高史がかわいそうかもしれないですね。

写真はクリックすると大きくなります。
写っているかた、どうぞお持ち帰りください(さ)

Tagged: , ,   |  1 Comment ページトップへ

タカシのコベヤ


上の画像は山本高史の、というか
高史の会社のHPの高史のプロフィルの左隅にある画像なのだけど
タイトルからして「タカシのコベヤ」が怖い。
しかも「coming soon」のままほっぽらかされている。

きっとこれは罠に違いない。
うっかり入ろうとするとガチャンと鍵が閉まって
出られなくなるに違いない。
もうきっと数人は捕獲されてるな。
人質第一号はポケット社長の上田浩和だな。
そういえば近ごろ顔を見ないと思ったら
タカシのコベヤに捕まっていたのだね、きみは。

このHPのディレクションは天才AD金井くんだから
たぶん金井くんが鍵の開けかたを知っているんじゃないかしら。
あ、でも悪賢い高史のことだから
とっくに鍵は交換しているかもしれない。

タカシのコベヤ、もといコトバHPhttp://www.kotoba-inc.co.jp/

Tagged: ,   |  コメントを書く ページトップへ

山本高史の「ここから」


うすうすそうではないかと思っていたことが
ここにちゃんと言葉になっている。
いま気づいておかなければヤバイと思うことが
ちゃんと書いてある。
しかも面白い。

鎌田實+山本高史「ここから」
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4584133409.html

Tagged:   |  コメントを書く ページトップへ

山本高史 2011年5月22日



カプセルの記憶。

             ストーリー 山本高史
                出演 大川泰樹瀬川亮

A「カプセルの中、入ったことある?」
  B「どんなカプセル?」
A「薬」
 B「あるわけないでしょう」
A「オレ、この間入ってたんだ、夢かも知れないけど」
 B「夢でしょう」
A「身動きとれなくってさ、カプセルの中にぎゅうぎゅうに詰まってたから」
 B「何が?」
A「オレが、て言うか、粉が。粉なわけ、オレ、当然薬のカプセルの中だから
 パンとかじゃないわけ、パンとかじゃないわけ」
 B「はい、オマエはパンじゃない」
A「そう、パンじゃないわけ、粉なわけ。でもオレがオレだっていう意識はあるの、
  意識体としての粉」
 B「意識体としての粉」
A「さらに視覚もあるわけ、でも粉だから目なんかないわけで、
  たぶん意識体が視覚を持ったんだと思うね、これすごくない?
  世界初、視覚を持った意識体。
  ただその視界も固定されてるから、ぎゅうぎゅうだから、
  身動きとれない満員電車って乗ったことあるでしょ?
  あれをイメージしてくれればいい」
B「つぎからそうする」
A「そしてオレは固定された視界の片隅でカプセルの内壁は動くのを見た!
  恐怖よ、誰かがカプセルを開けようとしているのよ。
  オマエ、もしかしたら薬のカプセルを開けようとしたことある?」
B「あったかもね」
A「それ絶対やめたほうがいいよ」
B「ああ、二度としない」
A「そのチカラに抗うように、オレは必死でカプセルの内側から
  動きを押さえようとしているんだ。
  でもしょせんは粉対人間、結局カプセルの封印は解かれて、
  オレは外へ飛び散った。そこまでしか覚えていない」
B「ついでにそこまでも忘れてくれ」
A「ただ最後にオレの視覚が捉えたものは、あわれにも2つに分断されたカプセル、
  その色は半分が白で半分が水色、そうオマエがいつも飲んでるヤツだ!」


出演者情報:大川泰樹 http://yasuki.seesaa.net/  03-3478-3780 MMP
      瀬川亮 03-6416-9903 吉住モータース

  
動画制作:庄司輝秋

Tagged: , , ,   |  コメントを書く ページトップへ

山本高史 2010年10月24日



誕生日。

ストーリー 山本高史
出演 光野貴子


誕生日おめでとう、って、どこがおめでとうなのかな、べつに誕生
日だからっておめでたいことあるわけでもないし、って言うと、知
り合いのオバさんが、「それはその年まで命を保て、その日からま
た新たな一年を迎えられることがおめでたいのよ」と教えてくれた
ので、なるほどそういうことだったのかと理解したが、帰り道には
誕生日おめでとう、って言う側の連中はそんなたいそうな意義なん
て絶対知らないぜ、万が一そんな意義込めておめでとうなんて言わ
れたら、ひいちゃうぜ、と思った。



出演者情報:光野貴子 03-5571-0038大沢事務所
音楽:坂出雅海(ヒカシュー) http://twitter.com/sakaidesan

shoji.jpg  
動画制作:庄司輝秋



Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ
Page 1 of 3123