Vision > 澁江俊一

澁江俊一

奥村広乃 18年12月9日放送

181208-01 かがみ~
雪は花

1000年以上も昔。
雪を花に見立てた歌を詠んだ人がいる。

 霞たち このめもはるの雪ふれば 花なき里も花ぞ散りける

詠み人は三十六歌仙の一人、紀貫之。
まだ花の咲いていない里に花のような雪が降る。
なんと美しい風景だろう。

平成最後の冬。
雪がこの都会を白くしたら。
その美しい余白を
あなたは何に見立てるだろうか。


topへ

澁江俊一 18年12月9日放送

181208-02 GGG
雪の名前

日本語には雨にも
いろいろ名前があるけれど
雪にもまたたくさんの名前がある。

細雪
粉雪
泡雪
名残雪
などの文学的な名前から

ざらめ雪
どか雪
しおり雪
など、積もりかたでついた名前。

こんこんと
しんしんと
はらはらと
など、降りかたの名前まで。

そのひとつで
覚えておきたい名前は、風花(かざはな)。

山などに降り積もった雪が風で飛ばされ、
晴れているのに小雪がちらつく様子。
からっ風で知られる群馬や静岡でよく見られる。
すぐに溶けてしまう、風に舞う白い花。
ぜひ一度見てみたい。


topへ

澁江俊一 18年12月9日放送

181208-03
江戸の雪だるま

日本は雪の多い国。
日本人と雪には
昔から深いつながりがある。

江戸時代の雪だるまの形をご存じだろうか?
描いたのは江戸後期の浮世絵師、
歌川広景(うたがわひろかげ)。
これはとても貴重な文化資料だ。

その雪だるま、
人の背丈よりかなり大きく
あの赤いだるまと同じ形。

顔の前には魚などの
お供え物が置かれている。
どうやら縁起物だったようだ。

江戸時代の浮世絵には他にも
雪で大きなガマ蛙や仔犬を
つくる様子も描かれている。

子どもだけではなく
大人たちも楽しそうに
雪の中を動き回っている。

いつか溶けてなくなる雪で
愛らしい形をつくりだす。
雪と遊ぶ日本の粋な心がここにある。


topへ

奥村広乃 18年12月9日放送

181208-04 kazutan3@YCC
雪だるま選手権

真っ白な雪は、想像力を刺激する。

「雪だるま選手権」
SNSでこのハッシュタグを検索すると
雪だるまの概念が覆る。

愛らしい動物の姿、
有名なキャラクター、
ちょっぴり怖い人間の像まで。
様々な雪だるまを見ることができる。

雪だるまも多様性の時代。
丸いボールのような雪玉を
重ねるだけが雪だるまではないのだ。

あなただったら
どんな雪だるまで、
「#雪だるま選手権」に参加するだろうか。


topへ

松岡康 18年12月9日放送

181208-05
天然の冷蔵庫

雪国で昔から活用されてきた、雪室(ゆきむろ)。

雪を高く積み上げ、藁などで囲むと、
中は温度0℃湿度90%以上と、年間を通して一定となる。
そこに穴をあければ雪室の完成だ。

それはまさに、天然の冷蔵庫。

実は近年、この雪室が持つすごさが科学的に証明されてきている。

例えばじゃがいも。
実験では貯蔵8カ月で糖度が2倍にもなった。

これは一定の温度・湿度かつ、電気による振動が無いために
植物をストレスなく熟成できるためだという。

じゃがいもだけでなく、日本酒、肉、コーヒーまで雪室で眠ることで
抜群に美味しくなるという。

雪が降ったら思い出してみてほしい。
今日も雪室の中で美味しいが育っている。


topへ

礒部建多 18年12月9日放送

181208-06 alanmayers
南国の雪景色

常夏の島にも、雪は降る。

南国の楽園として知られるハワイ島。
標高4205mと富士山よりも高いマウナ・ケアの
山頂付近は雪に覆われることがある。
頂上には、氷河時代の名残である永久凍土もあると言う。

冬に雪が降るのはもちろんだが、
2015年の7月には、夏にも関わらず暴風雪に見舞われた。

気象センターさえ予想できないマウナ・ケアの天気を、
現地の人々は神の仕業だと言う。

その山は、神聖な場所として崇められており、
「ポリアフ」と言う
雪の女神が住んでいると伝えられている。

ハワイ神話に登場する女神の中で、
「最も美しい」と称されるポリアフ。

そんな女神が山肌に施す雪化粧は、
神秘的で、息をのむほどに美しい。


topへ

礒部建多 18年12月9日放送

181208-07 Aozora-UmiDaichi-(青空海大地)
雪の知らせ

雪の結晶の形は、
35種類に分類されると言う。
しかし分子レベルで見れば、同じ結晶はひとつもない。

中谷宇吉郎は、その美しさに魅せられ、
雪について研究を重ねた物理学者だ。

上空の湿度や温度、
様々な条件によって、結晶の形は少しずつ変わる。
つまり、その形を見れば、
気象状態などがつぶさにわかると言う。

3000枚もの結晶の写真を収集してきた中谷は、
こんな言葉を残している。

「雪は天から送られてきた手紙である。」

静かに降り注ぐ雪も、
中谷にとっては雄弁であったのだ。


topへ

松岡康 18年12月9日放送

181208-08
火星の雪

火星にも雪が降るといわれている。

地球から6,700㎞離れている火星は、
平均気温が-43℃と極寒。

地球のように雨が降ることはなく、海や川もない。

ただ、雪は降るのだという。

雪は凍った水と二酸化炭素の化合物。

火星で雪が降るのは南極だけで、
さらに、ある一定の期間だけだという。
それはまるで、地球の冬の様に。

いつか、人類が火星に降る雪を見られる時代が来るかもしれない。


topへ

田中真輝 18年11月11日放送

181111-01 Photo by Josh Wilburne
漆黒の誘惑

秋と言えば食欲の秋。

食欲をそそる香り、と聞いてあなたが
思い浮かべるのは、どんな香りだろう。

焼き鳥屋や、焼きトウモロコシの屋台から
流れてくる、香ばしい匂い。
あの焦げたしょうゆの香りを思い浮かべた人も
多いのではないだろうか。

実はしょうゆの香りは非常に複雑。
ウイスキーやコーヒー、バナナやリンゴ、
バラなどの香り成分がなんと300種類も
含まれているらしい。

複雑で豊かな香りが立ち上る漆黒のスパイス。
今日も、その香りの誘惑に負けた人々が、
嬉しそうにのれんをくぐっていく。


topへ

澁江俊一 18年11月11日放送

181111-02
食欲と落語

秋と言えば食欲の秋。

人間の「食べたい」という
抑えがたい欲望を見事に描いた
古典落語「千両みかん」。

病に倒れ、みかんを食べたいと願う
若旦那のため、真夏にも関わらず
探し回る番頭。

ようやくひとつだけ見つけた
腐っていないみかんには
なんと千両もの値がついてしまう。
それでも旦那はせがれを救うため
惜しげもなく大金を投じる。

念願果たした若旦那の
食べ残したわずかなみかんを
思わず持ち逃げする番頭・・・

笑いながら聞いているうちに
なんともみかんが食べたくなる、
粋な噺である。


topへ


login