佐藤理人 20年3月14日放送


円周率と女神

 インドの魔術師

と呼ばれた数学者ラマヌジャン。
彼は円周率に関して優れた数式をいくつも残した。

功績を認められケンブリッジ大学に招かれたが、
すべてを独学で学んだ彼は数式を証明することができなかった。
思いついた理由を尋ねられると、

 夢で女神が舌に書いてくれた

と答えた。

数学の歴史に残る発見をしたにも関わらず、
病に倒れ、32歳の若さで病死。
彼が遺した4000もの数式の証明が終わり、
世に出たのは2018年のこと。

100年前に彼が見ていた景色が、
ようやく私たちにも見え始めた。

今日は円周率の日。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login