藤本組・仲澤南

仲澤南 20年8月8日放送


ヒゲとお札

2024年。
20年ぶりにデザインが変わる、日本のお札。
新しい一万円札に描かれる“顔”は、渋沢栄一だ。

しかし彼がお札の顔の候補に挙がるのは、
これが初めてではない。
1963年、千円札のデザインが変わる時にも、
伊藤博文と並んで最後の候補に残っていたという。

しかし、残念ながら落選。
その理由のひとつが、ヒゲだった。
立派なヒゲをたくわえた伊藤に対し、
渋沢の顔にはヒゲがなかった。
当時は再現の難しい細かなヒゲを描くことで、
お札の偽造を防いでいたのだ。

それから数十年。
偽造防止の技術がすすんだおかげで、ヒゲのない男性だけでなく、
女性もお札の顔に選ばれるようになった。
新しい千円札の顔・北里柴三郎は
ヒゲのおかげで選ばれたわけではない。


topへ

仲澤南 20年5月23日放送


亀の話 亀と犬

「カメ、カメ。」
そう呼ばれた先にいたのは、
硬い甲羅を持ったあの生き物ではなく……
犬だった。

明治時代、日本人は西洋の犬を「カメ」と呼んだという。
そのきっかけは、聞き間違いだった。

「明治事物起源」という本によると
西洋人が“come, come.”
つまり「おいで」と犬に声をかけているのを間違えて
カメだと思い、
それがそのまま全国各地へと広まってしまったのだ。
今でも東北地方の一部では方言として残っているという。


topへ

仲澤南 20年3月21日放送

jen and joe
カウントダウンの話 サン・マルコ広場

イタリアはヴェネツィアの中心地、サン・マルコ広場。
年末になると世界中から数万人の人々が訪れ、
年越しのカウントダウンが行われる。

3、2、1、と数えれば、
広場中がにぎやかになる…かと思いきや、
辺りは静かになっていく。

ここでのカウントダウンの特徴は、
恋人や家族とキスをして年を越すこと。
言葉ではなくふれあうことで、
新年のお祝いと挨拶を交わすのだ。

一斉に歓声が上がる
カウントダウンもさることながら、
時にはこんなロマンチックなカウントダウンも
大切な人と過ごすにはぴったりだ。


topへ

仲澤南 19年12月14日放送

T DMY
タワーのはなし さっぽろテレビ塔

タワーや塔といえば、
テレビなどの電波塔として建てられるものが多い。
北海道の、さっぽろテレビ塔もそのひとつだ。

しかしこのさっぽろテレビ塔。
完成から62年経つが、
テレビの電波塔として働いていたのは
たったの8年ほどだという。

さっぽろテレビ塔の建設後、
札幌市の西にある手稲山(ていねやま)の山頂に
新しく送信所が作られた。
より広いエリアへの送信が可能となったため、
テレビの送信がそちらに移ってしまったのだ。

それから、50年あまり。
さっぽろテレビ塔は地元のシンボルへと、
その役割を変えている。


topへ

仲澤南 19年12月14日放送

nimame
タワーのはなし 名古屋テレビ塔

愛知県にある、名古屋テレビ塔。
1954年に完成した、日本初の電波塔だ。
しかし現在は、リニューアル工事のため休業している。
なんと、「泊まれる塔」になるというのだ。

「未来のタワー」をテーマに行われている、
名古屋テレビ塔のリニューアル。
VRでコンサートを体験できる場所や、
スポーツのパブリックビューイングのほか、
塔の4、5階部分には高級ホテルができるという。

オープンは、2020年の7月。
日本初の電波塔は、日本初の泊まれる塔として、
どんな変身を遂げるのだろうか。



topへ

仲澤南 19年12月14日放送

muratama
タワーのはなし 通天閣

大阪の繁華街・新世界にそびえる、通天閣。
現在見られる通天閣は、実は2代目だ。

初代通天閣は火災に遭ったのち、戦時中に解体された。
地元・新世界の有志たちが再建に乗り出したのは、
およそ10年後のことだった。

建設にあたり、一番の課題だったのは資金繰りだ。
建設の費用を賄うため、
広告スポンサーを探すことになる。
そこに手を挙げたのが、日立だった。
事情を知った当時の日立製作所は、
年間の広告料をなんと10年分まとめて先払いしたのだ。

こうして2代目通天閣は、1956年に完成。
その建設を救った日立のネオンサインは、
今も煌々と大阪の街を照らしている。



topへ

仲澤南 19年12月14日放送

cyawan
タワーのはなし 東京タワー

日本のシンボルのひとつ、東京タワー。
333mのそのタワーは、
完成した当時、世界一の高さを誇っていた。

高さもさることながら、
絶賛されたのはその美しさだ。
設計を担当したのは、内藤多仲(ないとう・たちゅう)。
しかし内藤は、東京タワーの設計にあたって
美しくするための作為は加えなかったという。
代わりに何よりも重視したのは、その安全性だった。
地震も台風も多いこの日本に、
高いタワーを建てるのは並大抵のことではなかったのだ。

安定を得られるよう、上から見ると正方形に。
末広がりにすることで、風や地震に耐えられるように。
無駄なく安全を期した設計を完成させるまでに、
内藤は1万枚もの設計図を書いたという。

今日も東京にそびえるあの美しさは、
安全を極めるための緻密な計算が生み出したのだ。



topへ

仲澤南 19年12月14日放送

Ankh32
タワーのはなし 東京スカイツリー

世界一高いタワー、東京スカイツリー。
634mものタワーには、
地震に備えるためのしくみが不可欠だった。
ヒントとなったのは、
法隆寺などに見られる五重塔だ。

五重塔の中央には心柱(しんばしら)と呼ばれる、
塔とは直接つながらない柱が立っている。
地震が起こったとき、
その柱が塔の本体とずれて揺れることで
お互いの揺れを打ち消しあうのだ。

この心柱の考え方をもとに、
東京スカイツリーの中央にも同様の柱が立っている。
揺れを抑えるこの新たなしくみは、
五重塔になぞらえて「心柱制振」と名付けられた。

2019年現在、世界一の高さを誇るタワーは、
1300年も前の技術によって支えられているのだ。



topへ

仲澤南 19年8月24日放送

とみたや
松と日本酒

松の木が日本酒を飲む、
という話をご存じだろうか。

東京都葛飾区にある、柴又帝釈天。
ここでは毎年2月頃、
寒肥(かんごえ)という行事が行われる。
境内にそびえる瑞龍松(ずいりゅうまつ)の根元に、
寒い時期の特別な肥料として日本酒を与えるのだ。
一斉にまかれる日本酒に、
辺りにはそれだけで酔えそうなほどの香りが漂うという。

木にお酒とは意外な組み合わせに聞こえるが、
実は日本酒のアルコールと糖分は
松の根を温めるとともに、菌の働きを活発にしてくれるそうだ。
おかげで、瑞龍松は樹齢500年近いにもかかわらず
今でも青々とした葉を茂らせている。

人だけでなく木にとっても、
酒は百薬の長なのかもしれない。
もちろん、適切な量であれば。


topへ

仲澤南 19年7月20日放送


銀座のハンバーガー

ハンバーガーチェーンのマクドナルドが
日本に初めて開店したのは、1971年の今日のことだ。

アメリカのマクドナルド本社は車での来客を想定し、
神奈川の茅ヶ崎に1号店をと考えていた。
しかし日本マクドナルドは、銀座への出店にこだわった。

当時の銀座は、流行の発信地。
その中心にある三越1階に1号店を出せば
何百万ドルの広告費に値すると
初代社長である藤田は語ったそうだ。

結果、狙いは当たり
ハンバーガーを片手に銀座を歩く人々は
マクドナルドの広告塔となった。

1号店はすでに閉店してしまったが、
巧みな出店の戦略は今も受け継がれている。


topへ