Vision > 蛭田瑞穂 > 蛭田組・森由里佳

蛭田組・森由里佳

森由里佳 17年7月9日放送

170709-01
叫び 絶叫マシンと老紳士 「そのはじまり」

アメリカのジェットコースターは、
日本のそれとは比べものにならない。

そんな話を聞いたことがある人もいるだろう。

アメリカに、
絶叫マシン設計会社U.S. Thrill Ridesを創業し、
現役設計士として活躍する男がいる。

彼の名前は、ビル・キッチン。
やんちゃな若者かと思いきや、60歳を超える老紳士だ。
40歳の時に、人生を変えるような体験をしようと考え
スカイダイビングに挑戦したのが創業のきっかけだという。

とんでもないスリルの虜になったビルは、以来、
絶叫アトラクションに乗るたびに、
それをいかに面白くするかで頭がいっぱいになり、
ついには会社まで作ってしまった。

初老となったビルの人生は、まだまだ加速中のようだ。


topへ

森由里佳 17年7月9日放送

170709-02
叫び 絶叫マシンと老紳士 「その人生」

絶叫マシン設計会社U.S. Thrill Ridesを創業し、
現役設計士として活躍する男、ビル・キッチン。
これまで数々の新しいジェットコースターを開発してきた。

彼の地元、フロリダの新聞は、
ビルを“inventioneer”として紹介する。
『発明家』のInventorと『エンジニアengineer』を
組み合わせた造語だ。

 この表現は的確だと思います。
 みんなが楽しめて、いつまでも記憶に残るような体験を思い描き、
 それを現実のものにしていくのが私の仕事ですから。


40歳までは、放送業界でサラリーマンとして働いていたビル。
それが一転、発明家・エンジニアとして世界中に作品を送り出している。
その様はまさに、
「人生はジェットコースターのようだ」という言葉がぴったりだ。


topへ

森由里佳 17年7月9日放送

170709-03 Das Bobby 2000
叫び 絶叫マシンと老紳士 「その目指す先」

 以前提供したものと全く異なる新しい体験をつくり出したい。

そう語るのは、
120を超える世界のテーマパークに絶叫マシンを送り出す
U.S. Thrill Ridesの創業者、ビル・キッチンだ。

絶叫マシンは広大な面積を必要とするため、
ラスベガスなどの混み合う市街地では、土地の確保は難しい。
そこで、ビルは考えた。

 ならば、その分高さで勝負すれば良い。

そして、173メートルもの柱を駆け登るジェットコースター
「The Skyscraper」を構想した。

 お客さまの絶叫は、私の笑顔の源です。

そう笑うビル・キッチンの創作意欲は、
60歳を超える今なお、上昇し続けている。


topへ

森由里佳 17年3月19日放送

170319-07 OMAR-DZ
出会いと別れ 人生と川

夫婦はときおり、川の流れに例えられる。
流れがふたつにわかれることもあれば、
再びひとつになることもあるからだ。

その長い長い道のりをどう過ごすのがいいのか、
美空ひばりのあの名曲に聴いてみよう。

 ああ 川の流れのように おだやかに
 この身を まかせていたい
 ああ 川の流れのように いつまでも
 青いせせらぎを聞きながら


あなたの人生と、あなたの大切な人の人生。
川の流れのように、おだやかに、
幸せという名の青い海に、ともに流れこみますように。


topへ

森由里佳 17年3月19日放送

170319-08
出会いと別れ 人生と川

 瀬をはやみ
 岩にせかるる滝川の
 われてもすゑに
 逢はむとぞ思ふ


川の瀬の流れが岩にせきとめられて割かれてしまうように、
わたしとあなたも離れ離れになってしまった。
それでも再びあなたに逢えることを信じています。

詠み手は、崇徳院。
別れざるを得なかった恋人との再会を願う歌だと言われている。

崇徳院の、愛する女性への想い。
それはまるで、川の流れのように激しく、
透き通っていたに違いない。


topへ

森由里佳 17年2月12日放送

170212-01
ファッションの言葉 その男の魅力

レディー・ガガの靴を作った日本人として、
一躍脚光をあびた舘鼻則孝。

藝大出身のシューズデザイナーという、
一風変わった経歴をもつ彼は、
デザイナーになったきっかけをこう語る。

 洋服や靴って人を形容するものだと思うんです。
 身につけるものの力は、その人自身に影響する。
 そういう力のあるものを、自分で作れたらいいなぁと思って。


世界の歌姫を魅了したその靴は、
世界を魅了したと言っても過言ではない。



topへ

森由里佳 17年2月12日放送

170212-02 -Porsupah-
ファッションの言葉 その男の問い

舘鼻則孝。
若くして世界中のコレクターの心をつかむ、
シューズデザイナーだ。

 昔の技法や素材、かたちを
 自分なりの解釈・表現をしたら
 どのようなものが生まれるのかということに、
 とても興味があります。
 現代を生きる自分が蘇らせるとこうなる、という。


舘鼻則孝は、
すでに確立されているものでも、問いかけることを忘れない。
デザインには、「完成」
という言葉はないのかもしれない。



topへ

森由里佳 17年2月12日放送

170212-03 Noritaka_Tatehana
ファッションの言葉 その男のビジョン

舘鼻則孝。
世界が注目するそのシューズデザイナーは、
2012年秋のインタビューでこう答えていた。

 5年後の自分のビジョンですか。
 …まったく違うことをしていてもいいと思います。
 それが結局、前に進んでいるということなので。


その言葉のとおり、去年の秋には、
東京・パレスホテルで、
自身初となるフードメニューのディレクションも行っている。

今年の秋、いよいよその「5年後」がやってくる。
舘鼻は、いったいどんなことをしているのだろう。



topへ

森由里佳 17年1月8日放送

170107-04 kndynt2099
おとな Mr.Children

日本を代表するバンド、Mr.Children。

その名前の由来について、
メンバー、桜井和寿はこう語っていたという。

 Childrenという言葉がすごい好きで。
 でも、10年、20年経った時に、
 シワだらけの顔でCHILDRENもないだろうってことで、
 正反対の、オトナを意味するMr.を付けたんだ。



無垢な子供のように鋭い言葉も、
経験豊かな大人のように相手を包み込む言葉も、
自在にメロディに織り込むMr.children。

彼らの心は果たして
子供のようなオトナ、か。
オトナのような子供、か。


topへ

森由里佳 17年1月8日放送

170107-05 decafinata
おとな Mr.Children 彩り

大人って、働くんでしょ。
働くって、つらいんでしょ。

そう思っている若者へ、聴いてほしい歌がある。


 僕のした単純作業が この世界を回り回って
 まだ出会ったこともない人の笑い声を作ってゆく
 そんな些細な生き甲斐が 日常に彩りを加える
 モノクロの僕の毎日に 少ないけど 赤 黄色 緑
    (♪Mr.Children 「彩り」)



だから。
すべての働く大人の毎日は、カラフルなのだ。


topへ


login