Vision > 蛭田瑞穂

蛭田瑞穂

森由里佳 17年7月9日放送

170709-01
叫び 絶叫マシンと老紳士 「そのはじまり」

アメリカのジェットコースターは、
日本のそれとは比べものにならない。

そんな話を聞いたことがある人もいるだろう。

アメリカに、
絶叫マシン設計会社U.S. Thrill Ridesを創業し、
現役設計士として活躍する男がいる。

彼の名前は、ビル・キッチン。
やんちゃな若者かと思いきや、60歳を超える老紳士だ。
40歳の時に、人生を変えるような体験をしようと考え
スカイダイビングに挑戦したのが創業のきっかけだという。

とんでもないスリルの虜になったビルは、以来、
絶叫アトラクションに乗るたびに、
それをいかに面白くするかで頭がいっぱいになり、
ついには会社まで作ってしまった。

初老となったビルの人生は、まだまだ加速中のようだ。


topへ

森由里佳 17年7月9日放送

170709-02
叫び 絶叫マシンと老紳士 「その人生」

絶叫マシン設計会社U.S. Thrill Ridesを創業し、
現役設計士として活躍する男、ビル・キッチン。
これまで数々の新しいジェットコースターを開発してきた。

彼の地元、フロリダの新聞は、
ビルを“inventioneer”として紹介する。
『発明家』のInventorと『エンジニアengineer』を
組み合わせた造語だ。

 この表現は的確だと思います。
 みんなが楽しめて、いつまでも記憶に残るような体験を思い描き、
 それを現実のものにしていくのが私の仕事ですから。


40歳までは、放送業界でサラリーマンとして働いていたビル。
それが一転、発明家・エンジニアとして世界中に作品を送り出している。
その様はまさに、
「人生はジェットコースターのようだ」という言葉がぴったりだ。


topへ

森由里佳 17年7月9日放送

170709-03 Das Bobby 2000
叫び 絶叫マシンと老紳士 「その目指す先」

 以前提供したものと全く異なる新しい体験をつくり出したい。

そう語るのは、
120を超える世界のテーマパークに絶叫マシンを送り出す
U.S. Thrill Ridesの創業者、ビル・キッチンだ。

絶叫マシンは広大な面積を必要とするため、
ラスベガスなどの混み合う市街地では、土地の確保は難しい。
そこで、ビルは考えた。

 ならば、その分高さで勝負すれば良い。

そして、173メートルもの柱を駆け登るジェットコースター
「The Skyscraper」を構想した。

 お客さまの絶叫は、私の笑顔の源です。

そう笑うビル・キッチンの創作意欲は、
60歳を超える今なお、上昇し続けている。


topへ

佐藤日登美 17年7月9日放送

170709-04
叫び 花の叫び1

「廃棄花」。
パーティーやテレビ番組、イベントなどで
一日、ときには数時間だけ飾られ、捨てられる花のことをこう呼ぶ。

この花を助けたい、と立ち上がった女性がいた。

コピーライター・古橋あや香。

古橋は「廃棄花」に「SHY FLOWER」という可愛らしい名前をつけ、
「SHY FLOWER PROJECT」を立ち上げた。
捨てられる運命だった花を回収し、クリエーティブに再生することで
価値を変えるアートプロジェクト。

コンセプトは、
「助けてと叫ぶ事のできないすべての花のために」。


topへ

佐藤日登美 17年7月9日放送

170709-05
叫び 花の叫び2

きれいなまま捨てられる運命にある装飾花をクリエーティブに再生させる、
「SHY FLOWER PROJECT」。

その活動は、花の「救出」からスタートする。
結婚式場や会社の受付などへ赴き、廃棄花を回収。
ドライフラワーや押し花に加工し、新たなアート作品として生まれ変わらせる。

発起人である古橋あや香は当初160軒の花屋に電話したが、
棄てる花を譲ってくれたのはたった1軒だった。
でも、そこからがはじまり。
今ではワークショップやコラボレーションの依頼があとを絶たない。

古橋は言う。

 「わたし、執着心が強いんです」

声なき花の叫びが聞けるのは、勢いと情熱があるからこそ。


topへ

佐藤日登美 17年7月9日放送

170709-06
叫び 花の叫び3

「助けてと叫ぶ事のできないすべての花のために」をコンセプトに据える、
「SHY FLOWER PROJECT」。
廃棄される花を回収し、アート作品として再生させる活動だ。

代表の古橋あや香は言う。

 私たちの活動を通じて、すべてのお花を救えるとも、
 このプロジェクトが世界を変えるとも思っていません。
 ただ、大量の生花が捨てられている事実を知り、
 いままで当たり前に捨てていたもの、
 当たり前に無駄にしていたものを、
 ちょっと見つめ直していただけるとうれしい。


古橋が聞いたのは、花の叫び。
耳をすませば、自分の周りにも
声なき叫びを発しているものがいるかもしれない。
それに気付くことも、また才能。


topへ

蛭田瑞穂 17年7月9日放送

170709-07
叫び リンゴ・スターの叫び

1968年にリリースされたビートルズのアルバム、
『The Beatles』に収録された「Helter Skelter」。

今までのビートルズにはない激しい曲をつくりたい。
ポール・マッカートニーはそう考え、
「Helter Skelter」を作曲した。

この曲は最後、リンゴ・スターの絶叫で終わる。

 I’ve got blisters on my fingers!
 指にマメができちまった!


それはドラムを激しく叩きすぎたためにできたマメ。

ビートルズの4人がどれほど激しい曲をつくろうとしたか、
その叫び声が物語る。


topへ

蛭田瑞穂 17年7月9日放送

170709-08
叫び ジョン・レノンの叫び

ビートルズのデビューアルバム『Please Please Me』は
メンバーがスタジオに10時間こもり、たった1日で完成させた。

当日ジョン・レノンは風邪をひいていた。
アルバムの最後の曲「Twist and Shout」を収録する頃には
声がつぶれる寸前だった。

その時のことをジョンはこう振り返る。

 最後の曲で死にそうになった。
 何か飲み込むたびにヤスリをかけられているみたいでさ。


しかし、それが功を奏する。
声を振り絞り、激しくシャウトするジョンの歌声によって
「Twist and Shout」はカバー曲にもかかわらず、
ビートルズ初期の代表作となった。


topへ

蛭田瑞穂 17年3月19日放送

170319-01 Yoshikazu TAKADA
出会いと別れ 贈る言葉

 暮れなずむ町の 光と影の中
 去りゆくあなたへ 贈る言葉


武田鉄矢率いる、海援隊。
その代表曲「贈る言葉」が卒業シーズンの定番曲となって久しい。
だが、この曲はもともと、失恋の別れを歌ったものだ。

武田は言う。

 天神という博多の繁華街で(中略)、
 恋した女性が去っていく後ろ姿を見つめた。
 何十年か経つと、みじめな思い出が美しい歌詞になっていました。
 人生とはそういう味わい深い物語であります。


男女の別れを歌った曲は今、
人と人の、普遍的な別れを歌う曲になった。



topへ

蛭田瑞穂 17年3月19日放送

170319-02
出会いと別れ 黒板のメッセージ

2016年の卒業シーズン。
ツイッターで一枚の写真が話題になった。

写っているのはある中学の、卒業の日の黒板。
一日の時間割りを書き込む黒板には、
代わりに担任の先生からの心温まるメッセージが記入されていた。

 1時間後 最高の卒業式にしよう!
 2日後  高校入試がんばれ!!
 3週間後 ここまでは中学生です
 4年後  東京オリンピック!誰が出るかな?
 5年後  成人式で会いましょう!
 宿題   幸せになりなさい


いつか、生徒たちが宿題をやり終える日が来るのを
先生は心待ちにしているにちがいない。


topへ


login