大友美有紀

大友美有紀 19年2月3日放送

Owen Williams
それがオランダ チューリップバブル

今日は、オランダで「チューリップバブル」が崩壊した日。
1600年代、裕福な人たちの間で観賞用に
チューリップが流行していた。
チューリップは、球根にウイルスがつくと、突然変異で
花びらに美しい模様が入ることがある。それが高く売れる。
同じ品種でも模様の現れ方は、さまざま。
球根一個で一攫千金を狙える。
一般市民は球根を買いあさった。
ありえないほどの高値がつき、そうすると、
今度は「売れなくなるのでは」と不安になる。
そして1673年の2月3日、
「買い手がいなくなった」という噂が広がり、
突然価格が暴落したのだ。

SNSが登場する何百年も前から人は噂に踊らされてきた。

topへ

大友美有紀 19年2月3日放送

Photo by Vishwas Katti on Unsplash
それがオランダ オランダはオランダ人が作った

「神は地球をつくったが、オランダはオランダ人がつくった」

オランダはヨーロッパの3つの大河、
ライン川、マース川、スヘルデ川の河口にある。
海抜の低い土地ばかり。国土の4分の1は海面よりもさらに低い。
堤防を作り、排水路を整備し、干拓して、国を広げてきた。
高い山はない。郊外に行けば、美しい田園風景がどこまでも続く。
どんなに狭い土地でも、治水を怠れば、
たちまち洪水に見舞われてしまう。
オランダ人は粘り強く自然と戦った。
風車も、跳ね橋も、ボートハウスも、
水との戦いの産物だ。

過酷な自然環境がなければ、
美しい風景は生まれなかった。

災い転じて福となす。
なるほど、
オランダは、オランダ人がつくったのだ。

topへ

大友美有紀 19年2月3日放送

Uberprutser
それがオランダ 指の少年

オランダを救った少年のお話をご存知だろうか。
ある日の午後、ハンス少年は堤防に小さな穴が開いて、
水が流れ出ているのを見つけます。
この穴を放っておいたら、村は水びたしになる。
ハンスは慌てて穴を指でふさぎます。
穴は広がり、手首まで、腕の付け根まで使って
ようやく水は止まりました。
けれど、夕方になり、夜になっても誰も通りません。
ハンスは、腕を引き抜いたらオランダ中が洪水になってしまうと
必死でこらえました。
明け方になり、苦しみ呻く少年の声を聞きつけた大人たちが、
やってきて、ようやくハンスは助け出されました。

実は、この話、アメリカの女流作家の創作。
オランダ人にハンスの話をたずねると、
「指の少年だろ。アメリカ人が考える典型的なオランダ人さ」と答えるという。
そしてオランダのあちこちに堤防を守るハンスの像がある。

オランダでは、指の少年は特別英雄視されてはいない。
水と戦い、村を守るのは当たり前のこと。
ハンス像は、アメリカの観光客のためにあるのだ。

topへ

大友美有紀 19年2月3日放送


それがオランダ オランダのバラ

ホールアンドオーツがデビューした時、
ミュージシャンの佐野元春は、その名を、
「ホーランド・ローズ」と聞き間違えたそうだ。
その意味は、オランダのバラ。

もちろんオランダにもバラはある。
バラが見ごろになる6月下旬、
アムステルダムで「オープンガーデンデイズ」という
イベントが開かれる。
運河沿いの30軒ほどのカナルハウスの庭園が公開される。
カナルハウスは、道路に面した部分は狭く、
奥に向かって長く作られている建物。
その最奥に庭園がある。
表通りからは見えない、美しい庭。
住む人が自分たちのために仕立てた、
バラや西洋アジサイが咲き誇る、秘密の花園。

オランダのバラ。
チューリップだけだと思っていた国の
ロマンティックな秘密のようだ。

topへ

大友美有紀 19年2月3日放送


それがオランダ キューケンホフ公園

今日は、オランダのチューリップバブルが
崩壊した日。世界最初の経済バブルだった。
今でもオランダといえばチューリップ。
チューリップ栽培農家は、花が咲くと
すぐに摘んでしまう。球根を採るのが目的だからだ。
では、オランダでチューリップを見るには、
どこへ行ったらいいか。

それはキューケンホフ公園。
100種以上のチューリップの他に、
ヒヤシンスやラッパ水仙も咲いている。
もともとは球根業者が、新品種を展示する場だった。
総延長15㎞の歩道や小さな動物園もある。

訪れたいと思った人は気をつけて。
開園しているのは。
3月の下旬から5月の上旬、
たった2ヶ月だけ。

花の命は短いのだ。

topへ

大友美有紀 19年2月3日放送

Jorge Royan
それがオランダ ダム

オランダの首都、アムステルダム。
アムステルダムには「ダム広場」がある。
そう聞くと街なかに巨大な水門が
聳えているかのように思える。
オランダ語の「ダム」は、堤防程度のものを指す。
アムステルダムの名は、
「アムステル川」を堰きとめるダムから来ている。
ロッテルダムの名も、堤防=「ダム」に由来する。

日本で「ダム」というと、
何年もかけて造りあげた、
頑丈なコンクリートの壁や、
広大な貯水湖がなど、
非日常の風景が思い浮かぶ。

オランダのダムは、
日常の当たり前の風景だ。
けれども、その当たり前は
何世紀もかけてかなえたのだ。

topへ

大友美有紀 19年2月3日放送

Patrick Rasenberg
それがオランダ 名画の国

オランダは名画の国でもある。
レンブラント、ブリューゲル、
ゴッホ、フェルメール、エッシャー。
日本でも、行列ができる巨匠ばかりだ。

レンブラントの「夜警」は、
アムステルダム国立美術館に、
フェルメールの「真珠の首飾りの少女」は、
マウリッツハウス美術館にいる。
ゴッホ美術館やエッシャー美術館もある。

日本で何時間も並ぶなら、
ひとっ飛び、オランダまで行ってしまって、
名画を巡るのもいいかもしれない。

topへ

大友美有紀 19年2月3日放送


それがオランダ フェルメールとミッフィー

オランダの画家、フェルメールは、
寡作な画家だった。
現存するのは35作品といわれている。
先日東京で開催されたフェルメール展では、
過去最大、9作品を見ることができた。

展示と同じぐらい人気だったのが、
「牛乳を注ぐ女」に扮したミッフィー人形。
すぐに売り切れてしまったらしい。
フェルメールもディック・ブルーナも、
なぜ、こんなにも
私たちの心をとらえるのだろう。

オランダのミュージアムにも
ミッフィーコラボがたくさんあるらしい。
惹かれる理由を確かめに行きたい。

topへ

大友美有紀 19年1月6日放送

190106-01 Junnn
「雪国の暮らし」ケの汁

平成最後の正月、お節料理やお雑煮、
楽しみましたか?
青森県、津軽地方にケの汁という
郷土料理があります。
大根、にんじん、ごぼうなどの根菜類、
ワラビ、ゼンマイなどの山菜、
油揚げや凍み豆腐などを煮込んで醤油や味噌で味を付けます。
家庭によって味付けや具は違うのでしょうけれど、
大晦日につくって、正月は餅を入れて、
雑煮のようにして食べるといいます。

「ケ」は、粥、飢饉の飢、会うという字の会から
来ているなど、諸説あります。

新鮮な野菜が手に入らなかった雪国の正月、
囲炉裏にかけた大鍋でケの汁をグツグツ煮込む。
それを囲んで親戚が集う。

かつてはそんな光景があったのかもしれません。


topへ

大友美有紀 19年1月6日放送

190106-02
「雪国の暮らし」キドい山菜

キドい、という方言があります。
においや刺激が強い、という意味のようです。
山形のある地方では、
キドい山菜を食べて冬の穢れを落とす、といいます。
キドさの強い山菜には、血行を良くしたり、
便秘を解消する作用がある。
冬の穢れ、つまり、冬の間にたまった悪いものを
山菜のキドさが除いてくれるというのです。

その昔、雪国では冬の間、生野菜が手に入りにくく、
食のバランスを欠くこともありました。
膨満感や閉塞感、鬱屈なども感じてしまいます。
それを解放してくれるのが、キドい山菜。
コゴミ、ワラビ、ウド、ふきのとうなど。

雪国でなくても、冬は憂鬱な日が多いですよね。
鬱憤がたまったら、キドい山菜、ためしてみませんか。


topへ


login