Vision > 佐藤理人

佐藤理人

佐藤理人 18年11月17日放送

181117-01
巴里の灯

1926年、チャールズ・リンドバーグは一つの夢を抱いた。

大西洋を飛行機で横断してみせる。
だが当時5800kmも飛べる飛行機はなかった。

彼は地元の実業家たちから資金を獲得。飛行機の製造を始めた。

灯りも窓も捨て、燃料タンクを目一杯積んだ飛行機は、

 スピリット・オブ・セントルイス号

と名付けられた。

1年後、セントルイスの夢をのせた翼は、
ニューヨークからパリに向けて飛び立った。

リンドバーグ、25歳の春だった。


topへ

佐藤理人 18年11月17日放送

181117-02 Joe, Jenn and Corrilyn
巴里の灯

1927年5月20日の夜。
チャールズ・リンドバーグは猛烈な睡魔と戦っていた。

世界初の大西洋単独横断を目指し、
ニューヨークを飛び立ってから12時間。

辺りは暗くて何も見えず、下は嵐で荒れ狂う海。
一瞬でも眠れば命はない。だが疲労は容赦がなかった。

彼は眠気覚ましに海の上スレスレに低空飛行し、
夜明けまでの7時間を乗り切った。

翌日、ついにヨーロッパの海岸が見えた。
驚いたことに予定より2時間半も早く着いていた。


topへ

佐藤理人 18年11月17日放送

181117-03 Photo by Josh Wilburne
巴里の灯

1927年5月21日の夜。チャールズ・リンドバーグをのせた
スピリット・オブ・セントルイス号はフランス国境を超えた。

人類初、大西洋単独無着陸飛行。
ニューヨークからパリまで33時間かけた
不眠不休の冒険がようやく終わろうとしている。

眠気は冷め、エンジンも快調。あとは着陸するだけ。
しかし肝心の空港が見つからなかった。

滑走路の灯を探してリンドバーグが見たもの。
それはエッフェル塔と彼の栄誉を称えるために集まった自動車の、
何万ものヘッドライトだった。


topへ

佐藤理人 18年11月17日放送

181117-04
巴里の灯

1927年5月21日午後10時21分。

チャールズ・リンドバーグをのせた
スピリット・オブ・セントルイス号が、
パリのル・ブルジェ空港に着陸した。

世界初の大西洋単独無着陸飛行。
ニューヨークからの5,810kmを、
33時間29分30秒かけて飛びきった。

パリの上空で を見たとき、

 翼よ、あれが巴里の灯だ!

と叫んだというのは作り話。実際に発した言葉は、

 英語を話せる人はいませんか?

または

 トイレはどこですか?

だったそうだ。どちらにせよ、
パリ市民の大歓声にかきされてしまったことだろう。


topへ

佐藤理人 18年11月17日放送

181117-05
巴里の灯

世界で初めて飛行機で大西洋を横断した、
チャールズ・リンドバーグにはもう一つの世界初があった。
それは人工心臓の開発。

彼には心臓弁膜症に苦しむ姉がいた。

 機械で全身に血液を送ることができないか

アメリカ初のノーベル賞受賞者アレクシス・カレル博士と協力し、
1935年、「カレル・リンドバーグポンプ」の開発に成功。

残念ながらその前年、姉は帰らぬ人になってしまったが、
彼は心臓病に悩む大勢の人の希望に灯をともした。


topへ

佐藤理人 18年9月22日放送

180922-01
フロンティアーズ 「フランクリンと瓶」

瓶は世界で最も航海上手な物体だ。

1775 年、郵政長官だったベンジャミン・フランクリンは、
アメリカの郵便船がイギリスの船より
遥かに速く大西洋を横断することを不思議に思った。

船員たちの噂ではアメリカの船長の方が
潮の流れを熟知しているとのことだった。

果たして大西洋の潮の流れはどうなっているのか。
見つけた人は知らせて欲しいという手紙を入れ、
彼はたくさんの瓶をメキシコ湾に投げ込んだ。

拾った人の報告を元に彼が作った潮流図は、
今日でも使用されている。


topへ

佐藤理人 18年9月22日放送

180922-02
フロンティアーズ 「マッケンジーとネイティブアメリカン」

1793年、白人として初めて北米大陸横断に成功した
スコットランドの冒険家アレックス・マッケンジー。

その行程には常に2つの危険がつきまとった。
道のりの険しさと原住民の襲撃である。

しかし彼は矢の雨を浴びせかけられようと決して反撃しなかった。
ビーズなどの贈り物を持って丁寧に接する彼に、
ネイティブアメリカンたちも詳細な道案内で応えた。

1人の死者も出すことなくマッケンジーは横断に成功。
到着の記念に彼が岩棚に書いたサインは今もその偉業を伝えている。


topへ

佐藤理人 18年9月22日放送

180922-03
フロンティアーズ 「リビングストンと暗黒大陸」

1840年、デヴィッド・リビングストンは
27歳でアフリカにやってきた。

当時、アフリカは欧米人にとって未開の地。
疫病と猛獣がはびこる暗黒大陸だった。

彼はカヌーや牛の背中に乗り、
キリスト教の伝導と医療活動に精を出した。

行く先々で目にしたもの。
それはアラブやポルトガルの商人たちの奴隷売買だった。

奴隷たちの悲惨な実情にショックを受けた彼は、
生々しい報告でヨーロッパの世論を沸き立たせ、
奴隷廃止運動に火をつけた。

彼の武器は強い信仰心と薬箱、そして偏見のない態度だった。


topへ

佐藤理人 18年9月22日放送

180922-04
フロンティアーズ 「モンタギューと自動車」

1908年2月12日、6台の車がニューヨークを出発した。

自動車の誕生から18年。
欧米のメーカーが合同で企画した世界一周レースだった。

アメリカを横断し、船でアラスカへ。ベーリング海の氷上を走り、
シベリアから東欧を超え、パリでゴール。

悪路だらけのコースの中でも、最大の難所は五大湖の豪雪だった。
アメリカのトーマスフライアー号のレーサー、
モンタギュー・ロバーツは大金を払って除雪作業を依頼。
最大のライバル、ドイツのプロトス号に大差をつけた。

7月30日、彼はトップでパリへ到着。
169日で2万1468km を走りきった。

そのゴールは自動車時代の高らかなスタートを告げた。


topへ

佐藤理人 18年9月22日放送

180922-05
フロンティアーズ 「シャクルトンと橇」

1916年5月19日、
イギリスの南極調査隊隊長アーネスト・シャクルトンは、
闇と霧に閉ざされた山頂で震えていた。

麓まで行けば助けを求められる。
しかし歩いて降りるには時間がかかり、
夜明けを待つと凍死してしまう。

助けを待つ部下たちのためにもここで死ぬ訳にはいかない。
彼は巻いたロープを凍らせて作った即席の橇で、
真っ暗な急斜面を時速100kmで滑り降りた。

命を救われた仲間は後に言った。

 優秀なリーダーは他にもいる
 だが絶体絶命になったらシャクルトンに祈れ



topへ


login