2019 年 5 月 のアーカイブ

石橋涼子 19年5月26日放送


Beautiful Harmony 仕事と植物

平成が終わる頃には、だいぶ浸透した
ワーク・ライフ・バランス。
とはいえ、生きている以上は、
それなりのワークタイムが必要なわけで。

海外のとある調査では、労働環境の過半数は
自然の光や緑のない人工的な環境だという。
一方、オフィスに植物など自然物があると
生産性と幸福度が上昇するという調査報告もある。

難しいことはさておき、
自然に触れて「ホッとした」経験は
多くの人にあるものではないだろうか。

デスクに小さな観葉植物を置くだけでも、
ストレス軽減には十分だという。

令和は英語でBeautiful Harmony。
一人ひとりの心身の美しい調和が、
きっと、新しい時代の調和をつくる。


topへ

石橋涼子 19年5月26日放送

seq
Beautiful Harmony 進化する歌舞伎

400年以上の歴史を持つ歌舞伎は、
伝統芸能でありながら、進化する大衆文化でもある。

客との距離を縮める花道や、
ひとりが何役も演じる早変わりなど
舞台演出的な発明だけではない。
回り舞台や床が上下するセリなど、
時代の先端技術も積極的に活用し続けている。

現在でも、アニメを題材とした演目や、
プロジェクションマッピングなどの
最新テクノロジーを駆使した演出が話題を集めている。

古典から数えて1000以上の演目がある歌舞伎だが、
今でも年に数本ずつ新作が生まれ続けている。

安定と調和という言葉は、一見すると似ている。
しかし、安定には変化がない。
そして、調和はバランスを取る努力を要するが、
水の流れのように常に変化があり、進化がある。

令和は英語でBeautiful Harmony。
過去と現代の美しい調和で
進化をたのしむ時代が始まった。


topへ

熊埜御堂由香 19年5月26日放送

puffyjet
Beautiful Harmony 幼老複合施設

宮崎駿監督の映画、崖の上のポニョ。
主人公の宗介は、老人ホーム「ひまわりの家」の
お隣りの保育園、「ひまわり園」に通う。
これは宮崎さんが、ずっと構想していた
理想郷、イーハトーブ町を映画の設定にしたという。

そんな宮崎さんの未来予測がいま、
「幼老複合施設」と呼ばれ現実になっている。
老人ホームと、保育園や小学生の学童保育を併設するような、
子どもと高齢者が一緒に過ごせる施設だ。
そこではさまざまな調和が生まれている。

仕事で、お母さんの帰りが遅くなる時には
おばあちゃんが面倒を見てくれる。
昔あそびを教えてくれたり、
時には厳しく叱ってくれることもある。

学校が終わり、子どもたちが「ただいま」と言って
ホームに入ってくるとみんなで「おかえり」と出迎える。
すると、いままで、家に帰りたいと落ち込んでいた
おじいちゃんの表情がガラッと明るくなる。

令和は英語でBeautiful Harmony。
少子高齢化をネガティブに捉える見方もある。
でも、光の当て方を変えれば、
みんなが協力して生きていく時代とも言える。
さぁ、和気藹々と。令和の時が流れますように。


topへ

薄景子 19年5月26日放送

Sugikats
Beautiful Harmony 二十四節気七十二候

自然を愛しむ国、日本には、
季節の変化を細やかに表現する暦がある。

一年を二十四の季節に分けて表す暦、
二十四節気(にじゅうしせっき)。
そして、それをさらに約5日ごとに分けて
より繊細に季節のうつろいを表現する、
七十二候(しちじゅうにこう)。

春夏秋冬ですら、味わいきれずに
時の流れが加速してゆく現代に
こうした暦は教えてくれる。

自然の微細な変化を感じとる心があれば、
時は美しく穏やかに流れてゆくのだと。

令和は英語でBeautiful Harmony。
美しい自然と調和して生きた先人の感性を
この時代にこそ味わいたい。


topへ

小野麻利江 19年5月26日放送

Photo by rawpixel.com from Pexels
Beautiful Harmony 五味の調和

甘い・辛い・酸い・苦い・塩辛い。
それらを五つの味、「五味(ごみ)」と呼び
食べ物を分類する考え方が、漢方にはある。

五味は人体の「五臓」と深く関係していて、
酸っぱい味は肝や胆に。甘い味は胃に。苦い味は小腸に。
というように、
口から入った食べ物は、
味ごとにそれぞれ違う臓器に働きかけると考えられている。
五味のバランスを考えた食事をとることが
五臓の調子を整えて健康を維持するとされ、
これを、「五味調和」と呼ぶ。

令和は英語でBeautiful Harmony。
新しい時代も美味しいものを賢く食べて、
身体の中にも、いい調和をもたらそう。


topへ

小野麻利江 19年5月26日放送


Beautiful Harmony ハーモニーの語源

調和を意味する「ハーモニー」という言葉の語源は、
実は、「夫と一緒に蛇に変わってしまった」女神の名前。

ギリシャ神話に登場する女神、ハルモニア。
美の女神・アフロディーテが
戦いの神・アレースと浮気をして生まれた。
アフロディーテの実の夫である
鍛治神・ヘーパイストスはこれにいたく嫉妬し、
復讐の矛先は、ハルモニアへ向けられた。

都市国家テーバイの始祖・カドモスと
ハルモニアが結婚したさい、
ヘーパイストスは、呪いをかけた首飾りを贈った。
その首飾りの呪いによって、カドモスは蛇に変えられてしまった。
ハルモニアは夫をずっと抱き続け、
最後には自らも蛇に変わってしまうという「調和」を果たしたという。

令和は英語でBeautiful Harmony。
ギリシア神話の神々のような
諍い(いさかい)とは無縁な、
穏やかな調和の時代を、願うばかりである。


topへ

茂木彩海 19年5月26日放送


Beautiful Harmony 君が代の音階

「君が代」を聴く機会があると
他の国にはない、独創的な国歌だと改めて気づかされる。

最大の特長は、なんといっても
手拍子が打てない流れるようなメロディーと、独特な音運び。

日本独自の音階は、「四七(ヨナ)抜き音階」呼ばれ、
ハ長調である「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ」の場合で考えて
4番目の「ファ」と7番目の「シ」を抜いた音階、ということになる。

なじみが無いようにも感じるが、
演歌やJ-POPにも広く使われており、
古くから日本人の耳になじみやすい音階と言える。

令和は英語でBeautiful Harmony。
日本ならではの美しい音使いに耳を傾ける。
そんな年にしてみるのも良いかもしれない。


topへ

茂木彩海 19年5月26日放送

Nam2@7676
Beautiful Harmony 生け花のバランス

日本発祥でありながら、世界的にファンも多い生け花。

欧米のフラワーデザインでは
統一されたフォルムであることが評価されるが、
生け花は、花だけでなく、時に枯葉を使ったり、
木の枝をあえて曲げたりしながら
全体のバランスを見て、空間を美しく見せることに評価が置かれる。

令和は英語でBeautiful Harmony。
生け花に限らず、アンバランスな調和に美を見出す日本人。

時代の変わり目に、日本ならではの美意識をあらためて意識する。


topへ

古居利康 19年5月25日放送


英一蝶・島一蝶

元禄十一年。
江戸の絵師、英一蝶(はなぶさいっちょう)が島流しに遭った。

行き先は三宅島。
その罪状は諸説あって定まらない。

時の権力者、柳沢吉保が
おのれの出世のために、
自分の娘を公方様に差し出した。
そんな醜聞を揶揄する絵を描いたのが
致命的だったんだ。

いやいや、
生類憐れみの令で禁じられていた
魚釣りをしたせいさ。

当世の人気絵師を襲った過酷な運命。
口さがない江戸っ子の噂が噂を呼んだ。


topへ

古居利康 19年5月25日放送


英一蝶・島一蝶

英一蝶という絵師がいた。
四十七歳で三宅島へ島流しになった。

島へ送られるその日、
江戸霊岸島に大勢の見送りが詰めかけるなか、
一蝶はこんな約束をする。

「島に行ったら、
 干物をつくって生計を立てる。
 その魚のエラに必ず松の葉を入れておく。
 松の葉の入った干物を見つけたら、
 わたしが生きている証しと思ってほしい」

三年後、
じっさいに松の葉が入った干物を
見つけた男がいる。
松尾芭蕉の一番弟子、宝井其角。
英一蝶の、無二の親友だった。


topへ


login