長谷川智子

長谷川智子 20年3月7日放送


ゲーテと外国語

受験シーズンも終盤。
多くの学生が苦しむ英語。
自動翻訳もあるのに、なぜ勉強しなくちゃいけないの?

そんな疑問に答える、ドイツの文豪ゲーテのことばがある。

「外国語を知らない人は
 自国語についても無知である」


教育熱心な家庭で、
幼くして、英語、フランス語、イタリア語など6各国語を習得していたゲーテ。

彼はまた、「他人を知ることで自分を知る」とも言っている。

外国語を学ぶことは、自分を知るための旅、なのかも。


topへ

長谷川智子 20年3月7日放送


大山夫妻の外国語

英語が上達したいなら、勉強するより、恋人を作れ、
などという人もいる。
逆に、英語のおかげで、実った恋もある。

薩摩出身の大山巌伯爵は、
親子ほど年が違う、山川捨松に一目ぼれ。

時は明治15年。
日本語に “共通語”は未だ確立せず、東京は方言が飛び交っていた。
大山の薩摩ことばは、会津出身の捨松にはちんぷんかんぷん。

そこで大山は、英語で愛を伝える。
捨松は、アメリカ留学から帰国したばかりであった。
ほどなく、ふたりは結婚する。


topへ

長谷川智子 20年3月7日放送


日本最初の英語教師

英語の発音が苦手。
なのは、現代人だけではないようだ。

現在のカナダ出身の青年、ラナルド・マクドナルドは、
1848年、鎖国中の日本に上陸する。

捉えられた座敷牢へ、
幕府から英語の習得を命じられた14人の武士がやってくる。

牢の格子越しの英語塾。
「大変のみこみが早く、教えるのは楽しみだった」
と、書き残している。

しかし、
「彼らはLの文字を発音できない。
 LをRと発音する」


200年近くたっても、苦手なことは変わらないなんて。


topへ

長谷川智子 20年3月7日放送


ネルソン・マンデラと外国語

「相手が理解できる言語で話せば、相手は理解してくれる。
相手の母国語で話せば、相手の心に通じる。」


と言った、南アフリカ元大統領ネルソン・マンデラは
人種差別と闘う不屈の精神とともに、
卓越した交渉力の持ち主だった。

国家反逆罪で収監された獄中。
マンデラは看守たちがつかっていた言葉、つまり
自分たちを差別する人々の言語・“アフリカーンス語”を学ぶ。

同じ言葉で話せば、
憎むべき相手ではなく、心通いあう人間同士。
マンデラの待遇は、改善されていく。

心を動かす言葉で、人の変え、世界を変える。
それが、彼の交渉術。


topへ

長谷川智子 20年3月7日放送

Jessic
フェデリコ・フェリーニ

1956年アカデミー賞に外国語映画賞が新設、
外国映画を表彰する単独の賞ができる。

第一回受賞作は
イタリア、フェデリコ・フェリーニ監督の「道」。
芸人ザンパノに尽くす心優しいジェルソンミーナの物語は
言葉の壁を越えて涙を誘った。

2019年、賞の名前は「国際映画賞」へ。
そして今年、外国語作品が、数ある英語映画をしりぞけ初の作品賞に輝いた。
言葉を超えた新しいドラマの誕生。

「違う言語は、人生の違う見方だ」

と言ったフェリーニも笑っているだろうか。


topへ

長谷川智子 19年12月21日放送


ショパンの遠距離恋愛

今日、12月21日は遠距離恋愛の日。

ショパンの「ワルツ第9番 変イ長調」は
遠距離恋愛から生まれた。

故郷ポーランドから亡命途中の町で、
若きショパンは、少女マリア・ヴォジンスカと恋に落ちる。
旅立ちのとき、甘美なメロディのワルツを贈った。
二人の愛の時を忘れないで、と思いを込めて。

後にマリアは別の男性と結婚、
ショパンの遠距離恋愛はあえなく終わる。

この名曲、今は、「別れのワルツ」と呼ばれている。


topへ

長谷川智子 19年12月21日放送

Ben Tubby
イワトビペンギンの遠距離恋愛

インド洋南部から南大西洋にかけて生息するイワトビペンギンは、
遠距離恋愛で知られる。

子育てが終わる秋、雄と雌は別々に海へ旅立ち半年を過ごす。

そして春、元の相手と巡り合い交尾するさまは
カップルが本当に喜び合うよう。
過酷な環境で、協力して子育てをする。

離れてこそ、強くなる絆。
愛の法則は、自然の摂理にも刻まれている。

今日、12月21日は遠距離恋愛の日。


topへ

長谷川智子 19年12月21日放送


ロミオとジュリエットの遠距離恋愛

シェイクスピアの悲劇、ロミオとジュリエット。

たった一晩の別れが辛いと、ジュリエットは嘆く。

「おやすみ、おやすみ、
 別れがあまりに甘い悲しみだから、
 朝になるまでおやすみを言い続けていたい」

恋に落ちた二人にとって、
一夜離れることさえ、遠距離恋愛と感じたのかもしれない

一瞬も離れられないと、周囲に秘密で結婚。
幸せの絶頂から、悲劇は加速する。
遠距離恋愛に耐えられなかった若い二人の物語。


topへ

長谷川智子 19年12月21日放送


松姫の遠距離恋愛

時は戦国。
武田信玄の娘・松姫と、織田信長の長男・信忠の婚約が調う。
7才の姫は、 婚約者と手紙を交わし恋心を募らせる。

4年後、両家の対立で婚約は解消。
10年後、武田家は織田家によって滅ぼされる。

逃げのびた松姫のもとに
「迎えに行きたい」という夫からの手紙が届く。
あらゆる障害を越え、戦国の遠距離恋愛が成就しかけたとき
本能寺の変で夫の命は奪われる。

顔も知らぬ婚約者のことばを胸に
松姫は生涯独身をとおした。


topへ

長谷川智子 19年12月21日放送

Northern Ireland Office
王子の遠距離恋愛

現代を代表する遠距離恋愛カップルと言えば、
イギリス王室のヘンリー王子とメーガン妃。

ロンドンとカナダ・トロント、
大西洋を挟んで愛を実らせた。

その秘訣は?と問われると、
「2週間以上会わないことはなかった」と。

飛行機で8時間、さまざまな障害があっても会わずにはいられない。
熱い思いは、王子も、庶民もかわりはない。

今日12月21日は遠距離恋愛の日。
すべての遠距離恋愛カップルに幸せを。


topへ


login