国井美果 2013年9月1日

「お月見どろぼう」

                     
    ストーリー 国井美果
           出演 石橋けい
                      

夜だけど、青空だね。

冴えわたる夜空を、雲がよこぎっていく。
真円に近い月が金色に光っている。
地球にいるかぎり、あの裏側を見ることはない。
裏側には顔が書いてあるらしい。
または、秘密基地がひしめいているらしい。

ちょうどいい塩梅の風が吹いていく。

すごい。ザ・中秋の名月だ。カンペキだ。
気分もいいので勝手に祝うことにする。

ベランダに箱をおいて、水色の手ぬぐいを敷いて、
ピーコックで買ったお団子と、缶ビールと、花瓶にさした薄をおいた。

缶ビールをあけたら、ふーっと、薄が揺れた。
目を閉じる。
いろんなことがどうでもよくなる。
ATMの長い列で、うしろのおばさんに抜かれたことなど、どうでもいい。

と、ふと目をあけると、箱の上の缶ビールがない。
倒したかな、と辺りを探しても、ない。
よくよく見ると団子もひとつ減っている。

こりゃあ・・・

こんな月の夜は、判断は自分次第だなあと思う。
物騒な想像よりも、今夜はファンタジー志向かな。
だいいち、ここは8階のベランダだ。

いつか、おばあちゃんに聞いたやつかな。
お月見どろぼう。

お月見の日だけ、子供たちは
お団子やお菓子を公然とぬすむことができるという昔からの風習、
イベントだ。
「お月見くださーい」というかけ声が
ハロウィンなんかより、シックでかわいい感じがする。

薄は神様の寄り代だというし、神様のいたずらか。
それとも、月からおつかいの子供がきたか。

にしても、堂々とビールをもってくあたり、
なかなかの子だな。
と、ニヤリ。

出演者情報:石橋けい 03-5827-0632 吉住モータース

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

石橋けいから「ひと言」

久しぶりにTCSに呼んで頂き、浮かれ気分半分、ドキドキ半分、
ランダムハウスに向かいました。
夏の収録は初めてで、今までとはまた違う景色が、そこにありました。
お茶セットの横には、氷が山積みされていたり(嬉笑)

今回読ませて頂いた、とてもキュートな2作品。
国井美果さん「お月見どろぼう」
竹原知里さん「宝箱」
東北の澄んだ空気の匂いや、緑の美しさ、星空を
めいっぱい感じられる素敵な作品で、
読ませて頂けた事に、感謝の気持ちでいっぱいです。
私の東北にいる伯父は、今も仮設住宅に居ます。
復興が中々思うように進まない中、
東北の皆さんが日々頑張っていることを、常に忘れずにいたいと思います。
ありがとうございました。

お知らせがあります。
2年前に東京で公開をスタートして、
それから約1年間かけて全国を回ってきた、
映画「ミツコ感覚
遂にDVD発売を開始致しました!
山内ケンジ監督、映画初監督作品です。
個々の俳優のリアルな感情は、山内監督によって引き出され、
最高のスタッフによって、形になりました。
演者と同様に、観て下さる皆様の心の中を、
少しでも掻き乱す事が出来れば嬉しいです。
宜しくお願い致します!

またTCSに呼んで頂ける日を、楽しみにしています!!

残暑厳しい日が続いています、皆様どうぞお体ご自愛下さい。

石橋けい
http://www.y-motors.net/actor/ishibashi.html

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

山内ケンジ監督「ミツコ感覚」DVDが出ました

この映画のDVDは石橋けいさんが出ているので見たいわけです。
清純派である私の基準からすると
映画館にはちょっと行きにくいわけです。
ことに知り合いが出ている映画というのは、
恥ずかしくて直視できなかったりしますし。

こういうときにDVDというのはありがたいですね。
直視できなくても、斜めからでも横からでも見られますし
見逃したところは巻き戻せますし
あわよくばメイキングとかもついているかもしれないし。

そんなわけで、やっと出たDVD、私はこれを買いますよ。
皆さんもぜひどうぞ。

そうそう、監督の山内ケンジさんは、
おもろいCMをたくさんつくっておいでのディレクターで
ソフトバンク白土家はその代表だと思うのですが
私はコンコルド(パチンコ)が好きなので
敢えてこちらでコンコルドのCMをひとつ紹介しておきます。

ありゃ〜、「ミツコ感覚」の出演者が踊ってますね。
踊っている石橋けいさん、ふかふかとおいしそうですね。
おいしそうって、変な表現ですが、でもなんかうまそうですね。

山内さんの演劇に関しては、城山羊の会のHPをどうぞ。
http://shiroyaginokai.com/

Tagged: ,   |  コメントを書く ページトップへ

白鳥(宮城県白石市)

『白鳥』

       ストーリー 細田佳宏
          出演 石橋けい

吐く息が真っ白に変わり、蔵王の山が雪化粧する頃。
今年も白鳥の鳴く声が、
白石(しろいし)の町の澄んだ空にこだまします。

通勤の途中、
厚手のコートとマフラーに身を包んで東白石(ひがししろいし)駅を通りかかると、
ホームの向こうを流れる白石川で
羽を休めるたくさんの白鳥たちを目にすることができます。
白鳥は朝には川から飛び立ち、近くの田んぼで餌を探し、
夕方にまた川へと戻ってきます。
白銀の雪景色の中を大きな羽根を広げて舞う白鳥の姿は
いつもながら目を見張る美しさです。
この白鳥たちは、シベリアからやってくるのだそうです。
シベリアなんて私には想像もつかないけれど、
夏に生まれた子供の白鳥も
親と一緒に3000kmの距離を渡ってきます。

誰かの受け売りですが、
東北の、特に宮城には白鳥(しらとり)神社という名前の神社も多く、
白鳥は神の使いとしてとても大切にされていたそうです。
冬になるとやってきて、またどこかへ去っていく真っ白な鳥を、
昔の人はどんな思いで眺めていたのでしょうか。

そう言えば、このあいだ町の図書館で、
白鳥についてこんなお話を読みました。

昔々、ヤマトタケルノミコトという英雄がいました。
タケルは蝦夷征伐の時にこの地にしばらく住まい、
長者の娘と恋に落ちました。
二人の間には男の子が生まれましたが、
タケルは命令で都へと帰ってしまいます。
姫はタケルが戻ってくるのを待ちながら
遠い都のタケルを思い慕い、
ついに白鳥になって都に飛んで行こうと、
皇子とともに川に身を投げ、白鳥になり飛び去った。
そんなお話です。

なんだか救いがない話みたいですが、
東北には「めでたしめでたし」で終わる昔話は少ないのだそうです。
白鳥になった姫は都でタケルに再会し幸せに暮らしました、
なんて結末を期待するほど私ももう無邪気な女の子ではありません。

私は白鳥になって飛んでいきたいなんて思わないし、
きっとこの先も生まれたこの土地を離れることはないでしょう。
それが不幸だとも思わないけれど、
でも白鳥になりたかった姫の気持ちも少しわかる気がします。

あなたは今、どこで何をしていますか。
同じ空の下にいますか。どうかお元気で。

今年も東北に白鳥が来ました。

みやぎまるごと探訪http://www.miyagi-kankou.or.jp/

みやぎ観光NAVIhttp://www.pref.miyagi.jp/kankou/

白鳥の飛来地 in 宮城http://watarubuu.at-ninja.jp/003Aabc.htm


*「東北へ行こう」は
自分のとっておきの東北を紹介し、あなたを東北におさそいする企画です
下のバナーもクリックしてみてください

ハナサケニッポン

Tagged: , , , ,   |  コメントを書く ページトップへ

薄景子 2013年1月14日

ミャーミャーミャーコ

       ストーリー 薄景子
          出演 石橋けい

さかみちくだった かどっこの
ちいさなちいさな たばこやに
ミャーコという名の ネコがいた

いねむりだいすき ヤンばあさんの おとなりで 
ミャーコはいつも おみせばん

まいあさとおる ペペじいさんは
まいあさミャーコに ごあいさつ

おはようさんさん ミャーコさん
きょうのてんきは さんざんじゃ

ミャーコはどんな おてんきだって
ミャーミャーミャーと ごあいさつ

となりとなりの ロロちゃんも
がっこうがえりに ごあいさつ

ミャーコちわちわ こんにちわ
きょうのおうたは ロンルラロン

ミャーコもまねして ミャンミャミャミャン
うたえなくっても ミャンミャミャミャン

せっかちロードの ググさんは
いつもいそいそ ごあいさつ

ハロハロハロー グッバイバイ
ミャーコとしゃべる じかんはないよ

ミャーコはちょっぴり はやくちで
ミャロミャロミャローと ごあいさつ

みんなのあいさつ きいてるうちに
ミャーコはミャーミャー かんがえた

せかいでいちばん あいさつを
しっているのは このあたし 

あたしのしらない あいさつは
この世のどこに あるかしら

ミャーコはたばこや とびだして
さかみちあがって おかのうえ
デブネコ ドンに 声かけた

ミャーミャーミャーミャー 
ミャーミャミャミャー

あたしのしらない あいさつは
この世のどこに あるかしら

デブネコ ドンは ムクッとおきて
こわ~いかおして こういった

ひとをジャマする ときはなぁ
おジャマしますと いうんだぜ
ミャーミャーいってる あいさつじゃ
ジャマジャマジャマで しかたねぇ

ミャーコはせなかを まあるくちぢめて
そろそろそろっと にげてった

もりにはいると カーカーカー
まっくろカラスの がっしょうだん
ミャーコもうたって ごあいさつ

ミャーミャーミャーミャー 
ミャンミャミャミャン

あたしのしらない あいさつは
この世のどこに あるかしら

まっくろカラスは カーカーカー
ミャーミャーおまえは うるさいぞ
カーカーきいたら かえれよカー

ミャーコはすりすり あとずさり
もりをぬけだし やまのなか

おおきなやまで ただひとり
やまにむかって さけんださ

あたしのしらない あいさつは
この世のどこに あるかしら

おんなじことばが こだまして
あるかし あるかし ららららら

そらはまっかな ゆうやけで
やまにひびくは こだまだけ

ミャーコはちょっぴり こわくなり
たばこやむかって いちもくさん

やまおり もりぬけ さかくだり
やっとついたよ たばこやさん

いねむりだいすき ヤンばあさん
おやおやムックリ おきている

ミャーコがいなくて たいへんと
おやおやねないで おきている

ヤンばあ ヤンばあ ヤンばあさん
あたしのしらない あいさつは
この世のどこに あるかしら

ちいさなミャーコを ぎゅっとして
ヤンばあさんは めをとじた

ドックン ドックン ドックンクン
きこえてくるのは むねのおと

ドックン ドックン ドックンクン
きこえてくるのは ヤンばあさんの むねのおと

ミャーコや よおく おぼえておいで

いちばんだいじな あいさつは
ココロのおくに あるんだよ

いちばんだいじな あいさつは
ココロのみみで きくんだよ

出演者情報:石橋けい 03-5827-0632 吉住モータース

 

Tagged: , ,   |  コメントを書く ページトップへ

石橋けいから「ひと言」

皆さま、はじめまして。

石橋けいと申します。

この度、1月14日から掲載されます薄景子さんの
『ミャーミャーミャーコ』という作品で、
初めてTokyo Copywriters’ streetに出演させて頂きました。
どうぞ宜しくお願い致します。

石橋けい?知らないけどどんな人?
少し興味を抱いて下さいました方、
Youtubeでいくつか映像出てきます。宜しければ、見てみて下さい(*^^*)

  * http://www.youtube.com/watch?v=tjKj9ccE_yE
      とか、
  * http://www.youtube.com/watch?v=-Chh_2TBLpg
      とか、あります(なかやま)

今年も残り4日ですね。
来年からは、来年からは、と口にしていた私は、
マネージャーに言われてしまったのです。
「明日から」、でしよ??

そうだ…
残り、4日(も)ある。
1日1日を、大事にしなきゃいけないと、改めて感じたのでした。

皆さんにとっても、残りの数日間が悔いのない、
充実した時間でありますように!

そして、そして、よいお年をお迎え下さい♪

また告知等含めまして、度々お邪魔させて頂きまーす!

from 石橋けい(吉住モータース)

Tagged: ,   |  1 Comment ページトップへ
6 / 6« 先頭...23456