大友美有紀

大友美有紀 19年7月7日放送


「たなばたゆかりの地」 奈良・葛城市・棚機神社

今日は7月7日。七夕。
日本全国には「たなばたゆかりの地」が数多くある。

たとえば、奈良県葛城市(かつらぎし)の「棚機神社」。
棚に機械の機と書いて、「たなばた」。

5世紀ごろ、この地に中国から、
機台付きの機(はた)、
それを織る織女(しゅくじょ)、
オトタナバタの説話や機織りの技術向上を願う儀式・七夕儀礼の
3つが伝えられたという。
それが七夕伝説に結びついた。

神社の所在地は、葛城市太田小字七夕。
七夕で過ごす七夕の夜は、晴れたのだろうか。


topへ

大友美有紀 19年7月7日放送

Zeter114514
「たなばたゆかりの地」 奈良・葛城市・棚機の森

今日は7月7日。七夕。
日本には、数多くの「たなばたゆかりの地」がある。
そのひとつ、奈良県葛城市(かつらぎし)の「棚機神社」。

この地で、日本で最初の棚機の儀式が行われたと考えられている。
葛城市太田には「棚機の森」と呼ばれる場所がある。
かつて「葛木倭文座天羽雷命神社」
(かつらき しとりにいます あめのはいかづちのみこと じんじゃ)があったという。
倭文(しとり)とは古代の布のこと。
今は、「タナバタさん」と呼ばれる古い石の祠が置かれ、
織物の神様、天棚機姫神(あめのたなばたひめのかみ)が祀られている。

長らく氏子不在で神社は荒れ果てていた。
平成4年、保存会が結成され、復活できた。
境内を掃き清め、祭祀を行い、鳥居も建立した。
毎年7月7日には七夕祭りも行われる。


topへ

大友美有紀 19年7月7日放送

Maechan0360
「たなばたゆかりの地」 枚方・交野・天野川

今日は7月7日。七夕。
日本には、数多くの「たなばたゆかりの地」が存在する。
大阪、枚方市(ひらかたし)・交野市(かたのし)も
七夕伝説が伝わる場所だ。

その由来のひとつが、枚方・交野を流れる天野川(あまのがわ)。
稲作が伝わった頃、この地は「あまの」甘い野と讃えられていた。
豊かな土地、という意味だろう。
そこを流れる川は「甘野川」、甘い野の川だった。
それが転じて七夕伝説の天の川になった。
平安時代、狩に来た在原業平が、天の川になぞらえた歌を詠んだ。
「狩り暮らし 七夕つめに宿からむ 天の河原に我は来にけり」
狩に来て、すっかり日も落ちてしまった。
今日は織姫に宿を借りましょう。
私たちは、天の川まで来てしまったのだから。

天野川は、交野から枚方を通って淀川に流れ込む。
その合流点の近くに、鵲橋(かささぎばし)がある。
織姫と彦星の年に一度の逢瀬のために、かささぎが羽を広げて、
橋をかけた。その伝説にちなんでいる。


topへ

大友美有紀 19年7月7日放送

KENPEI
「たなばたゆかりの地」 枚方・交野・機物神社

今日は7月7日。七夕。
日本に存在する数多くの「たなばたゆかりの地」。
大阪、枚方市(ひらかたし)・交野市(かたのし)も
そのひとつ。

両市には天野川が流れ、
交野にある星田妙見宮(ほしだみょうけんぐう)は、
天上から降った七曜の星が落ちた場所のひとつとされている。
交野にはまた、機物神社(はたものじんじゃ)もある。
養蚕や布を織る技術を持つ者たちが、大陸から渡来、定住し、
七夕伝説と結びついたことが起源だといわれる。

七夕ゆかりの地を巡る。
大阪の新しい楽しみ方かもしれない。


topへ

大友美有紀 19年7月7日放送

STA3816
「たなばたゆかりの地」 福岡・小郡・七夕伝来

今日は7月7日。七夕。
日本には、数多くの「たなばたゆかりの地」がある。

福岡県小郡市には「媛社神社(ひめこそじんじゃ)」
通称七夕神社がある。
筑前、筑後、肥前の境界に位置する小郡。(おごおり)
かつて筑後の国の献上品は「米と織物」であり、
織物産業が盛んだった。
古来から「たなはたつめ」という機織りの女神を
信仰していたという。

そこに中国から牽牛と織女の物語が伝来。
たなはたつめ信仰と混ざり合い、七夕信仰となった。
中国からこの地へは有明海を通る、
安全なルートがあった。
小郡に七夕信仰が根付いたのは、
日本で最も早い時期だったと言われている。


topへ

大友美有紀 19年7月7日放送

shikabane taro
「たなばたゆかりの地」 福岡・小郡・宝満川

今日は7月7日。七夕。
日本には、数多くの「たなばたゆかりの地」がある。

織姫を祀る福岡県小郡の「媛社神社(ひめこそじんじゃ)」
その東を流れる宝満川を中国の漢水にたとえ
鎌倉時代になると
「媛社神社」の対岸に牽牛を祀る「牽牛社」が建立された。
これで天の川をはさんで織女と牽牛がおわしますこととなったが、
やがて水害などの理由で、
牽牛社は少し離れた「老松宮」に移されてしまった。(おいまつぐう)

年に一度、彦星は老松宮を抜け出して、
川のほとりを訪れるのだろうか。


topへ

大友美有紀 19年7月7日放送


「たなばたゆかりの地」 名古屋・多奈波太神社

今日は7月7日。七夕。
日本にある、数多くの「たなばたゆかりの地」。
名古屋城の近くには、多奈波太神社(たなばたじんじゃ)がある。

多奈波太神社は1000年以上の歴史を持ち
巫女は機を織って神に捧げていたという。
ちなみにここに祀られる神は
天之多奈波太姫命(あめのたなばたひめのみこと)で
機織りの神である。

今は、安産祈願、縁結びで有名。
ここにくれば、織姫と彦星も結ばれるかもしれない。


topへ

大友美有紀 19年7月7日放送

新橋のリーマンショッカー
「たなばたゆかりの地」 三重県松坂・星合波氐神社

今日は七夕。
全国各地に「たなばたゆかりの地」がある。

三重県、松坂市星合町の波氐(はて)神社。
伊勢国における七夕伝説発祥の神社とされている。

平安時代の文献よると、
古くより多奈波太姫を祀ってきたとある。
星合、という地名が
七夕伝説に結びついたともいわれている。

古代の人も夜空を見上げて
七夕を祝ったのかもしれない。


topへ

大友美有紀 19年6月2日放送

m-louis
路地の話  路地の日

今日は6月2日。
日本記念日協会が認定した「路地の日」。
ろくは「ろ」、にが「じ」という語呂合わせだ。
長野県、下諏訪の「路地を歩く会」が制定した。
下諏訪は中山道と甲州街道の合流地。
かつては宿場町として栄え、
温泉宿も数多くある。
昔からの裏道や路地もたくさん存在する。
歴史や文化を感じる路地の風情を、
いつまでも残したいと
路地の日を制定したという。
路地を歩くツアーも開催する。

身近な路地を歩いてみたくなる日です。


topへ

大友美有紀 19年6月2日放送

z tanuki
路地の話  路地を歩く会

今日は、6月2日。路地の日。
制定したのは、長野県、下諏訪の路地を歩く会。

下諏訪には「万治の石仏」がある。
諏訪大社下社春宮の大鳥居建立の命を受けた石工が、
この地にあった石にノミを入れると、血が流れ出た。
驚き恐れた石工は、その石を大鳥居に用いるのをやめ、
阿弥陀様を刻み、霊を納め石仏を彫ったとされている。
諏訪大社の御柱祭を見学した岡本太郎が、
この石仏におどろいて、それから頻繁に下諏訪を
訪れるようになったという。

下諏訪の路地を歩く会のツアーでは、
万治の石仏や、岡本太郎の定宿などゆかりの地を
巡ることもある。

諏訪湖や温泉だけではない下諏訪を
ちょっとのぞいてみたい気持ちになる。


topへ


login