小野麻利江 19年6月30日放送


半分のはなし 石田三成と島左近

石田三成には、
自分が秀吉から貰った
禄高の半分を与えて
召抱えた家臣がいた。

羽柴秀吉に賢さを気に入られていた
三成だったが、
戦の経験がないため、
軍事の才能に長けた人材を欲していた。

そこで白羽の矢を立てたのが、
名将・島左近。

左近は当初何度か断ったが、
三成の情熱に
ついには首を縦に振ったという。

もしあなたが、
人生を共にしたい人と出会った時。
自らの半分を、果たして賭けられるだろうか。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login