門田陽

伊藤健一郎 18年1月27日放送

180127-01 Drew de F Fawkes
リンキン・パークの話(リンキンの音)

移民の国、アメリカで生まれたロックバンド、リンキン・パーク。
彼らの音は、ラウドロックやヒップホップなど、様々なルーツをもつ。

だからだろう。生み出したアルバムには、そのつど異なる人格が宿った。
賛否両論こそ繰り返されたが、結局、世界はリンキンの音を無視できなかった。

これは「good goodbye」の一節。

 暗闇に サヨナラを言わせてくれ 
 そして奴らに伝えてほしい
 俺はむしろ星が瞬く この場所にいる


topへ

伊藤健一郎 18年1月27日放送

180127-02
リンキン・パークの話(ピザ屋の写真)

リンキン・パークのボーカル、チェスターが自殺して半年。
メンバーのマイクは、チェスターが加入した日のことを、SNS上で語った。

 97年か98年…
 僕らはUCLAの近くのピザ屋に行って、
 次に何をするのかを話し合ったんだ。
 その当時バンド名はXeroで、曲も6曲くらいしかなかったと思う。
 チェスターも、炎のタトゥを入れてなかったし、赤毛でもなかった。


投稿には、そのときピザ屋で撮った写真がそえられていた。
リンキン・パークという名前さえ持っていない頃、
いちばん隅ではにかむチェスターがいた。


topへ

伊藤健一郎 18年1月27日放送

180127-03
リンキン・パークの話(復興ライブ)

2011年、8月31日。
リンキンパークは、シークレットライブを開いた。
参加条件は、東日本大震災への寄付金を500ドル以上集めること。

ボーカルのチェスターは、こう語った。

 せわしない日常を送っていたり、異なる境遇にいる人たちは、
 どうしても被災者の存在を忘れてしまう。
 でも、自然災害は立ち直るのに長い時間がかかるわけで、
 抱いた想いを風化させないために今回の企画を考えた。


日本のために、多くの人に呼びかけてくれたチェスターの死から、およそ半年。
彼の歌声は、この冷えきった世界で、今日も誰かを温めている。


topへ

伊藤健一郎 18年1月27日放送

180127-04
リンキン・パークの話(死者のミュージックビデオ)

リンキン・パークの曲「not alone」。
そのミュージックビデオには、たくさんの死体が登場する。

すべて本物。2010年に起きたハイチ地震の惨状を
ありのままに伝えようと作られたからだ。

彼らは歌う。

 あなたは進む 過去を手放し 故郷を捨てて
 ゆけ 見ている人はいる あなたはひとりじゃない


情報は風化する。
けれど、彼らの曲が生きている限り、
あの日の真実が忘れ去られることはない。


topへ

伊藤健一郎 18年1月27日放送

180127-05 Gansb
リンキン・パークの話(悪夢)

 オマエが 俺のことを 所有物のように扱おうとも
 オマエが俺とともに 戦ってくれていた頃を思うと
 よくここまで こじれたもんだと驚くよ


リンキン・パークのボーカル、チェスターは、
7歳から13歳まで、年上の友達から性的虐待を受けていた。

その悪夢は大人になってもつきまとい、
チェスターはドラッグに溺れることになる。

 必死にここまで頑張ってきた
 でも最後には そんなことどうでも良いんだ
 全てを失うには落ちるしかなかった

チェスターの自殺から半年。
悪夢と決別するために書いたとみられる「In The End」は、
Youtubeで4億7千万回以上も再生されている。


topへ

チームVisionの伊藤健一郎が新人賞を受賞しました

R0009551
うれしそうですよね、伊藤健一郎くん。
伊藤くんは門田組です。
東海テレビの仕事でTCC新人賞を受賞しました。
なにしろ新人賞は一度しかもらえませんから、
うれしそうな顔も無理ないですが。

伊藤くんの作品はこちらからご覧いただけます。
https://youtu.be/RIgpykD-hrg

そして、同じ門田組の渋谷三紀さんは今年のTCC年鑑の編集員でした。
みなさん、がんばってますね (玉子)

R0009504

topへ

宮田知明 17年10月14日放送

DV239_Mount_Hakone,_Japan
はとバスのお話⑤ / はとバスと箱根

箱根の山は、天下の険。
その山に苦しめられたのは、
箱根駅伝のランナーだけではなかった。

創業当時、はとバスの運転士たちの間で
最大の難所とされた場所、それが、箱根。

未舗装の凸凹道で、バスはすぐにパンクや
オーバーヒートを起こした。
箱根行きの前日は、運転士も本社へ泊まり込み、
整備士たちと一緒に車両整備にあたった。
ツアー当日は、整備士たちに見送られ、
さながら戦地へ向かう兵士のような
面持ちで出発したのだという。

ツアーをつくってきた苦労の歴史を知るのも、面白い。


topへ

宮田知明 17年10月14日放送

002
はとバスのお話④ / はとバスのガイドさん

「右手に見えますのが、東京タワーでございます。」

明るく旅を盛り上げる、はとバスのガイドさんたち。
彼女たちの仕事がはじまるのは、
出発時間の2時間以上前。

制服に着替えるところからはじまり、
点呼をし、車内の備品確認。
運転手との打ち合わせ、教本や自作のノートを見直し、
もう一度、その日のコースを予習する。

ツアーが終わると、バスとともに車庫に戻り、
また明日のツアーの予習。
私たちが思っている以上に、バスガイドの仕事は大変だ。

なぜそこまでがんばれるのか。
そう聞かれたときのガイドさんの答えは、
ほとんど同じ。

「お客様の笑顔」。

ガイドさんには頭が下がる。

topへ

宮田知明 17年10月14日放送

en20170614
はとバスのお話③ / はとバスとお茶

「お茶がまずい」

あるとき、バスガイドの1人から伝えられた、
お客様からの苦情。
1994年以降、バブル崩壊のあおりを受け、
はとバスは赤字経営にあえいでいた。
経費節約のために、お客様に出すお茶を
安いものに変えてしまっていた。
1998年に社長に就任した宮端清次は、それを知ると、
以前よりももっといいお茶に変更したという。

一番大切なのはお客様、その次は従業員、最後が、社長。
その年、はとバスは黒字化に成功する。

おもてなしの心は、業績にもあらわれるらしい。

topへ

宮田知明 17年10月14日放送

R0003021
はとバスのお話② / はとバスのコース

東京を歩いていると
見かけない日はない、
黄色のバス、はとバス。

そのコースはいくつあるのか、
ご存知でしょうか?

答えは、一年間で、東京エリアで約250種類、
日本全国では、600種類以上。

東京タワー、スカイツリー、皇居、雷門。
はとバスと聞くとパッとイメージするこれら以外に、
たくさんのコースが存在する。

最近、結構人気なのが、、、
銀座の高級クラブ、ニューハーフショー、ホストクラブ。
バスで帰らず、そのまま延長するお客様もいるらしい。

夜もまた、黄色のバスは、活躍している。

topへ


login