古川裕也 2015年11月22日

1511furukawa

にほんについて

    ストーリー 古川裕也
       出演 岩本幸子

ポールとマリーは、ラスパーニュ通りを歩いている。
「週末どうしようか」
 「ごめんなさい。来週展示会があるの。今週は休めないのよ。」
ポールは小鼻を少し膨らませる。
「え。日曜も?」
 「そうよ。週末とはたいていの場合、日曜も含むのよ。」
ポールの小鼻はもう少し膨らむ。
 「キリスト教徒として、それは、どうなんだろう。
  だいいち、そんなにたくさん働いて、まるで日本人みたいじゃないか」
マリーは、ポールの顔を見る。小鼻の膨らみに気づく。
  「あら。あなた日本に行ったことあるの?」
 「ない。」
  「じゃあ、わからないじゃないの、日本人がどのくらい働くかなんて。」
ポールは少し目を剝く。
 「だってみんな言ってるじゃないか。」
  「みんなが言ってるからって、それをそのまま信じるという態度は、
   どうなのかしら。」
ポールはもう少し目を剝く。
 「だって、あんなに遠くにあるんだから、しょうがないじゃないか。
  情報を信じるしか。とにかく日本人は僕たちとちがって、
  やたらめったら働くんだよ。」
  「あなた、日本がどこにあるか知ってるの?」
 「もちろん知ってるさ。」
  「じゃあ、地図書いてみて。」

今日の空は、地中海的に青く雲が低い。
ポールは、足を止め、上を向く。人差し指を立てて、
それを動かして空に向かって地図を描く。
濃い目のブルーバックに、白い線がくっきり浮かび上がる。
東アジアは島の多い地域だったと思うが、ポールの地図には島がない。
マリーは、空を見る。そして、訊く。
  「この場合、日本はどこになるの?」
ポールは答える。
 「ここだよ。この大きな大陸の右端だ。」
  「あなたの地図によると、中国と日本は陸続きなのね。」
 「そうだ。」
ポールは答える。自信満々に。
「だって、日本と中国はほぼ同じものだろ。顔も区別つかないし。」
マリーは反論する。
 「明らかに違う国だと思うわ。その証拠に年中もめてるもの。
  大昔のイギリスとフランスみたいに。
  だいいち、日本は島国じゃなかったかしら。イギリスとおなじで。」

ポールの小鼻が再び大きくなる。人差し指を使って空に向かって、
新しい地図を描く。
今度は、日本が中国大陸からめでたく切り離された。
けれど、その日本は、腰痛もちの明太子のように、
中央部が曲がった楕円形のかたまりだった。そして、中国より大きかった。
マリーは顔をあげて空を見る。
 「あら。ずいぶん大きいのね、日本て。」

ポールは再び目を剝く。
キングクリムゾンのジャケットのような顔になっている。
今度は、マリーが人差し指を立てて、空に向ける。そして、描く。
とてもていねいに。ゆっくりと。ポールの30倍くらいの時間をかけて。

マリーは人差し指をおろす。
ポールが言う。
「君によると、中国はものすごく大きくて、日本はとてつもなく小さい。
しかも、4つの島に分かれているというのか。」
マリーは答える。
 「そうよ。中国はものすごく大きくて、日本はとてつもなく小さいのよ。
  そうよ。しかも、4つの島に分かれているのよ。
  グレート・ブリテンのように。」

西洋が日本を知らないように、日本も西洋を知らない。

マリーの人差し指が描き出す美しく正確な曲線を見て、 
ポールの顔は、よりキングクリムゾン・ジャケット的になっていた。
 

出演者情報:岩本幸子 劇団イキウメ http://www.ikiume.jp/index.html


 

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

直川隆久 2015年5月17日

1505naokawa
治療してはいけないのでしょうか?

      ストーリー 直川隆久
         出演 岩本幸子


妊娠2ヶ月目の母親です。
母子ともに大変健康な状態ではあるのですが、
今、悩んでいることがあります。
お腹の子の顔に、遺伝子美容治療を施すかどうかです。

わたしも夫も、また両家の両親も、十人並以下の容貌ですので、
認めたくはありませんが、
娘のルックスに大きな期待はできないと思います。
ですが、それでは娘が不憫です。
将来自分の容貌には自信を持って生きられるように
させてやりたいと思うのです。

ネットでいろいろと調べましたところ、
2,000万円ほどだせば、胎児の遺伝子を操作し、
ほぼ芸能人レベルの顔にする治療が病院で受けられるようです。

わたしとしても、娘の顔が自分にも主人にも似ていないものに
なってしまうことには寂しさを感じますし、
事実主人はこの話に乗り気ではありません。
また、「子どもの人権を侵害する」とのことで、
一部の団体のみなさんからこの治療はかなり攻撃されていることも
知っています。

実は、わたしも娘を授かる前はそう思っていました。
でも、自分が妊婦となり、
ママ友さん達の輪の中で実際に治療を受けられた方の話を
何度か聞いている間に、少しずつ考え方が変わってきました。

その種の団体の方々はいろいろなことをおっしゃいますが、
その方々は娘の人生に責任を持ってくれるのでしょうか。
娘が人生を最大限楽しむことを阻む権利が、
あの方々にあるのでしょうか。
容貌のよさが娘の人生に自信を与えこそすれ、
何か不具合をもたらすとは思えません。

「自分と同じ顔に生まれてほしい」というのも
「親のエゴ」ではないでしょうか。
しかも、2,000万という、ローンさえ組めれば手がとどく金額なら、
できるだけのことをしてやるのが親の務めではないでしょうか。
(これが『1億』といわれればむしろあきらめもついて、
 気が楽だったかもしれませんが)

以前、どこかの国のプリンセス姉妹の、
妹さんのほうにばかりマスコミの注目が集まったことがありましたね。
お姉様の心労はいかばかりだったでしょう。
結局、世間というものは、女の顔しか見ていないのです。
悲しいですけれど。

たしかにもし娘が大きくなってこのことを知れば、
多少はショックかもしれません。
でも、「生まれてからいじった顔」ではなく「生まれ持った顔」なのだから、
なんら恥じることはないのよ、と話せば、
わかってくれるのではないかと思います。

わたしは、間違っているでしょうか。
3ヶ月目に入ると、遺伝子操作のリスクが高まるということなので、
近々に結論を出さねばならず、
ネットユーザーの皆さんのお知恵をお借りすべく、
書き込みさせていただきました。

ご回答、よろしくお願い申し上げます。

・ ・・・・・・・・・・・・・・・・

この質問に、回答しますか?


出演者情報:岩本幸子 劇団イキウメ http://www.ikiume.jp/index.html



Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

三つの春(三春)




「三つの春」

       ストーリー 細田佳宏
          出演 岩本幸子

春には三つ、あるのだそうです。

梅の花の咲く春。桃の花の咲く春。そして、桜の咲く春。

普通、春はそんなふうに一歩ずつ近づいてくるのだけれど、
この町には三つの春が同時にやってきます。
福島県三春町(みはるまち)。三つの春と書いて三春。

父は、桜の木を見上げている幼い私に、
この小さな城下町の名前の由来を、そう話してくれました。
今思えばどこまで本当なのかは知りませんが、
何て素敵な名前だろうと私はその時思ったのです。

この三春町には、その名を象徴するように
「三春滝桜」と呼ばれる大きな桜があります。
日本三大桜の中で最後に咲くその巨大な紅枝垂れ桜は、
樹齢千年以上といわれていて、高さは十三メートル。
幹回りは十一メートル。枝張りは二十八メートルもあり、
四方に広がった枝から花が咲く様子は、まるで紅色の滝が流れ落ちるようです。
その美しい花の姿を見るために、
室町時代の殿様は早馬を立てて開花の様子を日々待ちわびたといいます。

私が子どもの頃は、父に連れられて毎年、
馬ならぬ自動車に乗せられて花見渋滞の中、わざわざ滝桜を見に行ったものでした。
駐車場から少し歩いた小高い丘には、桜を間近で見ようと行列に並ぶ人、
お弁当を広げる人、屋台で買ったほうろく焼きをほおばる人。
たくさんの人、人、人。
写真好きな父は難しそうなカメラを構え、
滝桜をバックに私と母の写真ばかり撮っていました。
桜なんて何年経っても、いえこの滝桜はきっと何十年だって変わらないのに
何でわざわざ毎年写真を撮るのだろう、なんて私は思っていたのだけれど。

でも大人になった今、わかる気がします。

この頃はいろいろなことがあり過ぎて滝桜から足が遠のいていたのですが、
今年は、やっと歩けるようになった娘を連れてあの滝桜を見に行こうと思います。
運転係は父ほど写真が上手ではないけれど、父によく似た優しい旦那さんです。

お父さん、もうすぐこの町にも少し遅い春が来ます。
福島の春はこれからです。


福島県三春町:http://www.town.miharu.fukushima.jp/

滝桜:http://www.takizakura.com/

福島の旅:http://www.tif.ne.jp/



*「東北へ行こう」は
自分のとっておきの東北を紹介し、あなたを東北におさそいする企画です
下のバナーもクリックしてみてください


ハナサケニッポン

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

直川隆久 2013年4月21日


姉の卵

      ストーリー 直川隆久
         出演 岩本幸子

「やあ、おそかったやないの」
長靴姿の姉は、6年ぶりに訪れた私達一家を、
かわらぬ笑顔で出迎えてくれた。
クワガタを捕まえてみたいという息子にせがまれ、
久しぶりに実家のあるこの村に帰って来た。

父の代から営む養鶏場を姉は一人で切り盛りしている。
姉はこの歳まで独身だ。
母が病気で亡くなってからは、仕事と父の世話に忙しく、
出会いの機会も少なかった。それのみを目的として結婚するには、
田舎の土地と養鶏場は資産価値がなかったというせいもある。
6年前に父が急逝してから今にいたるまで…
いや、もっと前から、私はこの実家にまつわるもろもろをすべて
姉に処理してもらってきた。

私が美大進学のために東京にでるときも、
姉は私をこころよく送り出してくれた。
「私に気い使うことないんやから。あんたは、あんたの才能のばしなさい。
 お母さんも生きとったらおんなじこと言うよ」と。
その後私は、東京でデザインを学び、アートディレクターとして独立を果たし、
それなりに名前を知られる存在になった。

昼間、息子と夫は近くの野原に虫取りに出る。東京ではできない経験だ。
夕食は、久しぶりに姉と私の二人で準備をした。
私がこの家をでるときに使っていたガスコンロがまだ現役だった。
バチンとひねって火をつけるタイプだ。懐かしい。
ただ、汚れは、以前よりきつくなっているように見えた。
包丁を握る姉の手の指の皺はさらに深くなったようだ。
冬の洗い物が最近はこたえるようになったと言う。
「食洗機くらい買ったら?」と言うわたしに姉は
「もったいないでしょ。一人分のために」と答えた。
離れて生活をする期間が長くなると、共通の話題は少なくなる。
6年前にも繰り返した子どもの頃のあの話この話を一通り喋ってしまうと、
台所には沈黙が訪れがちになった。
煮物のくつくついう音が響く台所で、不意に姉が口を開いた。
「これ、今まで言わんかったことだけどね…お父さん、
 亡くなる前の最後の言葉はね、あんたのことだったんだよ」
「え?」
虚をつかれた思いで、私は振り返る。
姉は、鍋のふたを開いて、中を覗いている。
「そう…なの?」
「あいつは立派になった。あいつは立派になった、いうてね。
 おれはこんな養鶏所しかできんかったけど、
 あいつは東京や外国でも仕事してる、言うて」
「そう…お父さんにはもうしわけないことしたな。
 あのころほんとに私、仕事、仕事で…」
「ずっとそばにおった私のことは、どうでもよかったんよ、お父さんは」
私はぎょっとして姉の横顔を見るが、
姉はいつもと変わらない頬笑みを浮かべながら落としぶたの位置を直していた。
私の視線を感じたのか、姉が「これだけできてたら、
もうええよ。あんた、休んできなさい」と促す。
私はエプロンをはずし、家の中を歩いてみる。
テレビのある居間に、見慣れた写真がかかっている。
姉の、高校卒業のときの写真だ。健在だった頃の父と母、
それに、私達姉妹が並んで笑っている。
子供の時は、毎日見て何も驚きを感じなかった写真だ。
だが今同じ物を見ると、ああ、若いな、と思う。
この頃の姉は、どんな未来を思い描いていたのか。

とりかえしのつかないものを数えることでしか、
人は時間というものを認識できない。

姉は、うみたての卵を使った料理をいろいろと用意してくれた。
だが、食のほそい息子はずいぶん残してしまった。
おやつに、と言って茹でてくれた大量の卵も、
ほとんどが手をつけられずじまいだった。
姉さん、ごめん、と私が小声で言うと、
姉は「気にせん、気にせん。うちの卵はブランド品じゃないもん」
と言ってからからと笑った。
翌朝には東京に帰らねばならない。私達は早めの床についた。

夢を見た気がした。
子どもの頃の記憶だった。
養鶏場の前で、くせえくせえとはやし立てる小学生の男子。
その中に、姉がひそかに思いを寄せている吉田君が混じっている。
その声を無視して掃除を続ける姉の背中が、小さく震えている。
それを私はただ見つめている。

ビールの飲み過ぎのせいか夜中のどがかわいてしまい、目がさめた。
水を飲みに台所に行こうとした、そのとき。
居間から光が漏れているのに気付いた。
のぞくと、電気を消した部屋で、座卓に向かった姉がテレビを観ている。

卵を山盛りにしたザルが座卓の上に載っている。
姉はその一つを手にとり、皮をむいた。つるり、と茹でられた卵の肌が現れた。
姉は、殻をきれいに剥くとその卵を一口に、

ごぼり、

と飲み込んだ。
のどが、ぎゅるりと動き、卵がそこを通過したことが見て取れた。

姉は一定のペースで卵の殻をむいては、

ごぼり。
ごぼり。
 
と、飲み込んで行く。
ザルの中の卵の山が、見る間に小さくなって行く。

見てはいけないものを見た気がしたが、立ち去ることもできず、
わたしは、姉の様子をじっと見つめ続けていた。

あらかた卵がなくなり、大量の殻がコタツの上に散乱している。
そのときに、姉が私に気付いた。

姉は、じっと私をみつめた。
そして力なく、ふ、と笑って言った。
「最近はね、こういう食べ方じゃないと味がせんのよ」
でも、そんな食べ方…からだに悪いんじゃない?
と私が言うと、姉は返事をせずに、再びテレビの方を向いた。
テレビの横からの光が、姉の顔の皺を、不意に見慣れない形に浮き上がらせた。



出演者情報:岩本幸子 劇団イキウメ http://www.ikiume.jp/index.html




Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

岩本幸子から「ひと言」


「姉の卵」と「三つの春」を読ませていただきました。
岩本幸子です。
今回は家族の物語。
私としては琴線に触れまくりの2作品でした。

「姉の卵」は、姉妹の話。
私にも姉がいます。自分と重ねてしまった。
知らないうちに姉を追いつめていたらどうしよう…。
お姉さんの背中が痛々しくて哀れで、揺さぶられました。

「三つの春」は、お父さんとの桜の思い出。
家族で出掛けた花見を思い出し、はしゃぐお父さんの姿が目に浮かんで、
これまたグゥイングゥイン来ました。
お弁当には必ず「つくしの玉子とじ」が入っていたものです。

今年は桜の開花、早かったですね。
「四月になったらお花見に」と思っていたら、すぐ咲いた!
収録のあった3月の第三土曜日。
スタジオからその足で靖国神社に向かい、

満開の桜、堪能しましたー。

屋台で買ったホタテとビール。
花も団子も、どちらも堪能しましたよ。


春は↓に出ています。どうぞ宜しく

イキウメ『獣の柱 まとめ*図書館的人生(下)
作・演出 前川知大
[東京]5/10~6/2 シアタートラム
[北九州]6/9 北九州芸術劇場 中劇場
[大阪]6/13~6/16 ABCホール
イキウメHP:http://www.ikiume.jp/index.html



岩本幸子:http://www.ikiume.jp/ikiumen_iwamoto.html

Tagged: ,   |  コメントを書く ページトップへ

佐倉康彦 2013年2月10日



補色、不調和

    ストーリー 佐倉康彦
       出演 岩本幸子


それは、
随分と前から私に送られていた。
そのシグナルは、
何度も、その輪郭や匂いを変えて、
繰り返し、繰り返し私のもとに
届いていたはずなのに、
私は気づかなかった。
正確には、
気づかないふりをし続けてきた。
かたちや匂いや、その温度は、
送られる度に変わっていたけれど、
色だけはいつも同じだった。
どこまでも深く押し黙ったままの、
吸い込まれるような青。
きょうも、
私のどこかが感じはじめていた。
なのに意識を押し曲げて、
斜めにして、
歪めたまま、
真逆を向いて遣り過ごす。
いつのまにかそれは、
私のもとから後退り、静かに霧散する。
着信を報せるLEDの青く凍った点滅が、
ゆっくりフェードアウトし、沈黙する。
消えた光の行き先は私にもわからない。
ただ、その光の残像が、
治りかけていた傷口のむず痒さのように
私を甘く幽かに擽る。
瘡蓋を剥がしてしまえば、
その朧気な感覚は、
小さな痛みに変わるはずだ。
そして、
そこから赤い滴が膨らみ、
大きく盛り上がり、
いずれ傷口から流れはじめる。
思わず爪を立ててしまいそうな
自分を制して
私は、フリーズしたまま立ち竦む。
まだ、前に進むことはできない。
20メートルほど先で佇む、
もう一方の私は
真っ赤な光の中から、
こちら側を睨め付けている。
じきに青い光につつまれることを
予感しながら。
それまでは、
ここから一歩も前には進めないことを
私は思い知っている。
私に送られてくる青いシグナルは、
赤い赤い私を補ってくれるのだろうか。
それは、きっと叶わない。
あまりに純度の高い青は、
真っ赤な私のそばにいることを
許されないだろう。
その青と
わたしの赤のせいで
眼も心も眩む。
外科医の羽織る手術着の薄い薄い儚げな青色は、
流れ出た赤の、残像を消してくれる。
そう、血の色は、消せる。
だから、
私には
もう、濃密な青はいらない。


出演者情報:岩本幸子 劇団イキウメ http://www.ikiume.jp/index.html


 

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ
Page 1 of 212