Vision > 道山智之

道山智之

道山智之 15年9月20日放送

150920-01
松本隆 1 ~ 言葉と音楽 

作詞家、松本隆。
彼は今年、活動45周年を迎えた。


 音楽と言葉って、融合するんですよ。ひとつに融けあうことができるのね。


紙に書かれるだけではない言葉。
音楽と一体になって、人の声でうたわれるとき、
それは独自のグルーヴを持って、
ボールのように跳ねることがあるという。


 ものすごい快感なの。

topへ

道山智之 15年9月20日放送

150920-02 Rick Cogley
松本隆 2 ~ よわいものをまもる

作詞家、松本隆。
小学6年生のとき、妹が1年生になった。
彼は、心臓が弱かった妹の分まで、
毎朝荷物を持って登校した。

 
 弱いものを守るっていうのが、
 ぼくにとってある種、綴じ糸のようにずっとあるわけ。
 自分の身の回りに、守ってあげないとすぐ死んじゃいそうな妹がいて、
 ランドセルふたつ、黒いのと赤いのと、1年間背負って行ってあげたのね。



自分だけがよければいいんじゃない。
誰かのために、何かをしたい。
その頃に生まれた気持ちは、今でも変わらないという。


topへ

道山智之 15年9月20日放送

150920-03
furanda
松本隆 3 ~ 仲間 

作詞家、松本隆。
今年、活動45周年を迎えた彼のために、
トリビュートライブ「風街レジェンド」が8月にひらかれた。

彼はこのために、40年ぶりにドラムを本格的に練習。
日本のロックの原点と言われるバンド、
「はっぴいえんど」の復活に人々はどよめいた。
 

 上がってくる音が、はっぴいえんどの音。
 自分でもけっこうショック受けちゃって。


 それだけでちょっとウルッときたりしてね。


今までに詩を書いた楽曲数、2100曲以上。
1972年の「はっぴいえんど」解散後も、
数々のヒットで時代をつくってきた作詞家を、
錚々たるミュージシャンたちが祝った。
松本は舞台袖で、そっと演奏を見守った。


 ほんとに仲間なんです。


タイムトラベルのようにきらめく演奏と、
家族のようにあたたかな客席。
4時間にもわたるコンサートを終えたとき、
松本はあらためて実感した。


 ぼくは、はっぴいえんどのドラム。

topへ

道山智之 15年9月20日放送

150920-04
松本隆 4 ~ エゴのちから 

作詞家、松本隆。
今年、活動45周年を迎えた彼は語る。


 今、エゴってすごく悪者になってるけど・・・ちがうの。
 エゴこそ原動力。自分がやらなくって誰がやるっていう。


 ぼくが聞きたいものをつくってあげよう、って。


そのエゴは、
何十年後かに誰かが理解してくれればいい、と
自分のよさを信じる強さでもある。


topへ

道山智之 15年9月20日放送

150920-05 kndynt2099
松本隆 5 ~ A LONG VACATION

作詞家、松本隆。
30才のとき、心臓の弱かった妹が他界した。
大切な妹を失った彼は、もうひとつの大切なもの、
「言葉」まで失った。


 書けなくなっちゃったのね。妹が死んだショックでね。


ちょうどその頃、
大瀧詠一から頼まれていた歌詞の〆切が迫っていた。
断りの電話を入れた松本に、大瀧は答えた。


 「今回は、松本以外は考えてないから。それなら待つ」って。 ・・・待たれても。(笑)


少しずつ、松本は言葉をとりもどしていった。
発売を8カ月延長してリリースされた、
アルバム「A LONG VACATION」。
CD史上、初のミリオンセールスを記録した。

1曲目を飾るのは、「君は天然色」。
はじけるように明るいこの名曲には、
松本の、妹への想いと、大瀧との友情があふれている。


 大瀧さんのメロディはねえ、青春なんだよね。
 青春の痛みがあるの。だからすごい好きだったよ。



topへ

道山智之 15年9月20日放送

150920-061
松本隆 6 ~ 光と影のバランス

作詞家、松本隆。
彼の詩はよくこう言われる。
明るさの中に、せつなさや哀しみがひそんでいる、と。

彼はこう語る。


 真っ白い画面があって、そこに影を描き込むと顔が浮き出るわけ。
 花を描きたかったら、花の影を描くわけ。花の光を描いても白いだけ。
 ・・・影の歌をつくることによって、人の心って明るくできる。


 みんな泣きながら明るくなってるの。純粋に戻るわけ。  


大切なのは、光と影のバランスなのだ。


topへ

道山智之 15年9月20日放送

150920-073 gullevek
松本隆 7 ~ 原点から

作詞家、松本隆。
彼は、閉塞感漂う世の中についてこう語る。


 ぼくは迷うとつねに原点に戻るから。
 原点は、はっぴいえんどだから。
 こういう方法論ない時代は、自分にもどっちゃっていいと思う。



そんな彼は今年、
自分のルーツであるバンド「はっぴいえんど」を再始動させた。


 人間とは、とか。
 愛とは、とか。



そのメッセージは、時をこえるほどに強い。


topへ

道山智之 15年9月20日放送

150920-081 halfrain
松本隆 8 ~ 言葉と声

作詞家、松本隆。
活動45周年を記念して、ゆかりのアーティストたちが歌詞を朗読した。


 あなたを・もっと・知りたくて

 離れても心は君の
 そばにある そう言ったでしょ

 星空に逢いに来てって
 頼んでも風の音だけ

 「もしもし うん まだ切らないで」   ・・・



明るくさわやかなポップスであるこの曲の、
別の側面を提示してみせたのは薬師丸ひろ子。
歌の詩を、声に出して朗読することで、
まったくちがった意味を帯びることに、松本本人も驚いた。
別世界と交信するようなせつなさに、録音スタッフはみんな涙した。


 もう、全然知らなかったよ。ぼくは、明るくてさわやかな歌書いたつもりだった。
 ・・・あの人が発掘した魅力。



言葉は音楽といっしょになるたびに、
そして声といっしょになるごとに、思わぬ光をはなつ。
万葉の頃からそうなのだ、と松本はほほえむ。


 もっともっと あなたを
 もっともっと 知りたい
 いま何してるの? いま何処にいるの?
 そして愛してる人は誰ですか?



topへ

道山智之 14年11月8日放送

141108-01
チャイコフスキー 1

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー。

彼の「ピアノ協奏曲第1番」は、
それをささげたモスクワ音楽院院長のルビンシテインに
酷評された。

「ほとんどを書き直さなければ、演奏することはできない」

チャイコフスキーは答えた。

「私は1音も変える気はありません。このまま出版します」

翌年、この曲はボストンでの初演で大成功。
まず彼はアメリカで認められた。
それにつづくサンクト・ペテルブルグでの演奏では、
なんとルビンシテインが指揮をつとめることになった。

その3年後に完成した「ヴァイオリン協奏曲」は、
評論家に「悪臭を放つ音楽」とまでも言われる。
しかしその後、ヨーロッパ中で人気を獲得していく。


チャイコフスキーが生まれ育ったロシアの田舎の体温と、
ヨーロッパの感性が絶妙に融合した、
新しい時代の音楽。
認められるには、少しばかり時間が必要だった。

バレエ振付家、ジョージ・バランシンは語る。

「曲がはじまるや否や、チャイコフスキーだとわかる。
 “まぎれもなく彼だ!”と。 
 そうまでさせる人は、多くはありません」



topへ

道山智之 14年11月8日放送

141108-02
チャイコフスキー 2

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー。

結婚に失敗し、
精神的に追い詰められていた彼をささえたのは、
大富豪の女性、フォン・メックだった。

9歳年上のフォン・メック夫人は、
決して会わないことを約束に、
チャイコフスキーを経済的に援助。
14年にもわたって文通をつづけた。

チャイコフスキーは支援のおかげで
ヨーロッパ中をさすらいながら、
「弦楽セレナーデ」や「眠れる森の美女」など
珠玉の作品を書き上げた。

決して会わないと誓った純潔と、おさえきれない友情。
言葉にできないその想いが、
名曲として結晶したのかもしれない。


チャイコフスキーは、婦人あての手紙に書いている。

「ハイネの指摘どおり、
 言葉の終わるところから、
 音楽ははじまるのです。」



topへ


login