ストーリー

中山佐知子 2014年3月39日

その山里は風の谷にあって

        ストーリー 中山佐知子
           出演 大川泰樹

その山里は風の谷にあって一年中風が吹いていた。
南と北に山が迫っていたので
風は季節によって東西に流れる川の上流あるいは下流から吹きつけ、
日によっては家の土台を揺るがせるほどになる。

どうしてこんな住みにくい土地にわざわざ住まうのか
村のはじまりは今となっては知る人もいないが、
ただひとつわかっていることは
風の谷から北の山を抜けて伊勢の神宮に通じる山道があり、
途切れ途切れのその道を案内できるものは
風の谷の村人に限られるということだった。

南朝北朝と天皇がおふたりもおわすいまの世に
伊勢の殿さま北畠は南朝の指揮官だったので
村長(むらおさ)の家にはたびたび見知らぬ顔の滞在客があった。

ある日、しゃらんしゃらんと控えめなと杖の音を立てて
ひとりの山伏がやってきた。
尊い御方であるとの噂もあったが
気軽に山を歩いて薬草を集めたり
病人のいる家を見舞って祈祷をしてくれるので
大人は勿体ないありがたいと手を合わせ
山伏の姿を見て天狗だ天狗だと怖がっていた子供たちも
次第に慣れ親しんで一緒に山へ行くようになった。

ある日、山伏は子供たちに相撲を取って遊ばないかと誘った。
着物を破くと怒られるから嫌だと子供のひとりが答えると
山伏はその相撲ではないと笑いながら
そこにたくさん生えていたスミレを摘んだ。

スミレやエンゴサクの花をからませて引っ張り合う
みやびな花相撲というものを
子供たちははじめて知ったのだが
食べたり薬にしたりする以外の植物に関心を持つことや
スミレの花をつくづく眺めて美しいと思うこと、
そして、その花を自分の手で散らす哀れさも
花相撲と一緒に教わったのだった。

春が過ぎようとする風の夜
じゃらん、じゃらんとまた杖の音を聞いた。
こんどはたくさんの杖だった。
じゃらん、じゃらん。
音は山に吸い込まれるように遠ざかっていった。
大人たちは目を伏せて口を閉ざしていたが
あの山伏の御方にお迎えが来たのだと誰もが思っていた。
そして次の日、本当に山伏の姿は消えていた。

次の春には
都の御所に斬り込んで三種の神器のふたつまでを奪い返した南朝の皇子の噂が
風の谷にも伝わってきた。
皇子は討死にしたとも吉野へ逃れたともいわれ、真偽のほどは定かでなかった。

風の谷の子供たちは
ときおりあの杖の音を思い出すことがある。
御所を襲うほどのことをするのはやはり天狗ではないか。
天狗なら空を飛んで、もう一度ここへお戻りにならないか。
そんな夢のようなことを考える。

伊勢のスミレはいまでも太郎坊と呼ばれている。
太郎坊は天狗の名前でもある。

出演者情報:大川泰樹(フリー) http://yasuki.seesaa.net/

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

渡辺潤平 2014年3月23日

「控え室」

       ストーリー 渡辺潤平
          出演 中原くれあ

あら、どうもぉ。初めましてぇ。
今日から入った人?あら、よろしくね。
お名前は?「さくら」…ふーん、素敵な名前。
いいわよね、さくらって。
こう、パーっと華やかで。日本中から愛されてる感じ?
だけどさ、なんで日本人ってこうも桜が好きなのかしらね。
お花見、なんて言うのもどうかしら?
他のお花だって、そこらへんにもう、うじゃうじゃ咲いてるじゃない?
なんで桜だけお花見?なんなのかしらね、あの、私だけ特別!みたいな振る舞い。

…やだ。ごめんなさいね。
別にあなたのこと言ってる訳じゃないのよ。

あ、私?ごめんなさい!
私、スミレって言います。

…ほら、ね、そういう反応でしょ?
さくらっていうと「かわいい!」ってなるけど、
スミレっていうと「あー、やっぱそうですよね」的なね。
「なんか、影しょっちゃってますよね」的なね。
「辛い恋とかしてきたんでしょうか?」的なね。
いえいえいえって…いいのよ、実際しょってますしね、影。
こんな仕事始めたのも、前の旦那が若い女とシンガポールへパーッと消えちゃって…
そうそう、消えると言えばさ、なんで桜の花って
あんなに一瞬でパーッと散っちゃうのかしらね。
あのわざとらしい感じもキライ。
たかだか一、二週間しか咲かないくせに、散り際まで何だか芝居がかってて。

あとほら、あれよ、桜餅。卑怯よね。いかにも名前がおいしそうじゃない?
どう?「スミレ餅」。ぜんぜん食べたくないでしょ?
食べたら喉につかえてテンション下がりそうでしょ?
それに…ほら、桜新町。素敵な街よね。
どう?「スミレ新町」。ワケありの女ばっかり住んでそうじゃない?
あとは…桜上水。ね、お散歩したら気持ち良さそうだけど、
「スミレ上水」だとしたらどう?身投げとかしたくなりそうでしょ?
そもそもさ、あなた「スミレ」って漢字で書ける?スミレ。
イケてないわよ〜、漢字。
草と蛙を足して割ったみたいな、ビミョーな字なのよ。

…あら、ほら呼ばれてるわよ、さくらさん。5番テーブルですって。
いいわね、さっそく。やっぱ人気者ね、さくらは。いってらっしゃーい。

ハァ…いいなぁ、あのかわいい感じ。
アタシも「さくら」だったら、変わってたのかなぁ…人生。

…ねえ…ねえってば。
あなたよ、ラジオの前の人!
あなた、スミレっていう漢字、書ける?

出演者情報:中原くれあ 03-3352-1842 リベルタ所属

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

直川隆久 2014年3月16日

すみれ、散る

         ストーリー 直川隆久
            出演 遠藤守哉

ときどき行く商店街のうどん屋の主人が、
新しいメニューを試食に来てくれ、とメールをよこしてきた。
ちょうど昼時でもあったので、散歩がてら行ってみることにする。

店に入ると、「ああ、ようお越し」と朗らかな顔で主人が出迎えた。
年齢は50そこそこ。婿養子で、
先代からつづくこのうどん屋を夫婦で切り盛りしている。
先代は80を超えた爺さんで、店にはでず競馬中継を見て過ごす毎日だ。

席に通され、しばし待つ。
昼時だが、ほかに客はない。
「どうぞ」とだされた丼に、予想もしなかった色彩がのっているので、
一瞬ぎくりとする。紫色の花弁が山盛り。
「すみれうどん、て言いまして」と主人が胸を張る。
ほう、なぜまたこんな、その…斬新なメニューを、と水を向けると、
堰を切ったように喋り出す。

「わたしらうどん屋も、新しいことにチャレンジせなあかん思いましてね。
チャレンジせな、生き残れませんがな。
もっとね、若い女性に食べてもらわなならん。
ほんでね、わたし、考えたんです。うどん屋に欠けてるもんは何か。
それはね、はなやぎですわ。はなやぎ」と主人がぐっと顔をこちらへ近づけた。
右のおでこのホクロの毛が見える。

主人は“宝塚”好きということもあり、
女性に間違いなくアピールするマテリアルとして
「すみれ」の発想を得たのだと言う。
すみれの花は実際に吸い物の具にしたりもするらしいので、
あながちでたらめということでもないらしい。

食べてみると、見た目を重視したせいか花を湯通ししていないので、
少々えぐみがある。が、しかし、これはだめだ、というほどでもない。
むしろ野趣があるとも言える。
こういう変わりメニューは、味よりも話の種になるかどうかが大事だ。
存外、いけるかもしれない。

いや、これはなかなかだ、
もしテレビに取り上げられたら若い女性が行列をつくるかもしれませんな、
と述べると主人はほくほくと笑い
「まあまあ、やっとくなはれ」とビールとコップをだしてきた。
ありがたくいただく。
「もしテレビに」以下はあくまで一般論であるので、
でまかせの世辞を言ったつもりはない。

正直に言うと、私は少しく驚いていた。
この国を覆う焦燥感に、である。
巷の讃岐うどん屋のように手打ちにこだわるでもなく、
どちらかといえばふにゃふにゃで主張のないうどんを、
殊更に問題意識なく何十年来売り続けて来た男にまでそういう気を起こさせる、
この国の「なんとなくこのままではいけない感じ」に。
コップのビールがいつもより苦く感じたのは…
舌に残ったすみれのアクのせいだろうか。

一週間ほど仕事でばたばたしたあと、外出時にうどん屋の前を通りがかった。
中をのぞくと、客は誰もいない。
店内の椅子にこしかけ、ぼんやりとテレビを見ていた主人がこちらに気づき、
さえない表情で会釈をした。
店に入り、どうです、新しいうどんの評判は、と訊くと、
主人はかぶりを振って「やめですわ」と答えた。
やめた?なぜ?
「おやっさんがやめえ、言うんです。ええ年してはしゃぐな、て」
店の奥から競馬放送の音が聞こえて来る。
もったいないですな。客には出したのですか。
「ええ、だしました。二人ほど」
どうでした、評判は。
「ええ、まあ…悪なかった、思いますで」と主人が目をそらした。
「けど、おやっさんは…気にいらんかったみたいですな」
話はそれきりになった。わたしは、きつねうどんを注文した。
あいかわらず、腰のないうどんだった。

ひょっとして、先代の爺さんが止めたのは、
婿養子のアイディアが評判を呼ぶのを苦々しく思ったためなのか。
いや、本当に評判が悪かったからなのか。それは今では分からない。
なぜなら、それからほどなくうどん屋は店を閉め、
主人とその家族もこの町から姿を消したからである。
うどん屋は取り壊され、後にはチェーンのセルフうどんの店が建った。

出演者情報:遠藤守哉 青二プロダクション http://www.aoni.co.jp/

  

Tagged: , , ,   |  コメントを書く ページトップへ

小山佳奈 2014年3月9日

「だから言ったじゃん。」

        ストーリー 小山佳奈
           出演 石橋けい

スミレさぁ、
だから言ったじゃん。
いい年して、パンケーキ食べてるだけのブログ、
いいかげんにやめなって。
あと一緒に載せてるスムージーって、
たぶんアサイーボウルだし。
DEAN&DELUCAのかばんも自慢気に載せてたけど、
別にいま街中のOLみんな持ってるからね。
つけまつげも、真っ赤な口紅も、なんか微妙だし、
だいたいアヒル口ってのも、ちょっともう、つらいし。
ドラマとかCMの仕事してるって言ってたけど、
全部スタンドインって奴でしょ?
そこからスカウトされるんだって言ってたけど
そんな子ほぼいないらしいじゃん。
っていうか10年もやってたら、気づくよね、ふつう。
あとその芸人目指してるとか言ってた彼氏?
いやそいつが本気で目指してるかどうかも怪しいけど、
そいつが合コン行きまくってるって知ってた?
友だちが行った合コンに来てたらしいんだけど、
「オレにバカみたいに貢いでくる女がいるんだよね」
って言ってたらしいよ。 
だいたいそいつのネタ、全部ニコ動のパクリだって、
気づいてた?
お金ないのに、よくわかんないとこで整形なんてするから、
よくわかんない顔になっちゃって、
あんたのお母さん、自分の娘か確認しろって言われても、
しばらくは全然わかんなかったんだよ。
っていうか、あんたスミレなんて名前じゃなかったじゃん。
松川スミ子って、名前見てみんなぎょっとしてるよ。
そういう、うすっぺらなところが大っきらいだった。
そういう、バカで、単純で、流されやすいところが大っきらいだった。
なんで最後まで笑ってる顔しか見せてくれなかったの。
なんで怒ったり泣いたり恨んだりしてくれなかったの。
なんでほんとのこと言ってくれなかったの。
ねぇ、何で死んじゃったの。
何か言ってよ。スミレ。

出演者情報:石橋けい 03-5827-0632 吉住モータース


Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

中山佐知子 2014年2月23日

山の野いちごは6月に実る

        ストーリー 中山佐知子
           出演 大川泰樹

山の野いちごは6月に実る。
雪も消えて新緑の時期だ。
土の下からはネマガリタケが顔を出しているから
まだ食べ物の不自由はない。

母熊は手のひらで野いちごを潰しては
太陽にかざして乾かしている。
これは半年も先の冬眠の非常食のようなもので
冬眠中の熊は野いちごと蜂蜜がこびりついた手を
ときどき舐めながら冬を過ごすのだという。
熊にとって野いちごは命の糧であり
野いちごの季節は、命をつなぐ祭りのようなものだ。
食べものの乏しくなる夏を前に
山は、こんなに赤く美しく養分に富んだ果実を熊に与える。
2歳になった小熊も親にならって
夢中で野いちごを食べている。

熊は冬眠中に雄と雌一頭づつの子供を生む。
いつ生むのかたずねてみると
秋山郷のマタギは、おおかた節分の頃だろうと答えた。

いまは禁止されているが、
昔は冬眠中の熊を撃つ猟がさかんだった。
穴にこもる熊を撃つので穴熊猟と呼ばれた。
ところが、何十年も熊を撃ってきたマタギでも
腹に子が入っている熊を撃ったことがない。
話にも聞いたことがない。
死んだ熊の解体は何百と見て、
熊のカラダを知り尽くしているマタギでも
腹の子を見たことがないという。

マタギにとって山は神であり、熊は山の王である。
山の王の子供を身ごもった母熊は
撃たれて死ぬとき、
子供の姿を見せないようにするのだろうか。
妊娠中の熊は人の気配を察知すると
みずから流産して腹の子を食べると信じるマタギもいる。

山の6月、野いちごが実ると
母熊は子供を野いちごが実る谷へ連れて来る。
ころころと幼い小熊でも山の作法は知っており
野いちごの木の枝を折ったり踏み荒らしたりすることはない。
人間のように、根ごと引き抜いて持ち去ることもしない。
丁寧に実だけを取って食べている。

野いちごの実は赤くて甘い。
その野いちごの祭りのさなかに、2歳の子を連れた母親は
夢中で食べる子供を残してその場を立ち去る。
熊がこうして子供を自立させることを
マタギの言葉で「いちご落とし」というそうだ。

出演者情報:大川泰樹(フリー) http://yasuki.seesaa.net/

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

三井明子 2014年2月16日

「いちご娘」 

          ストーリー 三井明子
             出演 宮下今日子

冬が嫌いだった。
いちご狩りシーズンだから。

いちご農家に生まれた私は、冬の休日は“いちご娘”になった。
“いちご娘”というのは、いちご狩りの客寄せをする役のこと。
いちご畑のビニールハウスの前で、通りすぎる自動車に向かって、
「どうぞ」とか「ようこそ」とか言いながら、
いちごの形のボールをぐるぐる回す。

こんなの効果ないじゃん、と私は不満タラタラでやっていた。
ただ、となりのビニールハウスの前に、
美人のお姉さんが“いちご娘”になって立つたび、お客がぐんと増えるのだ。
一方、私のおかげで客が増えたという経験は、ほとんどなかった。

そんな、ささやかな挫折と絶望を味わいながら、
休日の日中をまるまるつぶし、
寒空の下、客寄せをするのは辛かった。
時々、同級生が通り過ぎて、冷やかされるのも嫌だった。
大学進学のために実家を離れ、
「いちご娘」から解放された時のよろこびは忘れない。

年月はあっと言う間に過ぎ、
今では、いちご農家は弟が継いでいる。
この間、実家に帰ったときに、
「久しぶりに“いちご娘”やってみようかな…」と何気なくつぶやいてみたら、
皆にゲラゲラ笑われた。

今になって気づいた。
“いちご娘”をやらされるのも花だったのだと。
あの時、もっと楽しんでおけばよかったのかな、“いちご娘”。

出演者情報:宮下今日子 03-5827-0632 吉住モータース所属

  

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ