2020 年 3 月 28 日 のアーカイブ

藤曲旦子 20年3月28日放送

違いがわかる男
春の訪れ。

大昔、つくしは「つくづくし」と呼ばれ、
春の季語として、よく用いられていた。
かの有名な正岡子規も、こんな歌を残している。

「つくづくし摘みて帰りぬ煮てや食はん
ひしほと酢とにひでてや食はん」

なんと、「つくしを煮て食べようか
酢醤油に浸して食べようか」と歌っているのだ。

ちなみに正岡子規は、余程つくしが好きなのか、
俳句でも「家を出て、土筆摘むのも何年目」
「病床を三里離れて土筆取」などと、いくつも詠んでいる。

正岡子規を虜にした、春の風味。
味わえるのは、今だけですよ。



topへ

藤曲旦子 20年3月28日放送


春の訪れ。

春になると、土手や野原
田圃や畑からニョキッと顔を出す「土筆」。
その姿が、筆を逆さにして、
土につき刺したように見えることから、
漢字で「土」に「筆」と書いて「つくし」と読む。

では、ここで問題。
英語で「つくし」は何と呼ばれているだろう。

答えは「horsetail(ホーステイル)」。
Horseは「馬」、tailは「しっぽ」を意味するので、
馬のしっぽに例えられているのだ。

ちなみにアメリカのつくしは、
日本のものより、4倍近く大きいようで、
食べるという習慣はないそうだ。


topへ

藤曲旦子 20年3月28日放送



春の訪れ。

冬には、すっからかんとしていた
土手や原っぱも、少しずつ賑わい始める。
よく見ると、緑の葉っぱに混じって茶色い小枝のようなものが
1本、2本、3本・・とまっすぐ生えている。つくしだ。 
実はこのつくし、生える時期が2回あることをご存知だろうか。

1回目は、2月下旬〜3月中旬頃。
2回目は、3月下旬〜4月上旬頃。

つくしは食べることのできる植物だが、
2回目のものの方が、長く地面で栄養を蓄えた分、
美味しいのだとか。

桜が美しい季節である春。
つい目線を上に向けてしまいがちだが、
足元にひっそり隠れた春の訪れを探してみてはどうだろうか。



topへ

川田琢磨 20年3月28日放送


いろんな科学者『ベルヌーイ家』

「勉強しなさい」
誰もが一度は耳にしたセリフではないだろうか。
だが、まじめに勉強したことが原因で、仲違いした親子もいたようだ。

ダニエル・ベルヌーイ。
親子3代に渡って、8人の数学者を輩出した天才一族「ベルヌーイ家」に生まれた、
18世紀の数学者。

そのダニエルの父、ヨハンもまた、優秀な数学者だったが、
有り余る息子の才能に嫉妬し、彼が数学を学ぶことに猛反対。
挙句の果てに、家から勘当してしまったという。

しかし、ダニエルはその後も研究を続け、
流体力学の礎となる「ベルヌーイの定理」を導いた。

どうやら勉強というものは、
親が口出ししたところで、あまり意味はないらしい。


topへ

川田琢磨 20年3月28日放送


いろんな科学者『日曜作曲家』

「だったん人の踊り」で有名なオペラ「イーゴリ公」。
これを手掛けたロシアの作曲家、アレクサンドル・ボロディンは、
非常に筆が遅いことで有名だった。

1つの作品に5年や10年かけるのは当たり前。
イーゴリ公にいたっては、
19年もの歳月を費やした結果、
ついに未完のまま、その生涯を終えてしまった。

彼の本職は、実は作曲家ではない。
「ボロディン反応」という、
有機化学の教科書に載るほどの発見をした、科学者なのだ。

研究者として多忙な日々を送る傍ら、
仕事の合間を縫って、作曲をたしなんでいたボロディン。
彼は自らを、「日曜作曲家」と呼んでいた。

明日は日曜日。
私たちは、どんな新しい自分に出会えるのだろう。


topへ