2019 年 6 月 22 日 のアーカイブ

永久眞規 19年6月22日放送

jillyspoon
夏至の話  リトアニア

今日は、夏至。

日本で暮らしていると、何気なくすぎていく一日。
しかし、寒く厳しい冬が続く国では、
太陽と長く共に過ごせる夏至は、とても大切な一日。

バルト三国のひとつ、リトアニアでは
自然の力が最高潮になる日で、
様々な奇跡が起こるとされている。
なかでも素敵な習わしをひとつ紹介したい。

未婚の女の子が夏至の早朝に朝露で顔を洗い、
もう一度眠りにつくと、
夢の中で未来の夫に出会えるそうだ。

貴重な太陽のパワーがこもった朝露がもたらす
神秘的な力。本当に夢でだれかに出会えたら、
運命を感じてしまいそうである。


topへ

福宿桃香 19年6月22日放送

yujanlee
夏至の話  中国

今日は、夏至。

中国では、夏至は麦の収穫の時期にあたる。
清の時代までは国民の祝日にもなっていたほど
古くから中国人は夏至を大切にし、
収穫を祝い、豊作を祈り続けてきた。

今もつづくお祝いのひとつが、麺を食べること。
北の地域では大滷麺(ターローメン)や炸醤麺(ジャージャーメン)。
南の地域では陽春麺(ヤンツンメン)、肉絲麺(ルースーメン)、
三鮮麺(サンチャオメン)と、
すきな麺を食べながら収穫に感謝する。
昼間の時間が一番長い日に長い麺を食べることで
長寿を願う意味もあるのだという。

ちなみに冬至には、ワンタンを食べるそうだ。
ぜひ今年の夏至と冬至は、中国風にお祝いしてみたい。


topへ

村山覚 19年6月22日放送

Sara E dk
夏至の話  デンマーク

今日は、夏至。

冬が長いデンマークの人たちにとって
夏の訪れを感じることができる夏至祭と、
ちょうど半年後のクリスマスは
一年の区切りとなる大切な一日だそうだ。

デンマークの夏至祭に欠かせないのは、
焚き火と魔女の人形。
夏至の日に魔女たちが集まって会議を開く
という言い伝えがあるため、
街にやって来られたら大変、ということで
大きな焚き火で魔女の人形を燃やし、
北の山に追い返すという風習がある。

燃やされる魔女がちょっと気の毒だが、
もっと気の毒なのは
ノルウェーやスウェーデンの人たち。
デンマークの北に位置するため、
この風習に眉をひそめているらしい。


topへ

仲澤南 19年6月22日放送


夏至の話  オーストラリア

今日は、夏至。

日本では、いよいよ本格的に夏の暑さを感じ始める。
一方、南半球では季節が逆。違和感を覚えるかもしれないが、
冬に夏至を迎えることになる。

夏至という言葉を定義したのは、北半球の学者たち。
彼らは当時、南半球の存在も、地球が丸いことも
知らなかった。そのため、自分たちが暮らす
地域の季節に合わせて「夏の至り」と定義した。
同じ時期に真逆の季節を迎える地域があるとは、
つゆほども思わなかっただろう。

天文学的には地球上どこでも「夏至」なのだが、
オーストラリア人は、12月頃の日が高い一日を
夏至と呼び、今日は冬至と呼ぶのが一般的だという。

南半球の人と話すときには、
6月の話なのか12月の話なのか、確認が必要そうだ。


topへ

藤本宗将 19年6月22日放送

www.Stonehenge.News
夏至の話  イギリス

今日は、夏至。

太陽がいちばん高く昇るこの日は、
昔から神聖なものとして祝われてきた。

イギリスでも、夏至の日に
数万人が詰めかける場所がある。
それがストーンヘンジ。
中心にある祭壇石に朝日が差し込む光景を、
特別に遺跡の中で見ることができるのだ。

神々しい体験、と言いたいが
実際は日の出を待つあいだお祭り騒ぎ。
なかには泥酔して石を傷つける輩さえ現れる始末。
業を煮やした管理者側は
とうとう規制に乗り出した。

アルコール禁止。
寝袋禁止。
キャンプ禁止。

でも案外、古代人たちも
羽目を外して大騒ぎしていたのかも。


topへ


login