Vision > 佐藤理人

佐藤理人

佐藤理人 16年10月15日放送

161015-01
ミステリー・イン・ヒストリー 「モアイ」

1722年、南太平洋を航海中のオランダ提督、
ヤコブ・ロヘベーンは目を疑った。

地図にないほど小さな島を、
10mの巨人が大勢で守っているではないか。

近づいてみるとそれはただの石像だった。
その日は復活祭。彼は島を、

 イースター島

と名付けた。

島には今でも900体のモアイが残されている。

何十トンもの巨大な石像をどのように切り出し、
遠くまで運ぶことができたのか。

答は19世紀末、ペルーの奴隷商人たちの手で、
1000人の島民と共に歴史の闇に消えてしまった。


topへ

佐藤理人 16年10月15日放送

161015-02
ミステリー・イン・ヒストリー 「ナイルの巫女」

1907年、3歳のドロシー・イーディは、
階段から落ち、意識不明の重傷を負った。

それから毎晩、夢に同じ場所が現れた。

7歳のとき雑誌を眺めていると、
夢で見た場所が載っていた。

古代エジプトのセティ1世の神殿。

自分は彼に仕えた巫女の生まれ変わりに違いない。
そう確信した彼女は27歳でエジプトに移住。

 オンム・セティ

セティの母と改名し、
エジプト考古局初の女性職員として、
神殿で発掘の仕事に就いた。

彼女は遺跡が埋まっている場所を
次々に言い当てたという。



topへ

佐藤理人 16年10月15日放送

161015-03
ミステリー・イン・ヒストリー 「メアリー・セレスト号」

1872年、ポルトガル沖で
一隻の帆船が見つかった。

 メアリー・セレスト号

水と食料、救命ボートを残して
乗組員は消えていた。

40年後、船の唯一の生き残りだった男

 アベル・フォスダイク

の手記が発見された。

それによると、
乗組員は事故で海に落ち、鮫に襲われた。
自分は幸運にも助かったが、
密航者だったため言い出せなかったという。

記述にはいくつか疑問があったが、
彼は既に亡くなっていたため、
確かめようがなかった。

果たしてセレスト号に何が起きたのか。
答は海だけが知っている。


topへ

佐藤理人 16年10月15日放送

161015-04
ミステリー・イン・ヒストリー 「アナスタシア」

1917年、ロシア革命。
皇帝ニコライ二世とその家族の処刑により、
ロマノフ朝は終わりを告げた、はずだった。

3年後、自分は四女のアナスタシアだ、
という女性が現れた。

王女によく似たその女性の名は

 アンナ・アンダーソン

彼女は処刑を逃れた後、
事故で記憶喪失になったと主張。
本人しか知り得ないこともよく知っていた。

本物かペテン師か。
DNA鑑定でも100%の答は出なかった。

社交界の華となった彼女は二度も映画化され、
ニクソン大統領の就任式にも招かれた。

87歳でこの世を去るまで、
自分はアナスタシアだと主張し続けたアンナ。
真相は未だ謎のままである。


topへ

佐藤理人 16年10月15日放送

161015-05
ミステリー・イン・ヒストリー 「仮面の男」

1703年の冬、フランスのバスチーユ監獄で
1人の囚人がこの世を去った。

獄中の34年間、彼は仮面を被らされ続けた。
その素顔は監獄長でさえ見たことがなかった。

アレキサンドル・デュマの
「鉄仮面」のモデルとなった男、

 ユスターシュ・ドージェ

女性嫌いのルイ13世に代わり、
密かにルイ14世の父になった銃士隊長、
フランソワ・ドージェの息子。

彼はルイ14世に瓜二つだったため、
秘密が漏れないよう幽閉された。

監獄での暮らしは、
王の兄にふさわしく快適だったという。


topへ

佐藤理人 16年8月20日放送

160820-01 pcgn7
名探偵と都市 モースとオックスフォード

イギリスの名探偵ランキング第一位は、
シャーロック・ホームズじゃない。

オックスフォードの街が生んだ天才、モース警部。

天才の常として彼は間違ってばかりいる。
しかしその妄想すれすれの推理が、
なぜか最後には美しく謎を解き明かす。

名門大学のお膝元にふさわしい高度な頭脳プレイ。
モースの推理をたどるのは、
天才の頭の中を覗き見るのに似ている。

それもそのはず。作者のコリン・デクスターは、
クロスワードパズルのチャンピオンに三度も輝く、
正真正銘の天才だった。


topへ

佐藤理人 16年8月20日放送

160820-02
名探偵と都市 メグレとパリ

パリを愛した名探偵、メグレ警視。

彼の推理は極めて地味だ。
鮮やかなトリックの種明かしも、
あっと驚くアリバイ崩しもない。

証拠より心理を重視した緻密な論理の積み重ね。
その興味は誰が犯人かより、
なぜ罪を犯してしまったのかにある。

パリの街を歩きながら、
彼は犯人の皮膚の下に入り込み、
苦しんだ時間を共有しようとする。

 運命の修理人

として人生の不幸な偶然で
道を踏み外した人を正しく導きたいと願うメグレ。

彼が向き合うのは犯罪者ではなく、
罪を犯さざるを得ない人間の弱さだった。


topへ

佐藤理人 16年8月20日放送

160820-033 Leigh Harries
名探偵と都市 ポアロとロンドン

灰色の脳細胞を持つ名探偵、
エルキュール・ポアロ。

作者のアガサ・クリスティはあえて彼を、
ロンドンっ子とは正反対の人物に描いた。

小柄で太った体に不似合いなスーツと蝶ネクタイ。
外ではシルクハットとステッキを手放さず、
気取った口ひげは見る者の笑いを誘う。

キメてるようでキマっていない、
紳士の国のエセ紳士。

ヘンテコな見た目に油断した犯人たちは、
このベルギー生まれの「ガイジン」に、
次第に嘘や矛盾を暴かれていく。

エルキュールとはギリシャ神話における、
英雄ヘラクレスのこと。

緻密な論理と偏執的な粘り強さで、
傲慢な階級社会の鼻を明かす彼の姿は、
まさに小さなヘラクレスだった。


topへ

佐藤理人 16年8月20日放送

160820-04 moriza
名探偵と都市 スカダーとニューヨーク

ハードボイルドの主人公は普通、
自分の生き方を変えたりしない。

マット・スカダーは違う。

ローレンス・ブロックが生んだ
この根暗で酒好きの私立探偵は、
年を重ねるごとに人間性が変化する。

ニューヨークで生きる人々の多彩な価値観。
眠らない街のダイナミズムと孤独。

目まぐるしく動くこの街で、
過去を振り返っている暇はない。
スカダーもまた前向きに成長を遂げていく。

未来を信じて歩き続けるその姿は、
人は何度でもやり直せるという、
ニューヨークからのメッセージのようだ。


topへ

佐藤理人 16年7月9日放送

160709-01
ゴーストライターズ 「ダンテ」

1321年、ダンテが亡くなったとき、
「神曲」の一部は行方不明だった。

二人の息子ヤコポとピエトロは、
何ヶ月もかけて遺品を探したが、
ついに見つけることはできなかった。

ある晩、ヤコポは父の夢を見た。
夢の中でダンテは白い服に身を包み、
まばゆい光に包まれていた。

ヤコポが作品は完成したのか尋ねると、
ダンテは頷き、書斎の秘密の場所を教えた。

翌朝、教えられた場所を調べると、
小さな隠し戸棚があった。

中にはカビに覆われた
「神曲」の最後の数ページが入っていた。


topへ


login