Vision > 小林慎一 > 小林組・伊豆原浩太

小林組・伊豆原浩太

伊豆原浩太 15年11月29日放送

151129-01 Joel Bedford
パット・マクグラス 「まるでゴッホのようなメイク」

世界が認める美のカリスマ、パット・マクグラス。
プラダやミュウミュウ、ドルチェ&ガッバーナなど
名だたるメゾンを担当するトップメイクアップアーティストだ。

1970年、イギリスで生まれた彼女は
ジャマイカ系の母・ジーンに、女手ひとつで育てられた。
物心ついた頃には、口紅を目元に塗込む独自のアイメイクを施し、
ロンドンの街中を闊歩していた。

パットが指でメイクする様子を見て、あるデザイナーは言う。

「彼女の指は、まるでゴッホが絵を描く筆のようだ」

と。


topへ

伊豆原浩太 15年11月29日放送

151129-021 MIT-Libraries
パット・マクグラス 「化粧品売り場に通う女の子」

世界のメゾンが認めるトップメイクアップアーティスト、
パット・マクグラス。
クリエイティビティのルーツは
何よりもファッションに夢中な母・ジーンにあった。

パットが幼い頃、ジーンは決まって金曜日に、
彼女を連れて化粧品売り場へ出かけた。
当時珍しかった、黒人の肌に合うアイテムを探すためだ。
手元の化粧品を混ぜ合わせ、
肌の色になじむクリームをつくるのも日課だった。

パットは当時を振り返って言う。

「あの時は本当に金曜日が嫌いだったわ。化粧品売り場でいつも泣いていた。
 でも不思議よね。当時の体験が、今のわたしをつくっているんだから。」



topへ

伊豆原浩太 15年11月29日放送

151129-03 fervent-adepte-de-la-mode
パット・マクグラス 「運命を変える出会い」

世界のメゾンが認めるトップメイクアップアーティスト、
パット・マクグラス。

地元の大学で、アートの基礎コースを終えた彼女は、
運命的な出会いを果たす。
イギリスを代表するファッションマガジン『i-D』のスタイリスト、
キム・ボウエンとだ。
「本当にメイクに興味があるなら、手伝ってみない?

キムは、自らのアシスタントとしてパットを誘った。

床掃除やお茶汲みから機材運びまで。
パットは出来ることから何でもこなした。
『i-D』の仕事で徐々に頭角を表した彼女は、
『VOGUE』の作業に参加するチャンスを得る。
以前、一緒に仕事をしたモデルのひとりが、パットを売り込んでくれたのだ。

「美しい洋服を、メイクで台無しにはできない」

当時、まだ保守的だったコスメ業界で、
パットは、大胆かつ前衛的な「魅せる」メイクに挑戦した。
やがて、ジルサンダーやジョンガリアーノのコレクションで、
エナメルの花びらを顔に貼付ける、独特なメイクを発表。
一躍世界中の注目を集めた彼女は、
遂にトップメイクアップアーティストの仲間入りを果たすのだ。


topへ

伊豆原浩太 15年11月29日放送

151129-04
パット・マクグラス 「ファッションは、あらゆる人のもの。」

世界のメゾンが認めるトップメイクアップアーティスト、
パット・マクグラス。
ファッション業界での功績を認められ、
2013年に大英帝国勲章を受勲した。

彼女が、常に胸に秘める想い。
それは「ファッションは、あらゆる人のものである
ということ。
幼いパットを女手ひとつで育てあげた母親の信念でもある。

「この業界は、まだまだ白人中心の世界。
 私が活躍することで、少しでも状況を変えていきたい。」



人種を超えてファッションを楽しめる、開かれた世界を夢見て。
パットは今日も、世界中のコレクションを渡り歩く。


topへ

伊豆原浩太 15年8月9日放送

150809-01 Sharif Sharifi
ウィニー・ハーロウ① 世界で最も美しい「まだら肌」のモデル

世界中から熱い視線を浴びる黒人モデル、
ウィニー・ハーロウ 19歳。

1994年、カナダのトロントで生まれた彼女は、
4歳の時に、肌の色素の一部が抜け落ちる病を発症。
体中に白いまだら模様が広がり、
友人からは、「シマウマ」というあだ名で呼ばれた。
あまりにも続く嫌がらせに、自殺を考えたこともあった。

そんな彼女が、今年、世界を代表するトップモデルの仲間入りを果たした。

コンプレックスを抱えながらも、臆することなく夢へ突き進んだウィニー。
彼女は、今、“世界で最も美しい「まだら肌」のモデル”と呼ばれている。


topへ

伊豆原浩太 15年8月9日放送

150809-02 BWJones
ウィニー・ハーロウ② 人生を変える出会い

世界で最も美しい「まだら肌」の黒人モデル、
ウィニー・ハーロウ。
人生の転機は16歳の時に訪れた。

地元トロントのジャーナリスト、シャノン・ブードラムが
彼女の生い立ちを取材。YouTubeで取り上げたのだ。

体中に白いまだら模様が広がる病に苦しみながらも、
「モデル」という夢を追いかけ、前向きに生きるウィニー。
彼女の姿は、やがてイギリスで最も歴史のあるタブロイド紙「The Daily Mail」やアメリカの情報番組「Access Hollywood」でも特集された。
ほとんどのモデル事務所から見向きもされなかったウィニーが
世界中の注目を集め始めた。

当時を振り返って、ウィニーは言う。
もしも、子ども時代に戻れるなら、自分にこう声をかけてあげたい。

「大丈夫。これから、きっといいことがあるから。」


topへ

伊豆原浩太 15年8月9日放送

150809-03
ウィニー・ハーロウ③ コンプレックスじゃなくて、個性

モデルの卵を発掘する
アメリカの人気テレビ番組「America’s Next Top Model」。
世界で最も美しい「まだら肌」の黒人モデル、
ウィニー・ハーロウは、ここから誕生した。

番組のホストをつとめる人気女優、タイラー・バンクスが
偶然、ウィニーの存在をインスタグラムで発見。
本人に出演を依頼したのだ。

番組では、これまでウィニーを幾度となく苦しめた「まだら肌」が
唯一無二の個性として評価された。
自身のコンプレックスと正面から向き合い、個性として捉え
前向きに生きてきたウィニー。
さまざまなオーディションに競り勝ち、
モデルを志願する全米の応募者の中から6位に入賞。
幼い頃からの夢だった「モデル」への切符を手にしたのだ。

彼女は、肌の褐色の部分を取り除けば、
全身を白くすることができた。そうしない理由をこう語っている。

「もし、神様がわたしを黒人にしたかったならば、そうしただろうし、
 白人にしたかったなら、そうしたでしょ。でも、神様はわたしに
 オリジナルな存在として、両方を与えた。だとしたら、それが
 わたしのあるべき姿だと思うの。」



topへ

伊豆原浩太 15年8月9日放送

150809-04 warriorwoman531
ウィニー・ハーロウ④ 自分自身がどう思うか

2015年2月。
世界で最も美しい「まだら肌」の黒人モデル、ウィニー・ハーロウは、
スペインのファッションブランドdesigualのモデルに抜擢された。
幼い頃からの夢だった「モデル」としてデビューを果たした。

彼女はこう話す。
「トップモデルでさえ、いろんな個性を持つ時代が来たと思うの。
 あなた自身があなたをどう思うか。それが一番大切なんじゃないかしら。」


コンプレックスに正面から向き合い、
個性として活かすことで、夢をつかんだウィニー。

世界中の人びとを魅了するのは、彼女の容姿だけではなく
強くてポジティブな生き方である。


topへ


login