佐藤理人

佐藤理人 19年11月9日放送


ツタンカーメン  最後のチャンス

1922年、イギリスの考古学者ハワード・カーターは、
崖っぷちにいた。

ツタンカーメン王の墓がどうしても見つからない。
25年間も探しているのに。

仲間の信頼も発掘資金も底を尽いた。
彼は資金提供者の元を訪ね、最後の支援を願い出た。

どこを掘るつもりか聞かれたカーターは、
王家の谷の地図を広げ、小さな一画を指差した。

資金提供者は言った。

 私はギャンブラーだ。もう一度、君に賭けよう。

カーターの最後の挑戦が始まった。



topへ

佐藤理人 19年11月9日放送


ツタンカーメン  発見

1922年11月6日。
イギリスの考古学者ハワード・カーターが、
ツタンカーメン王の墓を発掘していると、
突然急な階段が現れた。

階段を降りると、封印された岩の扉があった。
扉に穴を開けて明かりを差し込むと、
数千年分の埃の中に何かがぼんやり浮かび上がった。

何も言わないカーターに痺れを切らし、
仲間が何か見えるか尋ねた。

だがカーターは、

 すばらしいものです

としか言えなかった。
穴の中はあたり一面、黄金が輝いていた。



topへ

佐藤理人 19年11月9日放送


ツタンカーメン  花の色

1922年11月6日。
イギリスの考古学者ハワード・カーターが、
ツタンカーメン王の墓を見つけた。

墓にはファラオの生活がそのまま納められていた。
金や宝石に飾られた、たくさんの家具と服。
そして部屋の中央には大きな純金の棺。

蓋を開けると、宝石を散りばめた経帷子に包まれて、
ツタンカーメン王のミイラがあった。

顔は水晶をはめ込んだマスクで覆われ、
胸には様々な花で作った花輪が置かれていた。

3300年後の墓の中でも、
花はかすかな色合いを残していたという。



topへ

佐藤理人 19年11月9日放送


ツタンカーメン  呪い

1922年11月6日。
イギリスの考古学者ハワード・カーターが、
ツタンカーメン王の墓を見つけたときのこと。

突然、一羽のタカが現れ、西の空へ飛んで行った。
タカは古代エジプトで王家の象徴。
西はあの世がある方角だと言われる。

人々は死んだファラオの魂が、
墓を汚した者に呪いをかけたのだと噂した。

5ヶ月後。発掘資金の出資者、
イギリスのカーナボン伯爵が左の頬を蚊に刺された。
傷は化膿し、伯爵は敗血症でこの世を去った。

ツタンカーメン王のミイラを調べたところ、
伯爵と同じ場所に、全く同じ傷があった。



topへ

佐藤理人 19年11月9日放送


ツタンカーメン 

1922年11月6日、
イギリスの考古学者ハワード・カーターが、
ツタンカーメン王の墓を発掘した。

それから7年間で、発掘に関わった人々のうち
12人が次々と謎の死を遂げた。俗に言う、

ファラオの呪い

である。
しかしもっとも呪いを恐れなければならないはずの男、
ハワード・カーターはこの噂を笑い飛ばした。

カーターがこの世を去ったのは、発掘から17年後の1939年。
64歳という当時の平均寿命以上の年まで、充実した人生を送った。

死因はもちろん自然死だった。



topへ

佐藤理人 19年8月10日放送


発明の真相  電話

電話は1876年、イギリスの発明家、
アレキサンダー・グラハム・ベルによって発明された。

彼はもともと耳の遠い人たちに、
振動で言葉を伝える機械を作ろうとしていた。

ある日、機械の実験に取り掛かろうとしたとき、
うっかり劇薬を服にこぼしてしまった。

彼は慌てて受話器を取り上げると、
家の地下室で待機していた助手に向かって、

 早く来てくれ!

と叫んだ。

以来、電話は世界中で、
離れた場所にいる人同士の声を届け続けている。


topへ

佐藤理人 19年8月10日放送


発明の真相  点字

点字は、10歳の少年によって生まれた。

1819年、ルイ・ブライユという盲目の少年が、
パリの王立盲学校に入学した。

彼はそこで「ソノグラフィ」という文字に出会った。

兵士が夜でも命令を読めるよう、
アルファベットを12個の点で表した暗号だったが、
複雑すぎるという欠点があった。

ブライユはそれを6個の点で表すことに成功。
以来、ブライユ式点字システムは世界中で、
目の不自由な人たちに字を読む喜びを届け続けている。


topへ

佐藤理人 19年8月10日放送

Mr.TinDC
発明の真相  ジャイロコンパス

1905年のある日。アメリカ人、
エルマー・アンブローズ・スペリーの息子が尋ねた。

 なぜコマは立っていられるの?

彼はコマの軸が常に一定の方向を向く原理に注目、
北を指し続けるジャイロコンパスを発明した。

この技術は1910年にアメリカ海軍で実用化されたのち、
自動操縦装置や方向検知器などに発展した。

なぜ飛行機は夜でもまっすぐ飛べるのか。
なぜ船は嵐でもあまり揺れないのか。

彼の発明は、今日も地球という巨大なコマの上で、
安全で快適な旅を届け続けている。


topへ

佐藤理人 19年8月10日放送


発明の真相  圧力鍋

圧力鍋は蒸気エンジンから生まれた。

フランスの物理学者ドニ・パパン。
1679年、彼は蒸気機関の研究中に、
水の沸騰温度が圧力に比例することを発見。

気圧を高めることで、

 骨まで柔らかくする鍋

を発明した。彼はこの鍋を

 ダイジェスター

と名付けた。

蒸気の威力を知っていた彼は、
爆発を防ぐ世界初の安全弁まで開発したが、
鍋はまったく売れなかった。

圧力鍋が普及したのは260年後。
第二次世界大戦中の主婦たちが、
熱心に倹約を心がけたときのこと。

以来、圧力鍋は世界中の食卓に、
美味しい笑顔を届け続けている。


topへ

佐藤理人 19年8月10日放送


発明の真相  キーボード

キーボードの前身となるタイプライターは、
1860年代にアメリカの新聞記者、
クリストファー・ショールズによって生まれた。

彼は最初、文字をアルファベット順に並べた。
しかし早く打つと、文字を取り付けた棒がもつれる
という欠点があった。

彼は文字の使用頻度を調べ、
よく使う文字同士をなるべく離して配置した。

 QWERTY

文字盤の最上段の配列がタイプライターの名前になった。

以来、キーボードはすべての人に、
美しい文字を素早く記録する便利さを届け続けている。


topへ


login