2019 年 6 月 のアーカイブ

厚焼玉子 19年6月23日放送

FreeWings
雨に咲く花 紫陽花

雨が似合う花がある。
たとえば紫陽花。
紫陽花には真上から照りつける太陽が似合わず、
しとしと降る雨のなかで
ホッとやすらいでいるかに見える。

しかし、本当のところ
紫陽花は日陰よりも日向が好きだ。
そのくせ、水切れに弱いので
カンカン日が照って地面がすぐに乾くような場所では
暮らしにくいのだ。

お日さまが好き、雨も好き。
紫陽花は悩める花なのかもしれない。


topへ

厚焼玉子 19年6月23日放送

KYR
雨に咲く花 花菖蒲

花菖蒲は雨というよりも水が似合う花かもしれない。
水辺で見かけることが多い。
江戸時代、野生の花菖蒲は田圃の雑草と見られていたが
抜いてしまうのも哀れだというので
あぜ道に移され、
やがて農家の庭先でも咲くようになったと言われる。

やがて大名や旗本の屋敷の庭で育てられ、
改良され、記録され、
現在、日本の花菖蒲の種類は2000種を超える。


花菖蒲は普通の花壇でも十分に育つが、
花の時期だけはたっぷりの水を必要とする。
雨の時期に咲くというより、
雨の時期でなければ花を咲かせられないのだ。


topへ

厚焼玉子 19年6月23日放送


雨に咲く花 6月のバラ

イギリスで6月といえばバラの季節。
どの家の庭にもバラが咲き、
有名なローズガーデンにはたくさんの人が訪れる。

日本だって6月はバラの季節。
ただイギリスとの違いは雨が多いこと。

湿気が多いと病気も出やすいし、害虫も増える。
薬を撒き、伸びた枝を切り、
8分か9分咲きの段階で花を摘み取り
肥料を与える。

6月はバラの季節。
日本の園芸家は忙しい。


topへ

厚焼玉子 19年6月23日放送


雨に咲く花 クチナシ

梅雨どきの重い空気に
クチナシの甘い香りが混じる。

クチナシの香りは虫を呼び寄せるためだ。
だから、せっかくの香りが
あっという間に空へ抜ける季節よりも
雲が低く垂れ込める時期に咲くのだろう。

 薄月夜 花くちなしの匂いけり  正岡子規

クチナシの香りは夜の方が際立つようだ。


topへ

厚焼玉子 19年6月23日放送

yamatsu
雨に咲く花 睡蓮

雨降る池に睡蓮が白い花を咲かせている。

睡蓮の原種は世界に40種あるのに
日本にはもともと
ヒツジグサと呼ばれる1種類しかなかった。
外国の睡蓮を輸入して品種改良がはじまったのが
明治の頃だ。

日本の睡蓮がヒツジグサと呼ばれるのは
羊の時刻、午後2時頃に咲くからだそうだが、
実際はそこまで寝坊をせず、
お昼頃には咲いている花が見られるようだ。
花の寿命は三日と短いが、
次々に咲くし、雨の日でも休まずに咲く。


topへ

厚焼玉子 19年6月23日放送

ひでわく
雨に咲く花 ビヨウヤナギ

ビヨウヤナギの花の黄色は
雨の中でもパッと目立つ。

ビヨウヤナギは中国から300年前に渡来し、
いまでは公園や緑道に植え込みで
ごく当たり前に見かける。

白居易の長恨歌には
唐の玄宗皇帝が楊貴妃を失ったことを悲しみ、
宮殿の池の蓮を楊貴妃の顔に、
未央(びおう)の宮殿の柳を
楊貴妃の眉にたとえたくだりがある。

そこで柳に似た葉を持つこの花を
日本ではビオウのヤナギ、ビヨウヤナギと
呼ぶようになったという説があるが、
それも定かではない。

雨の中でものを見るようなおぼろな話だ。


topへ

厚焼玉子 19年6月23日放送

たけぽ
雨に咲く花 百合

百合は夏の花。
6月から咲きはじめるので
梅雨の雨に打たれているのを見ることも多い。

山道の緑の斜面から
突き出るように咲く山百合は涼やかで
汗が引く思いがする。

そういえば、泉鏡花の戯曲「夜叉ヶ池」のヒロインは
百合という名前だった。
その名の通り、美しく清楚なヒロインだと記憶する。


topへ

厚焼玉子 19年6月23日放送

KYR
雨に咲く花 夏椿

夏椿は6月、椿に似た白い花を咲かせる。
花の時期は短いが、木そのものが美しい上に
新緑も秋の紅葉も鑑賞に値する。
ひとつ残念なことがあるといえば、
花が1日で落ちてしまうことだ。

夏椿はお寺でよく見かけるが
これには理由がある。
仏教の聖なる木「沙羅」の代用品として
日本では夏椿が植えられていたらしいのだ。

沙羅の木と夏椿が似ているかというと
ちっとも似ていないから不思議だ。


topへ

永久眞規 19年6月22日放送

jillyspoon
夏至の話  リトアニア

今日は、夏至。

日本で暮らしていると、何気なくすぎていく一日。
しかし、寒く厳しい冬が続く国では、
太陽と長く共に過ごせる夏至は、とても大切な一日。

バルト三国のひとつ、リトアニアでは
自然の力が最高潮になる日で、
様々な奇跡が起こるとされている。
なかでも素敵な習わしをひとつ紹介したい。

未婚の女の子が夏至の早朝に朝露で顔を洗い、
もう一度眠りにつくと、
夢の中で未来の夫に出会えるそうだ。

貴重な太陽のパワーがこもった朝露がもたらす
神秘的な力。本当に夢でだれかに出会えたら、
運命を感じてしまいそうである。


topへ

福宿桃香 19年6月22日放送

yujanlee
夏至の話  中国

今日は、夏至。

中国では、夏至は麦の収穫の時期にあたる。
清の時代までは国民の祝日にもなっていたほど
古くから中国人は夏至を大切にし、
収穫を祝い、豊作を祈り続けてきた。

今もつづくお祝いのひとつが、麺を食べること。
北の地域では大滷麺(ターローメン)や炸醤麺(ジャージャーメン)。
南の地域では陽春麺(ヤンツンメン)、肉絲麺(ルースーメン)、
三鮮麺(サンチャオメン)と、
すきな麺を食べながら収穫に感謝する。
昼間の時間が一番長い日に長い麺を食べることで
長寿を願う意味もあるのだという。

ちなみに冬至には、ワンタンを食べるそうだ。
ぜひ今年の夏至と冬至は、中国風にお祝いしてみたい。


topへ


login