岩田純平 2012年2月15日(別冊)

東芝LED電球 ラジオCM「別れ」篇

          ストーリー 岩田純平
             出演 菅原永二内田慈

男 :一緒に暮らして何年だっけ?
女 :10年かな。
男 :10年か。いろいろあったな。
女 :あったね。

女 :はじめて会った日のこと、覚えてる?
男 :え・・? 覚えてないな。
女 :あの日永二は、私のことまじまじ見つめて「きれいだな」って言ってくれたんだ。
男 :そんなこと言った?でも、きれいだったから。まぶしかった。
女 :ふふ。でも、すぐ他に彼女できたよね。
男 :うん。
女 :あ、その前に犬を飼ったんだ。
男 :ああ、ジョン。
女 :で、そのジョンをダシにしてまさみさんを家に呼んだんだよ。
男 :そうだっけ。
女 :ジョンが寝た隙にキスしてたよね。ジョンは寝てたけど私は見てた。
男 :よせよ。
女 :電気消されちゃったからその先は見てないけど。
男 :何言ってんだよ。
女 :で、とんとん拍子で結婚。でも婚姻届け2回書き間違えてたよね。
男 :そうだっけ?
女 :配偶者の名前。やばいよ。
男 :緊張してたんだよ。
女 :そう?ためらってたように見えたけど。
男 :そんなことないよ。

女 :そんな永二もいまや子ども三人。
男 :うん。
女 :・・・ねえ。
男 :何?
女 :いま、しあわせ?
男 :うん。いい人生だよ。
女 :ならよかった。見てればわかるけどさ。

女 :あ、そろそろ私、ダメかも。
男 :ちょっと薄くなったけど、まだ、大丈夫だろ。
女 :ダメだよ。まさみさん、帰ってきちゃうし。早くしないと。
男 :うん。
女 :怒られちゃうでしょ。弱いんだから。
男 :そういうなよ。

女 :私って何だったのかな。
男 :何って・・。
女 :私も、家族の一員だったのかな。
男 :もちろん。
女 :そっか。
男 :この家の誰よりも長い付き合いじゃないか。
女 :(笑)長いよね。でも、もうおしまい。
男 :おしまい、とか言うなよ。
女 :明るく別れようよ。明るい日々だったじゃない。
男 :そうだな。
女 :ありがと。・・楽しかった。まさみさんをたいせつにね。
男 :オレも、楽しかったよ。いままで、ありがとな。
女 :じゃあね。

SE:パチン。キュルキュル。

NA:東芝のLED電球は寿命10年。あなたの一番近くで、あなたを明るく照らします。

SE:ガチャ
妻 :ただいまー。電球変えといてくれたー?
男 :変えたよ。

SE:パチン

男 :新しい10年が、はじまるな。
女 :はじめまして。 (同じ声で)

NA:LEDは東芝。

出演者情報:菅原永二 http://talent.yahoo.co.jp/pf/detail/pp8894
      内田慈 03-5827-0632 吉住モータース所属

Tagged: , , ,   |  1 Comment ページトップへ

佐倉康彦 2011年12月18日

瞳の奥の漆黒の、

            ストーリー さくらやすひこ
               出演 内田慈

今夜もまた、
私は掟を破る。
深夜の薄暗いエレベーターホールに
誰もいないことを確かめながら、
マンションのゴミ置き場へ
そろり急ぐ。
コンビニ袋に溜まった
ビールの空き缶たちが
カラカラと情けない音を立てながら、
迷い猫のような私の姿を嗤う。
私が暮らす街は、
空き缶などの資源ゴミを
回収の朝に出すというルールがある。
前夜に出すと、
それを不法に持ち去る輩が
いるからだそうだ。
街の美観、治安が乱れるから。
条例で定められた
指定業者にしか
空き缶は渡すべからず。
理由は山のようにあるらしいが、
持ち去る輩たちにも理由はある。
空き缶、という糧。
その糧を街ぐるみで奪えば、
持ち去る輩が減り、
やがて消えてゆく。
それで街の治安も美観も
保たれるという。
いびつな人間同士の捕食関係。
その禁を、掟を破った者は、
同じマンションに住む
私とあまり歳の変わらない
主婦たちのグループから
吊し上げを食った。
ある夜、
その現場を見咎められた若い女が、
ゴミ置き場の前で
数人の主婦に囲まれ、
責め立てられているところに
出くわしたことがある。
私は大型犬に出会ってしまった
猫のように怯えながら
するりと鬼面の主婦たちの横を
摺り抜け、
ちりちりと焦げるように
心の中で呟いた。
「ねぇ、あなたたちが纏ってる
 原色のショールや
 アニマル柄のニット。
 それに、
 あなたたちがベランダに
 無様に飾り立てたクリスマスの
 イルミネーションの方が、
 よほど街の美観を損ねてるよ…」
そんな主婦たちの顔を
思い浮かべながら、
空き缶をひとつひとつ
丁寧にゴミ置き場の籠の中へ
遺棄してゆく。
空き缶たちが音を立てないように、
まるで骨上げをし、
骨壺に収めるほどの慎重さで。
そこに、そのひとは現れた。
漆黒のダウンジャケット。
そのフードを目深く被り、
今流行りのダメージジーンズとは
明らかに違う擦り切れたデニム。
そのポケットに両手を
突っ込んだまま、
私が遺棄する空き缶を
すうっと、見つめている。
「それ、いいですか?」
凍るように身を固くして
構える私に、
とても澄んだ穏やかな声で
話しかけてきた若い男の目は、
とても静かなものだった。
「缶です、空き缶です」
「え?なに?」
「同居人のご飯になるんです」
私はその言葉の意味も解さないまま、
空き缶たちを若い男の手元へと、
がくがくと差し出す。
彼は、私に深くお辞儀をしながら、
とても丁寧にひと言
「ありがとうございます」と
謝辞を述べた。
そして、ゆらりと踵を返し、
街灯の途切れた向こう側の
蹲るようにしてある小さな公園へと
つづく暗がりへと
その姿を溶け込ませていった。
あの夜から、
あのときから、
あのひとが、
私のどこかに触れるようになった。
つぎにあのひとと
言葉を交わしたのは週末。
耳障りなジングルベルをがなり立てる
街のアーケードの路地で
母猫とはぐれた仔猫を
私が見つけてしまったとき。
ただただ、生きようと、
か細く鳴きつづける仔猫を前にして、
途方に暮れていた私の肩越しに、
あのひとは現れた。
彼は仔猫を両手で包み込むように
ふわりと抱き上げると、
あの夜と同じ
漆黒のダウンジャケットの懐に
その仔猫をとても自然に収めた。
「生まれて半年くらいは
 経ってるみたいですね」
「お母さん、見つかるといいね」
「もう、ひとりで
 生きてゆかないとだめです」
あのひとの声は、言葉は、
私に、というより、
鳴いてばかりの仔猫に
向けられているようだった。
あれから何度か、
あの蹲るようにしてある公園で
私はあのひとと話した。
同じマンションに住む
あの主婦たちの
私とあのひとを見る眼差しも、
いつしか気にならなくなった。
あのひとは、
この公園で、
この街に生きる猫たちと
暮らしていた。
話すことは、
いつも猫たちのことだけ。
私のことは何も訊かない。
あのひと自身のことも何も話さない。
それでも、
あのひとは、
私のどこかに、
温度のある何かを残していく。
それが、
あのひとの言葉なのか、
あのひと自身の存在なのかは、
私にもわからないまま。
わからないままが、いい。
そう、願った。
今夜もまた、
私は掟を破る。
深夜の薄暗いエレベーターホールに
誰もいないことを確かめながら、
仲間を求めて
ゆらりゆらり歩を進める。
縄張りから出て行く
はぐれ猫のように、
あの蹲るようにしてある公園へと
そろり向かう。
漆黒のダウンジャケットを羽織った
あのひとの傍らで、
とても満足そうに毛繕いをしている
足の裏までも漆黒の仔猫が
あのひとにそろり近づく私を
じいっと見つめている。
仔猫の瞳に映り、
像を結び結晶する私の姿は、
どこから見ても
もう猫にしか見えない。
たった今、
私が捨ててきた縄張りに転がる
空き缶の上に、
白いしろい雪が、
薄くうすく、黙って積もってゆく。_

出演者情報:内田慈 03-5827-0632 吉住モータース所属

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

長さ較べ(収録記 2011.11.23 の3)

写真は内田慈さんです。
内田慈っぽいブログ」から借りてきました。
ここまで写真の撮り忘れです、本当にすみません。

内田さんが読んだのは佐倉康彦さんの原稿です。
驚くなかれ、6枚もあるんです。
女性にはちょっと酷な長さだと思います。
体力いりますし、たぶんスポーツ選手並みの腹筋がいる。
そうなんです、声は肉体なんです。
赤松隆一郎さんとそんな話をしたばかり、
その赤松さんと入れ違いに来た内田慈さんは、でもしかし
ぬけぬけとこの長さをやり過ごしてくれる感じもしていました。
テンションが高くなりにくい人のように思えたし
なんか巧妙なすり抜けかたを知っているような気もしていました。

1回め…あかん、ぼろぼろだ。
2回読むのはしんどいだろうと思いましたがOKが出せないので仕方ない。
2回めでクリア。さぞタイヘンだったでしょう。
お疲れさまでした。

それにしても今回の原稿は長いのが多い。
赤松隆一郎さん8分19秒、
赤松さんは自作自演なのでナレーターが死ぬわけではない、
門田陽さん5分58秒。
これも原稿が長いのではなく時間のかかる読みかたをしているからいいとして、
佐倉康彦さん9分53秒を女性が読むのはやっぱりタイヘンなことでした。

1000字くらいでお願いね、ナレーターは基本ひとりよ、って
さんざん言ってるはずなのに、どうも掟破りが最近は多いなぁ。
このままではナレーターが壊滅するかもしれないので
なんとかしなくては。

しかし、佐倉康彦さんと内田慈さんの次は
さらにさらに長い宗形英作さんの原稿が待っていたのでした。
読んでくれたのは森田成一くん、この続きは収録記4で(なかやま)

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

黒須美彦 2011年2月13日


恋するモノローグ

    ストーリー 黒須美彦
       出演 瀬川亮 内田慈

「きっもちいいねー」
「あ、そうだね」
「走ろう」
「え、ああ」

k 今日は、柏木さつきと
  二回目のデートだ。
  デートと呼ぶにはうぶな代物かも知れないが

「あ、月がでてるよ。昼間なのに」
「ああ、そうなんだ、
 白夜月は、
 月齢にもよるんだけど、
 特に冬、上限の月だとよく見える」
「ふーん」
「いま、暦の上では立春だけど、
 まだまだ寒いから…」
「戸田君、詳しいんだね、天気のこととか…」

k あー、なんかつまんない話してるな、俺…
  いつも、こうだ。とりとめくて、雲や星の話ばっかりして、
  まあ、天文部の部長なんだけどね…
s ねえ、
k ん?
s ねえ、君、いま、つまんない話してるな、俺、
  って思ってたでしょ?
k 誰?なに?
s 柏木さつきのココロの声、モノローグね
k ココロの声って
s ええ、君が戸田浩一郎のココロの声なのと、おんなじこと。
  でも、たしかに、退屈だよね。
k え、それって、なに、会話できちゃうわけ、僕たち
s ま、そうなんじゃないの、一種のテレパシーみたいなこと?
k それって、すごくない、
s うーん、そうかな、現にこうやって話しているわけだし、
  そんなことより、君はどう思うわけ?
k どうって
s この、じれったい感じよ
k ま、でもしかたないんじゃないの、悪気はないんだし
s 悪気とかじゃなくって、リビドーないの?
k リビドー?
s 性的衝動
k そりゃまた、ずいぶん、いきなり
  ものには順番てのがありまして?
s なに、じいさんみたいなこと言ってんのよ 
  さつきのキモチになってみればね…
k あれ?さつきのキモチって、
  君はココロの声だから、
  キモチそのものなわけじゃない、
  まそれは、話がこんがらがるから、おいといて、
s うん、そうしといてくれる。
  つまり、戸田君が、どんだけ強く、
  さつきを思ってるかってこと。
k ああ、好きだよ。彼、ていうか俺、
  病的なくらいにね。毎朝四時に、
  さつきが好きだって、
  きゅんと胸が締めつけられて、
  起きたりしているし
s そこまで。それを押し殺しちゃってるんだね。
k そうなんだ。
s あー、でも、いま地動説に行っちゃったよ、はなし
  せめて音楽とかの話題ないの?
k そっちもわりとマニアックなんだ
s たとえば?
k ベル&セバスチャンとか、
s あ、ベルセバなら、さつきも大好き
k なんだ、じゃ、ちょっと待ってて、
  話題変更を命令中枢に指示するから
  ベ、ル、セ、バ…、
  最近のアルバムの話でいいか…

s ね、キスしてよ
k ん?
s キス、しよ
k キスって、僕たちココロの声だよ
  まだ本人達もしてないのに?
s だから、ココロでするのよ
k どうやって
s してみて
k あ、こ、こうかな
s ちょっと違う
k じゃ、こう
s …
k …
s なんとなく、そんな感じかも
k 実感ないけどね
s でも、なんか、いい感じかも、
k 余韻があるね…
s あ!

「あ、バイトの時間だ、あたし行かなくちゃ」
「あ、もう、そんな時間か」
「でも、楽しかったよ、握手」
「うん」

k 本人達より先越しちゃったけど
s 続きが楽しみだね
k じゃ
s また

出演者情報:瀬川亮内田慈 30-6416-9903 吉住モータース所属

shoji.jpg  
動画制作:庄司輝秋

Tagged: , , , ,   |  コメントを書く ページトップへ

佐藤義浩 2011年1月9日



うさぎとうなぎ
          ストーリー 佐藤義浩
             出演 内田慈

生物の進化、などというと、
ちょっとかっこいいみたいだけど、
この理屈には、どうも納得できないところがある。

その生き物が、厳しい環境の中で生き抜くために、
自分が必要とするカタチに姿を変えていく。
もしくは、そういうふうに
たまたま対応できた種だけが生き残っていく。
それが進化というものだとすると、

ウサギの耳が長いことが納得いかない。

敵から身を守るため、
ちいさな物音も聞き漏らさないため。
そうあなたは言うかもしれないが、

だったらもっと、
聞こえやすいカタチにすりゃいいじゃないか。
あの耳は大きい、というより長い。

たとえばウサギが
ゾウのように大きな耳だったらどうだ。
そんなんじゃ、いざ敵が来たとき逃げられない。
だからウサギの耳は細長い。あなたはそう言うかもしれない。

だけどあの耳だって相当にじゃまじゃない?

だから私はこうじゃないかと思うのだ。

ウサギは耳を伸ばしたかった。
というか、ウサギのカラダの中にある思いが、
ずうっとずうっと空に向かって伸びていたから、
耳が伸びたんじゃないか。

聞きたい聞きたい聞きたい聞きたい。
そんな思いがウサギの耳を伸ばしたんじゃないだろうか。

誰だって心の中には思いがあって、
それは長い年月の間に
ずっとかわらずに外に向かって行く。
親から子にその思いが受け継がれていく。

ウサギはそういう思いが強い種族なんじゃないか。
だって寂しいと死んじゃうって言うじゃない。

たとえば、うなぎはなんであんなにヌルヌルしてるのか。
真っ黒くて、手足もなくて、
わざわざあんなにグロテスクになる必要ないじゃん、
なんて思うのは、
人間の勝手な感覚だというのはわかってるけど、

ひょっとしてうなぎは、
誰にもさわられたくなかったんじゃないか。

ひとりでいるために、誰とも交わらないために、
そのためには手足なんてなくてもいい。
そのためにカラダをヌルヌルにして、
ずっとひとりでいることを望んだ。

うなぎの思い。

じゃあ、人は何を思ってここにいるんだろう。
なんでこんなカタチなんだろう。

いろんなことを知りたいし、
いろんなことを聞きたいし、
誰にも交わりたくないし、
誰とでも交わりたい。

なんか中途半端な思いが募って募って募って、
そして何にもなれずに、ここにいるのかもしれない。

すべての生き物が、自分の思いで、
いつも何かになろうとしてるのだとすると、
すべては何かになろうとする途中なんだろう。

本当はすべてのもののもとはひとつで、
それが思いによってカタチを変えていく。

そう思った方が、なんか楽しくない?
まあ、あなたがどう思うか、なんて、
ボクにはどうでもいいけどね。

うさぎになりたくてうさぎになってないもの、
うなぎになりたくてうなぎになれてないもの、

そういうのを、さなぎという。変わる途中だから。

あ、いままで真剣に聞いて損した。みたいな顔、
やめてくれないかなあ。

出演者情報:内田慈 03-6416-9903 吉住モータース

Tagged: , ,   |  2 Comments ページトップへ

小野田隆雄 2010年10月3日

a0001_011927_m.jpg

目ざまし時計

ストーリー 小野田隆雄
出演 内田慈

目ざまし時計を買いました。
夜遅くひとり、
コチコチ鳴るのを見つめています。
私の影は壁にうつり
ブルーな本を手にしています。
たとえばほんのすこし
ウィスキーを飲むと
心は夢へ逆もどりしてしまうから
ほんとうにねむくなるまで
グラスにたくさん
飲むようにしています。
あなたの部屋の窓から
湘南の海を、最後に見たのは、夏の終り。
そして、いまは、秋の終り。
もうすぐやってくる、
あなたの誕生日。でも、
海にあるのは波ばかり。
空にあるのは風ばかり。
さようなら、あなた。
そして誕生日、おめでとう。
今夜は目覚まし時計の音を
ショパンと一緒に
聴きたいと、思っています。

出演者情報:内田慈 03-6416-9903 吉住モータース

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ
3 / 3123